December 18

Tags

5th blog: I am choices that I made. I will be choices that I make.

 

 

img_3943-1

On October 1st. I think that I started Orange day earliest on Orange month in the world. Haha

This is an orphanage that my friend runs.

10月1日!Orange month?おそらく全世界で1番早く行ったorange dayです!笑。

友人が運営しているカンボジアの孤児院を訪問してきました。

 

Once it rains heavily, kids run about in the gaiety.

雨季の時期はスコールが降ると大はしゃぎです。

img_9226

img_9400On my holiday, I visited one of villages where my friend is supporting. That was really amazing time. We can learn from anyone and we must do it.

この日は休みを利用して友人が支援している村を訪れました。成長や努力の過程が目に見えるとこんなに見ている側にも刺激があるんだなと、子供達からたくさん刺激をもらいました。本当にどんな人からもどんな瞬間からも学ぶべき事があり、日々勉強です。

 

img_9031

 

img_9032

This is a photo just after we played soccer together.

サッカーを一緒にやった後の写真です!

 

 

 

img_9008

Entrance of a classroom.

教室の入口です。

 

img_9012

Teachers instruct and teach students in Khmer, but there are lots of problems such as teachers have weak scholarship ability and etc. In other school, you can often see teachers demand money from their students to take just an exam. If they can’t afford to do that, they can’t take an exam or bring alternatives like chickens, rice and so on. It doesn’t happen here but it often happens in other places.

クメール語で全ての教育が行われるのですが、教員のレベルが非常に低く、学校を建設するだけでは解決できない問題が山積みです。プノンペン市内でも給与が低く、教師のモチベーションが高くない事が多く、それどころかテストを受ける生徒に「テストを受けたいなら私(先生)にお金を払いなさい。お金がないならニワトリか米を持ってきなさい」。こんな会話はザラにあるそうです。この村ではそのようなことはありません。

 

img_9013

 

 

img_9107

This is my hand. When you hold out your hand to them like this, they run to you with big smiles to give you high-fives.

このように手を出すと、本当に全員が満面の笑みで駆け寄ってきます。

img_9176

After school, how energetic they are!!

授業終わり、エネルギーが凄いです。笑

img_9141

We dug a well as a part of my friend’s project. The depth we manually did was about 50m. I felt it was really tough but totally fulfilled. You might think that water supply is not a big problem in tropical climate, but we have dry season. It’s a big problem to sustainably and stably get water through a year. Some need to move dozens km to get it, sometimes. If it works very well, they can cultivate crops and sell fruit juice to make money.

All my concerns are weather its water is safe or not.

また、村の支援という事で井戸を掘りました。だいたい50mくらいをこの手動装置で掘ります。大変の一言でした。熱帯気候ですが、乾季には水を求めて何kmも移動する事がよくあるそうで、周囲の家の位置関係を考慮し、井戸を掘る場所を決めます。フルーツジュースを作って売れるようになったり、乾季に作物を継続的に得られたりと、水が得られると新しい生活が始まり経済が回り始めます。

We cooperated to finish it!!

一緒だった他の日本人の方と回している動画です。

 

Their smiles were awesome.

It seems like that I exposed to purity. For all people from babies to the old, I think fostering or conserving curiosity and ambition could be more important than seeking better environment because not all can choose their environment.

 

笑顔が本当にまぶしかったです。

純粋さの爆風を浴びているような感覚でした。カンボジアに限らず、子供の教育や大人である私の生活においても、確かに良い環境を求める事は大切ですが、同時に、どんな環境でも信念を曲げない「好奇心」や「向上心」を育てる/維持することが大切なのかな、と感じました。

 

All right!

Only one month is left behind my pulse journey.

Time goes by very quickly.

I know you can apply to PULSE 2018 from this month and it means almost one year’s passed since I applied to PULSE last year. I can’t believe it.

PULSE is an very good opportunity to kick off something new. I am sure that it is worth challenging and you can get something that you’ve never expected before.

All you should do is go to PULSE team site and check application!!

 

I got many advises about previous my blog from many people. And I was and am really really inspired by their new challenges. People far from here Cambodia are encouraging me all the time. It is amazing.

Thank you very much!!

 

Here, I am uploading about “What I have realized here”, “Project #3 (Malaria)” and “Cambodia I saw from field trips”.

※Previous topics were “Troubles I am facing #2”, “Project #2 (Antimicrobial resistance)” and “PULSE 2017 members”.

 

 

<What I have noticed/realized here>

Many people throw trash away everywhere. There is no washing hands culture before eating something. They have no homepage on the Internet and they use facebook when they want to look for something.

 

Not only those kind of daily things but I found good clue relating to leadership through this program.

After you confirmed you join PULSE assignment, you’ll get a selection to take “PULSE coaching” for a year. (In my case, it is from Jul 2017 to Jul 2018)

I put “leadership” on coaching theme.

So, my coach and I started from very basic point, such as “What is leadership?” and “Who is a good guy with great leadership?” because I wanted to recognize my stereotype in completely new situation.

It is a person whom I trust and want to follow. It is a person who understands his/her role and skills, produce synergistic effects with others and keep moving forward.

I imagined many types like that.

I mentioned about that obtaining big picture like whole of the earth to individual is essential to work on every project in MC before. If I think about my life that way, what is it like?

I broke down from situation on the planet to a social role that medical field need to fulfill in many industries, a potential role that GSK must play in pharmaceutical industry, GSK Japan in GSK, Development dept. in GSK J, IIID in Development dept., MSL IIID and myself. And I thought about how my activities affect others, retroactively.

And then, I’ve got better perception about my role that I should play and skills in my life and career.

In fact, I am working that way on AMR project, I mean from planet level to individual level,  to gather and sumarrize published papers. Of course my work is not perfect but I am offering clitical information to MC with longer-term and broader prospective as possible as I can. And I got some very positive feedbacks from my supervisor in MC and other coworkers from MC UK. Those prospectives give me not only obvious vision but also potential risk which is hard to detect with short-term prospective.

 

Another thing is that MC used to be specialized for malaria but now they try to eliminate NTD (neglected tropical disease), dengue virus, AMR and so on. If we can precisely get a big picture, we could find out new business development and other possibilities at the same time. This is, I think, one of my responsibilities and leadership that I should bear.

 

After I go back to Japan, I will start to work with a new team. So, first of all, I focus on team build within Medical affaires with my better prospectives. Think of what other teammates are expecting, consider how I can contribute to their task and stick to that I reflect my activity to whole of GSK to achieve our common goals.

 

 

<Project #3 Malaria>

I think most of you know about it because we GSK have some products for it.

In 1880, people found malaria caused by infection of Plasmodium spp. and it is said that malaria spread with human migration from Africa to all over the world. We have it in Europe, even in Japan long time ago.

CNM (government in Cambodia) developed a national strategy that follows WHO principles to eliminate malaria from Cambodia.

Here, classification of Cambodia.

img_9476-1

They have local staffs working for malaria control in each village that can get incentives from NGO but concerns of staff and villagers go down when good medicine comes out or malaria incidences are decreasing. And more, incentives from NGO are limited. System to sustainably monitor malaria incidences by local people is needed.

I show you incidences and deaths of malaria in Cambodia.

Incidences of malaria in Cambodia.

Year 2011 2016
case number about 110,000  about 23,000

Deaths of malaria in Cambodia.

Year 2011  2016
case number 93 1

 

Yeah, it seems going well so far.

But there are some barriers to eliminate malaria from Cambodia.

#1 Migration, #2 Anti malaria drug resistance, #3 Hot spot

Now, we are mainly addressing these problems.

 

#1 Migration

National and International: temporary emigration to get a job, activity in plantation (it usually far from their house), movement to better places.

Plus, people cross border unofficially. It is hard to grab precise understanding of malaria situation in Cambodia.

Even if we do good job, people easily bring and take malaria from one place to other.

 

#2 Anti malaria drug resistance

There are some counterfeits and misuse of drugs. Some people split one set of medication for one patient to a couple of people due to their financial problems and lack of knowledge. Single use of Artemisinin is prohibited but some do in community due to financial problems and lack of knowledge. Artemisinin resistant malaria was already reported near Thailand-Cambodia border. Others stop taking medicine by self-determination. And parasite mutation also could happen by itself.

If resistance spread to Africa, what will happen? It would be a disaster.

 

#3 Hot spot

It is difficult to understand where people get malaria.

So we told healthcare worker in community to categorize in 4 groups to identify hot spots.

  1. Infected inside village where the patient lives.
  2. Infected inside OD where the patient lives.
  3. Infected in Cambodia.
  4. Infected in foreign country.

 

So, proper monitoring system is crucial.

I am reading article to gather information, supporting to create protocol to train WHO staff, making instructive questions that we ask at the beginning of the WHO staff training, joining the lessons at IPC and so on to tackle those challenges.

 

 

Malaria sumary

# Epidemiology

There were 212 million new cases of malaria worldwide in 2015 (range 148-304 million). The WHO African Region accounted for most global cases of malaria (90%), followed by the South-East Asia Region (7%) and the Eastern Mediterranean Region (2%). In 2015, there were an estimated 429,000 malaria deaths (range 235,000-639,000) worldwide. Most of these deaths occurred in the African Region (92%), followed by the South-East Asia Region (6%) and the Eastern Mediterranean Region (2%).

 

# Pathogen

Malaria is caused by plasmodium spp.

In human, malaria is caused by Plasmodium falciparum, Plasmodium vivax , Plasmodium malariae , Plasmodium ovale and Plasmodium knowlesi.

Sickle cell disease is resistant to malaria.

 

# Vector

Anophele spp.

Mosquitoes bite human from dawn to dusk.

Lifecycle of plasmodium spp. in mosquito is almost 10 days at 28 degrees.

 

# Symptom

It is similar to full-like symptoms.

 

# Diagnosis

  1. Morphologic diagnosis through microscopy
  2. RDT: Malaria rapid diagnostic tests (RDTs) assist in the diagnosis of malaria by detecting evidence of malaria parasites (antigens) in human blood. RDTs permit a reliable detection of malaria infections particularly in remote areas with limited access to good quality microscopy services.
  3. Others: PCR and LAMP

 

< Cambodia I saw from field trips >

I visited local area in October on malaria project, so let me tell about it. Objective of field trip;

#1 To understand and identify the difficulties/ barriers in practical work in the fields.

#2 To provide constructive feedback and training as soon as possible according the findings.

#3 To improve the technical skills of data collection teams

 

Village chief sometimes does not have residence list or there is no map of the area, so it could be difficult to randomize participants.

img_9545-4

We visited these provinces below:

Pursat, Battambang, Palin, Banteay Meanchey, Siem Reap, Kampong Thom, Kratie, Stung Treng, Ratanakiri, Mondulkiri and Kampong Cham.

 

To see photos and further information about field trip, please scroll down.

 

さて、

早いものでPULSEの活動も残り1ヶ月をきりました。

今月からPULSE2018の募集も始まり、「私が応募してからもう1年。」と驚いています。

当時は大変でしたし、肝心なのはこれからですが、こうして様々な経験させていただいている中で「PULSEに挑戦して良かった」と心から思います。

もし迷っている人が身近にいたら、絶対に挑戦する事をお勧めしたいです。

 

興味がある方も無い方も、まずは「どんな選考課程なのか」、選考基準や選考書類を見てみてください。

 

 

前回のブログに対しても、様々な方からアドバイスや激励メールをいただきました。また、他部署の方や、出発直前まで所属していた肝炎チームや新チームの皆様の”新たな取り組み”もメールを通して拝見させて頂いております。カンボジアに居ても本当にたくさんの刺激を頂いています。

本当にありがとうございます。

残り1ヶ月、更に気合いを入れて頑張りたいと思います。

 

今回は、「カンボジアで気づいた事」「プロジェクト③(マラリア)」「フィールドワークから見たカンボジア」についてご紹介いたします。

※前回:「直面している課題②」「プロジェクト②(抗菌性物質)」「他のPULSEメンバー」。

 

 

それではまずはこちらにきて気づいた事をご紹介します。

<カンボジアで気づいた事>

ゴミをどこにでもポイ捨てする、手洗い文化がない、各種ホームページが無い(インターネットの検索はGoogleではなくfacebook内で行う)、などたくさんあります。笑

が、

課題の一つでもあるリーダーシップについてプロジェクトを通して発見・再認識がありました。

PULSEのプログラムでは、「assignment確定後1年間」はcoachingを受けることができます(私は2017年6月前後から2018年6月前後まで)。私はPULSE coachingのテーマをリーダーシップにしました。

せっかく環境が変わったので、自分の既存の概念に気づくために「リーダーシップとは何か?」「リーダーシップがある人はどんな人か?」といったような、本当に初歩的な所から始めました。マネージャーやリードといったポジションでなくても、誰もが自分の役割を通してチームを良い方向へ引っ張らなければいけないです。

信頼できて、ついて行きたいと思う人。自分の能力と役割を正確に理解し、周囲と相乗効果を起こし、前に突き進んで行ける人。

これまでの「プロジェクト」の項目で、「全体から」の流れを書いていましたが、どのプロジェクトでも地球全体という広い視野から個人レベルまで少しずつ細分化して考える必要がありました。

日本での私の生活だとどうなのか?

環境を含めた地球全体の状況→様々な業界がある中で医学領域の果たすべき社会的役割/相互作用→製薬業界の中でGSKが果たすべき役割→GSKの中でGSK Japanが果たすべき役割→開発→MA→IIID(領域)→IIIDのMSL→私個人、ここから「自分が行っている活動の周囲への影響」を反対に遡って考えて行くと、人生について、キャリアについて、そして何より自分が果たすべき役割と持っている能力がクリアになった気がします。同時に、周りへの関心度の低さや、世界に対する知識の少なさに愕然としました。

ただ考えるだけではなく、抗菌性物質耐性プロジェクトで地球全体への影響、抗菌性物質領域全体の中で私が関わるプロジェクトの方向性を理解し、論文のまとめ(データ化とレポート作成)を提案し、実際に取り組んでいます。だめ出しはかなり受けていますが、それでも長期的かつ広い考えを持つことで、これまで以上にニーズに合った情報提供ができ、同じオフィスのスーパーバイザーやMC UKの方からも良いfeedbackをもらっています。地球規模のメリットを追求していくと、進むべき方向がよりわかりやすく、さらに短期的な思考で陥りやすいリスクも見えてきました。

また、MCもかつてはマラリアに特化していた組織でしたが、そこからNTD (Neglected Tropical Diseases)やデング熱、抗菌性物質耐性菌など幅が広がっています。新たな環境で自分の果たすべき役割を見つけ、発展させて行く過程で生まれる責任感に加え、同時にbusiness developmentの新しい可能性をより意識的に探して行く事が、(私にとっては)チームの枠を超え組織に対して果たすべきリーダーシップを身につけて行く方法なのではないか、と感じました。

帰国後は新たなチームで活動するので、まずMA内でMAE、MI、MAExの方々の立場に立ち、一緒に目指すべき目標に向けて、どうしたら相手の役に立てるか、自分の活動をGSK全体に反映させるつもりでこだわっていきたいと思います。

 

 

<プロジェクト③(マラリア)>

GSKも治療薬やワクチンを開発・販売しているのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

マラリア原虫が確認されたのは1880年、人類の起源とされるアフリカから、ユーラシア大陸にヒトが分布していく過程で世界中に広がり、ヨーロッパや日本にも昔はあったと言われています。マラリアについても、WHOが主な指針を出しており、カンボジアではそれに合わせてCNM(カンボジア政府)が指針を出しています。

カンボジアの区分を下の写真の様になっています。

img_9476-1

早期発見・早期治療・殺虫剤散布に力を入れていた時代にはコミュニティ(村や村の集まり)にインセンティブが発生するスタッフをつのり、医療機関と連携させる取り組みが行われてきました。つまり、上の写真にあるような各村にマラリア専門のスタッフがいます(といっても数ヶ月トレーニングを受けただけです)。

しかし、良い薬が出てきたり、患者数が減ってくるとスタッフや住民のマラリアへの関心度は低下し、さらにNGOが支払えるインセンティブにも限界があるため、住民が自主的にかつ持続的にモニタリングをし、改善していく仕組みを機能させる事が課題でした。これまでの取り組みのかいもあり、国内の患者数・死亡者数は下記のような推移をたどっています。

感染者数(カンボジア国内)

2011 2016
人数(人) 約11万人 約2万3千人

死亡者数(カンボジア国内)

2011 2016
人数(人) 93 1

 

順調に見えますが、

撲滅を目指す過程で、下記のような課題に直面しており、今の状況から撲滅までが茨の道です。

①ヒトの移動、②抗マラリア薬への耐性、③Hot Spotの特定

現在は、これらの課題を解決すべくサーベイランスによる現状詳細の把握に努めています。

 

①ヒトの移動

国内:出稼ぎ、プランテーションエリア(居住地から離れている事が多い)、よりよい環境を求めての引っ越し

国外:不法出入国による出稼ぎ

つまり、一部の地域あるいはカンボジアだけが対策を行っても近隣諸国や感染者の多い地域から感染源が常に持ち込まれ根絶の障壁になっています。

②抗マラリア薬への耐性

偽薬(有効成分が薄い)、1人が処方された薬の複数人での使用(経済的理由、知識不足)、1日分の薬のみ購入(経済的理由、知識不足)、単剤治療(経済的理由、知識不足)、自己判断による服薬の中止、病原体の突然変異。

現在、アルテミシニン単剤使用は禁止されているのですが、お金も知識も無いがために単剤で服用する人がおり、すでにアルテミシニン耐性がタイとカンボジアの国境で報告されています。万が一これがマラリア患者が多く発生しているアフリカに広がってしまったらと考えるととても恐ろしいです。

③Hot Spot。マラリア患者の発生を即時に正確に把握する事で、発生源を特定しなければいけません。具体的に、患者の行動範囲によって以下のようにカテゴリーを分けて対策を進めています。

  1. 住んでいる村で感染、2. 同じOD内で感染、3. 国内で感染、4. 国外で感染

 

「住民が主体となって持続的にモニタリングをし、改善していく仕組みを機能させる事」が鍵になってきます。

 

私は現在、論文の読み込み、過去に行われたサーベイの論文化(introductionの作成)、WHOのスタッフをトレーニングするプロトコールの作成、トレーニングの最初に投げかける質問の作成、IPCでのレクチャー参加、フィールドワークなどのサポートを行っています。

 

 

マラリアまめ知識

<疫学>

WHOの報告では、2015年に約2億人の新たなマラリア感染者が報告されています(アフリカ90%、東南アジア7%、東地中海2%)。また、死者数は2015年で約43万人が報告されています(アフリカ92%、東南アジア6%、東地中海2%)。

 

<病原因子>

Plasmodium属の寄生虫に感染することで発症します。

ヒトに病原性を示すマラリア原虫は、

Plasmodium falciparum (熱帯熱マラリア)、Plasmodium vivax (三日熱マラリア)、Plasmodium malariae (四日熱マラリア)、Plasmodium ovale (卵形マラリア)の4種が主ですが、最近はPlasmodium knowlesi (サルマラリア)の報告もあります。

<媒介>

Anopheles属の蚊 夕暮れ〜明け方に吸血。

マラリアに感染した人の血液を蚊が吸血する事で蚊に寄生虫が取り込まれ、その蚊が別の人の血液を吸血する際に、蚊から人にマラリアが媒介される。

※マラリアの蚊体内でのサイクルは28℃で10日程度で回る。

 

<症状>

インフルエンザ様症状。

 

<診断>

1. 顕微鏡を用いた形態学的診断。

2. RDT (rapid diagnostic test): 迅速診断キット。

3. その他: PCR法やLAMP法。

 

 

<フィールドワークから見たカンボジア>

10月にしばらく農村地区に行き、マラリアのプロジェクトに関係する活動をしてきましたのでその様子をご紹介します。

 

今回のフィールドワークの目的は、

①現地スタッフの活動上の障壁・問題の特定

②その問題の早急な解決

③現地スタッフのデータ収集スキルの改善

などが主なものです。

 

村によっては村長が住民のリストを持っていなかったり、地図がなかったり大変でした。「google map、google earthが、、、」と思われるかもしれませんが、機能しません。

 

img_9545-4

Pursat、Battambang、Palin、Banteay Meanchey、Siem Reap、Preah Vihear、Kampong Thom、Kratie、Stung Treng、Ratanakiri、Mondulkiri、Kampong Chamなどを連続で訪れました。

 

img_9438-1

My field trip started with a driver, a project manager and me.

ドライバー(MCスタッフ)、プロジェクトマネージャー、私の3人で出発です。

 

 

img_4037-1

When you drive a car (not tuk-tuk) for two hours from Phnom Penh, you can see so local view like this.

プノンペンから(トゥクトゥクではなく)車で2時間も行くと、ほとんどこのような何も無い道がひたすら続きます。町と町の間はほとんど同じです。

 

img_4083-1

So pretty fence of kindergarten.

通りかかった保育園の柵です。

 

img_4139

Red clay in local area in Cambodia. You can see two water jars in front of the house and tricks to get rain into them.

カンボジアはこのような赤土が多いです。奥に見える家の前に大きな水瓶が2つあるのが見えるかと思います。よくみると屋根の青いパイプの下に雨水が水瓶に流れるように工夫してあるのが分かります。

 

So, peaceful.

のどかです。

 

I could find different things from Japan everywhere. Plants, insects, color of the sky, roads and so on.

どこに目を向けても日本と違っていて面白いです。

 

img_4169

People throw trash away. They don’t think it is bad thing. That’s a big problem.

カフェの容器をへいきで捨ててしまいます。とても大きな問題です。

 

You can see old houses and the entrance gate of community.

古びた家や、町や村の入口にあるゲートが見えます。

 

img_4204

This is a gas station in local.

田舎ではこれがガソリンの代わりになります。自分で買って入れるんでしょうか。

 

img_4210-1

We managed to contact with supervisor who wear white cap. He supervises local staffs. Basically, we contact with supervisor at first to understand the whole situation in the village when we visit there.

さてようやくスタッフに接触できました。

白い帽子の方は、チームリーダーで、現地スタッフのとりまとめをしています。どの農村地区に行っても、まずはこのスーパーバイザーに接触し、現地スタッフ全体の状況を把握し、これまでとこれからについて事情聴取します。

 

img_4212-1

Meeting.

ちょうど現地スタッフが集まっていました。

 

img_4219-1

We came to health center. They don’t have either hospital or clinic in local area, so health center plays an important role.

Health centerに来ました。農村地区には病院もクリニックもないのでこのようなhealth centerが医療の中心です。

 

img_4216-1

But, some people make self-diagnosis and go to grocery store to buy medicines for self-medication because they don’t have enough money to go to health center or vehicles. Those are huge and complex problems that they can buy medicines without prescription and that they do self-medication without any knowledge. And also some people believe “traditional medication” and “medication from Khmer rouge era”. You can easily imagine that they are very low quality because all medical doctors were killed at that time. This situation leads to emergence of anti malaria drug resistance and antimicrobial resistance.

が、実際にはここに来る交通手段や、お金が無い人も多く、その辺の店で知識の無い患者が知識の無い店員から薬を買えてしまうこと、self medicationを行う事が問題をとても大きく複雑にしています。また、「伝統医療」やクメールルージュ時代の「医療従事者」がそのまま治療を行っていたりします。クメールルージュ時代には医師などの知識人は全員殺害されたので、医療のレベルは極めて低いです。これがマラリア耐性や抗菌性物質の耐性へとても大きな貢献をしてしまっています。

 

img_4217-1

Pharmacy in health center. There are condoms to prevent from spread of HIV.

Health centerの薬剤部です。保管方法が気になってしまいます。コンドームなどもあり、カンボジアでHIVが広がった際にもHealth centerが一役を担ったそうです。

 

img_4224-1

I found some information in some papers such as “Antibiotic residues in the effluent (~1500 m3 of wastewater a day) of one cluster of Indian pharmaceutical factories comprising 90 bulk drug manufacturers showed ciprofloxacin concentrations of 28 000 μg/L and 31 000 μg/L on two consecutive days.” and “Laboratory experiments mimicking the concentration of pharmaceutical plant effluent in India with antibiotics at the lowest tested effluent concentration (0.2%) showed a 40% reduction in the growth of exposed tadpoles.” And we have to consider antibiotics excreted from our body. In developing country, they don’t have any sewage system to deal with them.

抗菌性物質耐性プロジェクトで、

「インドでは医薬品工場から毎日31,000μg/LのCiprofloxacinが排出され、オタマジャクシの成長を著しく阻害するレベルの汚染がある」という報告読み、おたまじゃくしを見るとその論文を思い出します。抗菌性物質耐性は、体から排泄されたあとの経路も非常に重要で、下水管理がされていない農村地区では尿・糞便中の活性物質がダイレクトに環境へ暴露されます。

 

img_4227-1

Can you see area getting heavy rain over there?

スコールが降っている地域が遠くに見えます。

 

 

 

 

img_4254-1

Lady in orange shirt is a local staff, one in yellow shirt is a villager and one in blue shirt is a MC staff. She has a tablet with questionnaires, registers GPS and starts to interview.

手前のオレンジのシャツの女性が現地スタッフ、奥の黄色のシャツの方が住民、手前がMCスタッフです。タブレットの中に、GPSで場所を登録してから始める質問セットがあり、100個を超える質問を展開して行きます。私はデング熱のプロジェクトではこのタブレットで使うアプリも作成しました。

 

Flood. It was in a city where our hotel is. I can’t stop thinking of active antimicrobial, antimicrobial resistant bacteria and other dirty things in water. That’s horrible.

泊まる予定の町が洪水になっていました。雨季なので見慣れていますが、抗菌性物質や耐性菌、下水処理がされていないことを考えると恐ろしいです。

 

img_4290-1

The cloud is like a bird.

鳥のような雲です。

 

Various types of raised floor houses.

高床式住居も様々です。

 

Yes, they are using mosquito net as fish net.

If I ask them, “I think it is supposed to use as a bed net.” But they answered with big smile, “Yes, of course! But this is really strong and good for fishing”

40秒前後のところで鮮やかな手さばきが見られます。はい、マラリアやデング熱対策で配っている「蚊帳」が魚取りに使われているのです。「これ蚊帳だよね?」と聞いても、「そうだよ!丈夫で軽くて魚取りに最高なんだ!」と満面の笑みで返されます。

 

img_4318

This is that.

まさにこれですね。

 

 

 

img_4574

What a muddy road after rain.

時にはこのような泥道をひたすら歩き続けます。

 

I just said in the movie, “We need to walk a muddy road for a long time.”

炎天下の中、足場が悪いと疲れます。。。

 

img_4457

Every local staff use same questionnaire. When we come here, local staff was asking about use of bed net. How many people are in your family? How many bed nets do you have? What bed net are you using? If you don’t use it, why?

インタビューの内容は全て同じなんですが、今回遭遇した場面は蚊帳の使用についてでした。家族の人数に対して何個蚊帳があるか、どのメーカーのをつかっているのか、使わない場合その理由は何か、などを聞きます。

 

img_4356

It is sort of flushing toilet in a way but you need to put water into the toilet bowl with a small dipper. We sometimes needed to ride a car more than 10 hours a day, so it will be tough for people with back pain.

かろうじて水洗ではありますが、田舎では日本のようなタンク併設の便器がないためこのように水をひしゃくで汲んで流します。1日10時間くらい車に乗りっぱなしだったので腰にかなり負担がきます。

 

img_4380

Blue sky.

天気がよいです!

 

img_4394

Fried with no coat. They eat egrets which have long legs.

素揚げとはこのことです。リアルですね。左の足が長いスタイルが良い鳥は、田んぼでよく見かけるあの白い鳥、サギです。た、食べるんですね。

 

img_4404

I tried a fried snake with no coat.

ここではヘビを食べました。

 

img_4425

Fishing with bed net, again!!

そしてここでも魚取りに蚊帳が使われています。

 

img_4434

We have to check the detail of the net.

魚とりに使われているネットの種類も写真をとり特定します。

 

img_4442

All children get happy when flood occurs.

洪水で喜ぶのは子供たち!笑

 

Mint that old Cambodians eat.

高齢の方がよく食べる食後のリフレッシュ。

 

img_4474

This was the first time for me to see this specie. I came here for Malaria project, but I learned and found as many as I could for AMR. Food and water for animals and management of animals are essential. And I couldn’t stop thinking of avian influenza.

水禽も日本では見かけない種類が多いです。マラリアのプロジェクトですが、動物の飼料に含まれる抗菌性物質や、人と家畜の距離などを注意深く観察し、一度に出来る限りおおくの情報を得ようと必死です。鳥インフルエンザのことなども考えてしまいます。

img_4545

Frog. Pork was stuffed into frog belly.

カエルです。カエルに豚肉を詰めた料理です。カエルもびっくりしているでしょう。。。笑

 

img_4583

Pigs have receptor for both avian influenza and human influenza. It is really risky to keep birds and pigs together and let them get closer to wild birds. If avian influenza and human influenza infect a pig at the same time, can you imagine what will happen?

ブタは頻繁に見かける地域とそうでない地域がありました。

トリインフルエンザはトリ特有の受容体から、ヒトのインフルエンザはヒト特有の受容体から侵入するのですが、ブタはその両方を持っています。2種類のインフルエンザが同時にブタに感染したら?いろんなリスクを考えてしまいます。

 

 

I came to plantation area. If we do not understand how people spend their time here, I cannot give any advise to them to protect from malaria. They use rubber trees to sling hammock.

さあ、プランテーションでの聞き込みに来ました。「プランテーションで蚊帳を使っているか?」という質問がありますが、実際にプランテーションが行われている場所がどんな状況か知っていなければアドバイスも出来ません。プランを立てる際に、また立てた後も現場を訪れる事は必須です。こんな感じでゴムの木にハンモックを吊るして寝ています。

 

You can be in mood in plantation forest.

雰囲気はこんな感じです。

 

This is just a little part of all of plantation forest. It is so horrible how much we destroyed nature. Seeing is believing.

ほんの一部ですが、どこまでも続いています。いったいどれだけの環境破壊が行われているのか。もちろんそれを助長しているのは我々なのですが。。。教科書で学んだ事も現地に来ると違う見え方がして、勉強になります。

 

This is how they get rubber.

一部幹をはぐとこのように白い液が出てきてお椀に溜まるようになっています。見た感じ、朝、昼、夜にバケツを持って手作業で延々と集められているようでした。

 

img_4620

This is a guppy fish bank to maintain the number of guppy fish in community. It is one of our responsibilities to check management of guppy fish bank.

ベクターコントロールを行う際に毎回プノンペンから魚を持って行くわけにはいかなのと、継続して魚を供給できるようにこの写真のようにローカルのグッピーバンクが設置されています。定期的にここを訪問し、グッピーが繁殖しているか確認します。

 

img_4684

Dust, dust and dust.

土ぼこりが凄いです。

 

img_4689

Inside our car.

車内はこんな感じです。眠気と振動との戦いです。

 

img_4694

A little girl with an umbrella.

写真に写っている雨上がりに傘をさしている小さな女の子が印象的でした。

 

img_4705

I love this mood but too many garbage at my feet.

メコン川のほとりです。

 

img_4848

Ants. People boil ants with beef because they have strong acid and it soften beef.

牛肉と煮込むことで、アリの蟻酸によって肉が柔らかくなるそうです。

 

img_4856

They use bed net for bird gage.

鳥かごにも使われます。

 

img_4858

As a result, this could block mosquitoes laying eggs. So, it is not wrong as a result…

これは水に蚊が近寄れないようにしているので、本来の使い方ではありませんがokでしょうか。

 

img_4864

A simple gas station in village.

この村には簡易ガソリンスタンドがありました。

 

Bed nets!!

Anything could be useless unless it is used in right way. It is same in GSK. Any information we have to offer to HCP could be useless they precisely understand it.

どんなに良いものを提供しても、正しく使われなければ意味がありません。GSKの業務でも、正しい情報を発信していても、正しく理解されなければ意味が無いです。

 

From meeting to interview.

ミーティングからインタビューまでの過程です。

 

img_4876

Not right use. But you can understand how strong the bed net is.

正しい使用方法ではありませんが、蚊帳の頑丈さはお分かりいただけるかと思います。

 

img_5339

Some children don’t go to school. I often saw them at store. In community, if you have ability to talk with others and to count money, it’s enough. I don’t think they don’t need more education. Many people build schools in developing countries but it doesn’t necessarily success due to people’s custom and culture. Even if children graduated from school, parents sometimes don’t permit them to go outside village because they need heir of their business. Negative spiral.

平日の学校が主間でも子供達が店にいたりします。小さなコミュニティでは、商売に必要な口語が身に付けば、正直他の知識はあまり必要とされません。それで生きて行けるので、学校建設やいろんな取り組みが合ってもなかなか教育レベルを押し上げられない理由はこういう所にあるのかもしれません。また、田舎では跡継ぎの問題もあるので、学校を出たとしてもプノンペンに行くのを反対されやりたい事に挑戦する前に将来が決まってしまう事が多いそうです。

 

It’s how they transfer pigs to slaughterhouse. Lots of excretion from pigs on the road.

これまた衝撃的な映像で下がカンボジア流のドナドナです。生きているのでたまに動き、道路に排泄物が散乱していました。

 

Mobile store in village because they don’t have grocery store there. They can use electricity but they don’t have fridge.

村には生鮮食品を保存する機能がないので、このようなモバイルショップが大活躍です。電気はありますが、冷蔵庫などはありません。

 

 

 

Criket, scorpion and others!!

もう何が来ても驚きません。笑

コオロギはとても美味しかったです。

 

 

img_6209

GSK Cambodia office!!

Asun and I presented about PULSE activity. They didn’t seem that they know about PULSE assignment and other volunteer activities. Asun and I are really proud of this opportunity and thank for big help from local GSK staff who organized it. We got lots of questions and exchanged opinions. Many people told us, “I got really inspired by your presentation! Got motivated to work!”.  We can get GSK more active from here!! haha Thank you, Asun. You are a best presenter!!

アスーンとGSKカンボジアを訪れてPULSEについて報告してきました。ほとんどの方がPULSEなどのボランティア活動を知らない様子だったので、PULSE参加者として新たな価値を生み出せたのではないかと思います。質問もかなり多く、「モチベーションが上がった」と言う声も多く聞こえました。新しい何かがここでも始まるといいなと、ワクワクしています!!今後も隣国のGSKと交流する機会が欲しいです。

 

 

Some pictures from my holidays. I met many people, visited many places, got inspired by them, and then met old friends and found something new to go forward. I want to be able to feel anyplace and anyone like when I am at home.

オフの日の写真を何枚か。ここには全て載せられないくらい、たくさんの素敵な出会いがありました。いろんな人に出会い、いろんな場所に行き、新しい感覚をもらって、そして知っている人や知っている場所に行くともっと発見があってとても楽しいです。生まれ育った日本が一番好きですが、世界中に同じように感じられる場所や友人をもっともっと増やして行きたいです^^

 

It is so hard for me to tell you about my experiences through blog, but I am learning by trial and error in Cambodia where everything is quite different from Japan. Sometimes, things that we agreed with local people were overturned.

And after I visited villages, I found some problems that I couldn’t expect through deskwork and some things that how important quick and accurate feedbacks from field visiting to deskwork are.

Again, I am sure that this is seriously, amazingly and surprisingly good chance to look back what you’ve done and learned before and to challenge with whole new perceptions!! This is PULSE!

 

 

I am sorry for stealing your time and thank you for reading very much.

I am planning to start working in GSK on 22nd Jan 2018.

Stay tuned.(^.^)

See you next blog!! Have a good new year.

 

以上が今回の内容です。

お忙しい中読んでいただきありがとうございました。

 

なかなかブログでは伝えきれませんが、

こちらに来て、また実際に農村地区にも行ってみて自分のこれまでの常識がいっさい通用しない環境にとても驚き試行錯誤の日々が続いています。

合意していた事も簡単に覆されてしまうこともしばしばあります。

また、フィールドワークに行ってみて、オフィスでのデスクワークでは想像していなかった問題や、現場からデスクワークへの迅速で的確なフィードバックの重要性に改めて気づかされました。

GSKの業務でも、現場に出る身として、社内ステークホルダーへのfeedbackの仕方など一つ一つ反省しながらたくさんのことを学ばせて頂きました。

改めて、これまで培ってきた私の経験を、様々な形で見つめなおし、新たな視点でチャレンジできるPULSEの良さを実感しています。

 

次回は、私の活動のハイライトをお届けしたいと思います。

GSKの出社予定日は2018年1月22日(月)を予定しています。

引き続き何卒よろしくお願いいたします!!^^

 

皆様、良いお年を。

 

 

終しまい。