October 22

Tags

The turn of my motivation

 

My journey in PULSE program is “home country” without move.  I just work at different office in Japan, after working I must do  child rearing and household as mother. As there is not big change in my life, I didn’t write my blig until now. I cannot report  a major discovery, but i would like to report my experince in PULSE program of working mother.

Today, I would like to talk the turn of my motivation.

motivation_2
[Ⅰ:Biginning of July]
Training period.  I have received a good care from the member of Save The Children Japan.  I felt uneasy and I was very excited.
[Ⅱ:Middle of July]
Smoke_liked period.  The common practices in GSK were not understood in NGO.
They don’t attach a high value at efficiency and result.  I didn’t know what to do.
[Ⅲ:From end of Jul to the Biginning of Aug]
After the advice ” No hurry,  do slowly ”  from my coach ;David , I felt calm.   Then, I have move to innovative changes in my department.
[Ⅳ:From middle of Aug to the biginning of Sep]
As lunchon seminor, I talked ADI trainings and angermanagemant trainings to the members of NGO.  I tried to take the method ” visualization”.   My philosophy was changed   through an encounter with Japanese resident officer in Levanon.
[Ⅴ:From the middle of Sep to now]
There was a chance to talk my feeling as provono at Kansai NGO cauncil.  During this period .   I have made a proposal in work simplification and gone business transaction.  At this time,   I understand the constitution of Save The Children Japan and find out new problems in this NGO.
[from now on]
I would like to radicate the mind of process management in my remaining term.

 

 

My journey in PULSE program is “home country” without move.  I just work at different office in Japan, after working I must do  child rearing and household as mother. As there is not big change in my life, I didn’t write my blig until now. I cannot report  a major discovery, but i would like to report my experince in PULSE program of working mother.

Today, I would like to talk the turn of my motivation.

私のPULSEプログラムは、国内、引っ越しを伴わないものであり、出勤場所と仕事内容は異なれど、会社を出たら、12歳の子供の母であり、大きな日常生活の変化がなく、ブログをなかなかしたためることができずにおりました。
異国で活躍している仲間ほど新たな発見の発信はできませんが、ワーキングマザーの国内PULSEプログラムでの経験をお伝えしていきます。

現在、セーブ・ザ・チルドレンにきて、3か月半が経過しました。ここまでの私のやる気の波をお話しします。

[第Ⅰ期:7月上旬2週間]
右も左もわからない研修の時期。大事に扱われていることを感じる。
新しく始まることに、不安もあったがわくわくしていた。
[第Ⅱ期:7月中旬]
もやもや時期。GSKでは、当たり前のことがまったく通じない。
効率よく、無駄なく、確実に・・・というスタンスが通じない。無駄の多さに、もやもやしていました。一生懸命伝えようとするのですが、うまく伝えることもできずに、悩んでいました。

[第Ⅲ期:7月下旬~8月上旬]
私のcoachingのcoach:Davidから、「急がずにゆっくり」とアドバイスを受け、まずは、法人連携部内の業務の効率化に向けて動き出しました。吹っ切れて前を向けました。
[第Ⅳ期:8月中旬~9月上旬]
ADIの研修(昼休みを利用して、6時間実施)、アンガーマネジメントの研修などを実施しました。法人連携部以外の方とも交流を持つようになりました。「見える化」を取り入れていきました。
とくに、レバノンでシリア難民を支援している日本人の駐在員の方との出会いは大きな影響がありました。またこのころには、プロボノという立場であることに興味をもたれ指名されて企業に呼ばれることもありました。私にできることはなんでもしようと思い始めました。

[第Ⅳ期:8月中旬~9月上旬]
ADIの研修(昼休みを利用して、6時間実施)、アンガーマネジメントの研修などを実施しました。法人連携部以外の方とも交流を持つようになりました。「見える化」を取り入れていきました。
とくに、レバノンでシリア難民を支援している日本人の駐在員の方との出会いは大きな影響がありました。またこのころには、プロボノという立場であることに興味をもたれ指名されて企業に呼ばれることもありました。私にできることはなんでもしようと思い始めました

[第Ⅴ期:9月中旬~現在]
「プロボノという立場からみたNGOと企業の温度差」について、関西NGO協議会からの依頼で講演を行ったり、営業にいったり、業務の効率化の方法を提案したり、しています。この時期になると、他部署の方も含め、悩み相談を受けることも増えてきました。私ができるコミュニケーション改革もやっています。組織をわかってきた分、問題点もみえるようになった時期です。

[今後]
残り2か月半で、ステークホルダーを的確に判断し、効率化のmindを根付かせることができるように頑張ります。