October 13

Tags

4th blog: Cassia Seed, ケツメイシ, 決明子,

img_0308

This picture was taken at Oudong where had been ex-capital city in Cambodia from 1618 to 1866 (older history than Angkor Wat). When you stand on this point, you can feel that you could see all over the Cambodia. I stood there and felt like “this city saw all of Cambodia.” By the way, some people say that the name of Udon , which is one of Japanese noodles, comes from here.

これはウドンと言う町から撮影した写真で、ウドンはプノンペンに首都が移る前まで首都でした。1618年から1866年までウドンが首都、その後1866年からプノンペンが首都です。アンコールワットより古い歴史がある町で、ここに立った時、「あぁこの町はこれまでのカンボジアを見てきたんだな。いろんな事があったんだろうな。」と何となく感じました。

 

 

 

Hi, all.

It’s passed almost 3 months since I started my life in Cambodia.

I’ve recovered from allergy, so I can enjoy hot water shower everyday because I couldn’t do that to suppress the symptoms. I learned that I need hot water shower even though I lived in tropical climate.haha

I think that it takes most of people to adapt to a new environment. But after a period of time, you will find something new that you couldn’t find before such as good bakeries, nice restaurants, pathways and so on. Recently, I am beginning to get some feelings like that about MC staffs, “language” in Cambodia, local people and others.

I feel like it will go well!

And I got some feedbacks about previous my post.

From Fauchet-san, who is a chairman at GSK Japan,

I am very inspired by your motivation and drive. Keep these positive spirits. And I think you capture very well the environment and could nearly write a book after you return! I hope you don’t get too many mosquito bites and come back with a lot of stories to tell.

I am always encouraged by his e-mails. Thank you very much!!

※I got permission from Fauchet-san about some quotation from his e-mails.

And one more,

From a guy,

Though I can’t join PULSE due to some reasons, I am reading your blog to prepare to support someone surrounding me who will apply to it in the future.

I was so inspired by it. Since my own worldviews/values are composed of what I saw and knew, I try to broaden my horizons and I keep in mind to spread possibilities with others all the time regardless of if I am interested in or not.

 

I wrote about “Troubles I am facing”, “Project #1 (Dengue)” and “Phnom Penh and history of Cambodia” at previous blog.

Now, I am posting about “Troubles I am facing #2”, “Project #2 (Antimicrobial resistance)” and “PULSE 2017 members”.

Asuncion and I couldn’t visit GSK Cambodia office in September, so I will share about it as soon as we can visit.

 

Let’s get down to the work.

MC: Malaria Consortium

WHO: World Health Organization

IPC: Institut Pastuer du Cambodge(フランス語)

CNM : national center for parasitologyentomology and malaria control)

< Troubles I am facing #2>

As mentioned above, I am beginning to get some feelings recently. So, I couldn’t overcome some troubles that I wrote before yet but I am getting kind of emotional leeway. I am feeling a real affinity with their accents, their ways of talking (they don’t pronounce last letters. E.g. Lunch→Lun、Rice→Ri) or cultures. And also I am getting a hang of the other trouble such as that I am grabbing the better ways of talking and that I am sometimes asking others whose advice is highly respected to say something instead of me. And, just as planned before, I joined some meetings with another organization, such as WHO, CNM and IPC. I could directly feel their reactions and moods at the meeting. I’ll share about it at next blog or each project session.

 

And now, though I can’t perfectly solve “communication problems” yet, I’m writing about other thing that I’ve been thinking of since the beginning of PULSE assignment. It is my “meaning” to be here. Before I joined MC Cambodia, I made it habit to think of balance between reproducibility and originality such as that I need “labor reformation” if anyone can do same as me or I can replace my business to AI. If I continue to do this, am I going to be useless? Thinking of that is important to progress forward and it is not totally negative because I have been thinking how to work effectively and efficiently ever. But I just tend, more than usual , to think of that if I am useful or not and if I am working effectively and efficiently in this completely different environment. Of course I talked about my goals and expectations in PULSE assignment with coach and kind of supervisor, but I feel like that I am going below than my standard in Japan. People surrounding me know about Cambodia and they know how to work here. It could be one of causes of worry. Even though they said “It’s good. You did great.”, don’t you have any experience that you can’t swallow it since I have a feeling like going below than your standard? Sometimes I had ever felt “There’s no upside whether I do it or not, so why should I?” when they said above. And while I hope to do whatever I can do during PULSE assignment because this is a volunteer, it is a skill-based activity. If I do what anyone can do, what kind of good result for both NGO and me can I get through, at the end of and after this assignment? It is a dilemma.

 

So, I thought again about what I wanted to achieve in my life and why I decided to join PULSE during conversation with a coach or a supervisor. PULSE should be a big step to reach my goal in life. The reasons are to challenge my strength in the completely different environment and to improve the global public health to drive the world economy, respectively. Even though you spent time in making a strategy, you could get less result if you screwed up scheduling. When I can shorten something, I must do it. How long can I work since now? How long can I work on a level where I desire? I think that it’s shorter than I expect. It leads to that everyone needs to help each other. We could build a real trust when we sincerely think of others without putting self first. This is a good opportunity to grow up.

I will have to think of each country one by one when I deal with global public health problems. If I start to do that in another country, can I properly set a goal and strategy that fit there with new viewpoints and prospective? Trying to use what I am learning to apply it next time could give me better results. I am sure that this process will work in various settings at GSK.

 

Though I sometimes feel tough and disheartened, this is a golden chance to success in life and get much closer to my goal!! How mush I can stick to a lapse of time is crucial. So, I won’t lose to myself and I won’t compromise.

Having goals pushes me forward!

 

 

< Project #2 (Antimicrobial resistance)>

Please imagine my situation by introducing the brief of the global trend because I can’t tell you the details of this project as well as Dengue. Note that People mostly haven’t been taken measures so far in Cambodia.

At first, the reasons why we need to adrress antimicrobial resistant problems are that some experts suppose that more than 10 million people could die because of antimicrobial resistant bacteria in 2050. This is a huge negative impact.

I share past, current and future status of this problem at first from the view of veterinary medicine.

※There are various theories.

Background

#1 Industrial waste that includes antimicrobials from medical institutes could have polluted a clean environment (water, ground and wildlife) and antimicrobial-resistant bacteria has emerged. (This could be low risk in developed country and high risk in developing countries.)

#2 Improper administration or use at healthcare institute could increase the antimicrobial resistant bacteria.

#3 Administration of the antimicrobials (feed additives) for animals in industry to promote growth could have caused the emergence of antimicrobial-resistant bacteria inside their bodies and transmitted to human by those products derived from food animals and wildlife (environment) by their excrement.

#4 Although this is relatively new, daily veterinary treatment of companion animals could have caused the emergence of antimicrobial-resistant bacteria and transmitted to human by decreasing the distance between human and pets.

Some experts have been pointing out these problems for a long time.

 

In industrial animal field, it is common to give antimicrobials as feed additives to promote growth. On the contrary, feed mixtures on the market already include feed additives. It is said that inhibiting some of intestinal flora in a paper causes the mechanism of growth promotion. It makes animals absorb more nutrition because inhibiting some of intestinal flora decreases lactic acid production, increasing pH in their intestine cause inhibition of the peristalsis of the intestinal and enteric stay promotion. You may think that it is easy to be regulated by law. But there are many complex problems relating to laws and politics all over the world.

※Industrial Animals:I defined them as the all animals that could provide food.

E.g. They could be cattle, pork pigs, horses, sheep, goats, chicken and others. (Ruminants have lots of bacteria in their rumen, so they are a little different from other animals.)

 

Here are some global trends from veterinary side below.

WHO: World Health Organization

OIE: Office International des Epizooties

FAO: Food and Agriculture Organization of the United Nations

1928: Alexander Fleming found Penicillin.

1969: Swan published a paper known as “Swan Report”. He mentioned that use of antimicrobials to promote industrial animal growth possibly caused the emergence of antimicrobial-resistant bacteria and damaged human and animal health.

1970s: Veterinary drugs were clearly distinguished from feed additives in Europe.

1978: Veterinary drugs were clearly distinguished from feed additives in Japan.

1990s: Some pointed out that use of antimicrobials to industrial animals could increase antimicrobial-resistant bacteria in human and make the treatment harder.

1997: WHO held an expert meeting about the indication in Berlin.

1998: WHO held an expert meeting about the indication in Geneva.

2000: OIE harmonized the ways of investigating trends and use of antimicrobials in various countries.

2003: OIE formulated each guidelines relating to drug-resistance. FAO/OIE/WHO experts meeting concluded that there was a prima facie evidence that use of antimicrobials to industrial animals affected human health.

2004: FAO/OIE/WHO experts meeting presented direction of risk management.

2005: WHO held a meeting to make a list of vitally important antimicrobials in human medical treatment. OIE started to make a list of vitally important antimicrobials in veterinary medical area.

2007: Those lists were adopted. FAO/OIE/WHO held an expert meeting with two lists above.

2007〜2011: An expert meeting of Codex(FAO/OIE/WHO Alimentarius Commission) created a guidelines relating to risk analysis of drug-resistance.

2008: WHO has organized AGISAR(Advisory Group on Integrated Surveillance of Antimicrobial Resistance) and has continued to have meetings about drug-resistant problems.

2015: WHO endorsed global action plan on antimicrobial resistance, including antibiotic resistance.

 

After that, though each country keep trying to decide the details of the ways of monitoring and the regulations of antimicrobials, even developed countries can’t manage these problems. It’s been about 50 years since the first indication. Developing countries which are achieving remarkable economic development could make those problem more complicated. And also, human movement such as planes, ships and other ways between countries spur the complication more. ASEAN Economic Community Agreement 2015 has accelerated population movement.

Nowadays, people are trying to prepare an environment where drug-resistance can’t emerge easily by making some regulation relating to use of the antimicrobials in the global.

 

Let’s change the channel to what I am doing and show you those below.

#1 Research about global, Southeast Asia and Cambodia in turn background and history of antimicrobials relating things to grab the current situation and trend.

#2 Look over Laws relating to animals in Cambodia and summarize it to compare with Japanese laws to deeply understand.

#3 Look through Japanese government activity plans.

#4 Contact with Japanese veterinary experts in this field and read their articles.

#5 Get an appoint with Cambodian veterinary experts to collect essential information to understand current situation in Cambodia.

One of Cambodian veterinary experts were introduced by my friend working at JICA Cambodia. I didn’t suppose that making new friends at JICA Cambodia (not on the PULSE activities) could be connected with this ideal progress. Getting or having a very reliable person in an unfamiliar place and environment substantially influences result because it is seriously difficult and risky to contact with someone especially who works for government or public institute in foreign country. Fortunately, it didn’t take long time to open up to each other because he got PhD in Nagoya University where my hometown locates and my communication experiences as MR and MSL to collect information worked very well! I am making most of my skills that I got through working GSK to connect people with right information and drive the project. There are lots of limitations such as cultural differences and politic problems for me, this topic is surprisingly complex and I don’t have any specific experience in this area. But I act proactively!!

 

 

< PULSE 2017 members >

I know that some of you are really interested in PULSE activities. So, I briefly introduce other members and their assignment to you here. However, I introduce PULSE 2017 members who joined same Face to Face training in Tokyo because I don’t know about all PULSE 2017 members. haha

We are very international such as from Thailand, Singapore, Indonesia, South Korea and Japan.

You can see all PULSE 2017 members archive from here.

URL: https://gskpulsevolunteers.com/2017-volunteers-2/

And you can visit their blog from here.

URL: https://gskpulsevolunteers.com

If you are interested in their activities, please feel free to comment there and give it thumbs up!! Even though you are not on the PULSE journey now, hope you felt like you were on their adventure. 😛 hehe

Let’s make the most of our circumstances each other!

※To PULSE team

Basically I got information from PULSE archive and I contacted with each member to get permission to introduce them to my Japanese Colleagues and to check my writings in advance. I hope to encourage Japanese colleagues to challenge something new, so I need to introduce BACKGROUND as well. If there is any problem, please let me know.

 

ALPHABETICAL SEQUENCE

 


AYAME,

She is from Japan and working as an Operations & Science Leader in Global Medical in GSK Japan. Her background is Pharmacology.

Now, she is being assigned to JEN, which has been consistently in charge f offering support activities to those people who have been stricken with hardship due to conflicts and disasters across the globe. She is leading two Japanese events with some interns as a leader, participating in the Launch of a new fund raising project and working out their fundraising mid-term strategy with pro bono.

JEN is one of the most famous NGO in world. Her activities are amazing, so visit her blog and comment when you are interested in!!

URL (JEN in English): https://www.jen-npo.org/en/index.php

 


GATIT,

She is from Indonesia and working as an Executive Assistant to General Manager RX in GSK Indonesia. Her background is Hotel school with experience as executive assistant and compliance officer.

Now, she is being assigned to Malaria Consortium Nigeria and she is working for program assistant for country technical coordinator.

She is working for same organization as me, so you can enjoy the different activities from her and me. Her activities are brilliant and you can enjoy her photos, so visit her blog and comment when you are interested in!!

URL (Malaria Consortium): http://www.malariaconsortium.org

URL (Malaria Consortium Nijeria): http://www.malariaconsortium.org/where-we-work/nigeria-mainpage.htm

 


JUERGEN,

He is from Germany and working in GSK Singapore as a Project Manager for Global Manufacturing and Supply. His background is Pharmaceutical Industrial Engineering.

Now, he is being assigned to Clinton Health Access Initiative (CHAI) in Nigeria as the Technical Support Officer, working with essential medicines for pneumonia. He is working to ensure availability and functionality of oxygen commodities at all times as part of the new initiative of CHAI, supporting the Global Action Plan for Pneumonia.

Respiratory field (though it is not athma) is one of the most important and strongest fields in GSK. His activities and writings are wonderful and you can enjoy his photos, so visit his blog and comment when you are interested in!!

URL (CHAI): https://www.clintonfoundation.org/our-work/clinton-health-access-initiative

 


KELLY,

She is working as a Manufacturing Manager, Support and Continuous Team in Singapore. She holds a bachelor degree in Biomedical Science and Cell & Molecular Biology.

Now, she is assigned to work in Save the Children in Philippines as a Urban Program Manager to deliver the plans for Asia Urban Programming with the purpose to explore and promote replicable/scalable solutions for education, child right governance, health service, etc. in the highly complex and diverse Asia region.

Supporting children is one of the most important fields in the world. Her activities are attractive; so visit her blog and comment when you are interested in!!

URL (Save the Children): https://www.savethechildren.net

URL (Save the Children Philippines): https://www.savethechildren.org.ph

 


MAY,

She is from Thailand and working as a Senior Brand Activation Manager in GSK Thailand. Her background is Food Technology and most of experience is working in marketing function.

Now, she is being assigned to Innovation in Healthcare based in USA (but mainly she is in Thailand) and she is helping the team to work with Singapore partner government, funder, innovator and so on to identify the opportunity to improve Healthcare System in Southeast Asia (Focusing on Aging & Diabetes).

Structuring system is one of the most difficult fields in the world. Her activities are very amazing and you can enjoy her photos, so visit her blog and comment when you are interested in!!

URL (Innovations in Healthcare): https://www.innovationsinhealthcare.org

 


RISAKO,

She is from Japan and working in Medical Development in GSK Japan. Her background is Department of Pharmacy.

Now, she is being assigned to Save the Children in Japan as a Corporate Relationship Manager. She is working in the department of corporate partnership to get fundraising and donation and making proposals to do that.

Save the Children is one of the most famous NGO in the world. Her activities are so fascinating, so visit his blog and comment when you are interested in!!

URL (Save the Children Japan in English): http://www.savechildren.or.jp/jpnem/eng/

 


SORA,

She is from the Republic of Korea and working as a Local Study Manager for clinical research in GSK Korea. Her background is pharmacy and MSc in preventive pharmacy.

Now, she is being assigned to Save the Children in Kenya as an Evaluation and Learning Advisor within the Monitoring, Evaluation, Accountability and Learning (MEAL) function. She has the responsibility to strengthen the GSK-Funded Health Signature Programme, Boresha, focused on improving maternal and new-born health and need to gather evidence through research and studies and build the internal MEAL team capacity to ensure sustainability.

She is working for same organization as Risako, so you can enjoy the different activities between Sora and Risako. Her activities are wonderful and you can enjoy her photos, so visit her blog and comment when you are interested in!!

URL (Save the Children): https://www.savethechildren.net

 


TOMO,

He is from Japan and working as a Digital Delivery Lead in IT in GSK Japan. His background is Biochemistry.

Now, he is being assigned to Barretstown as an IT Project Manager & Business Analyst part of SeriousFun Children’s Network’s. in Ireland. He is helping them to create a smarter, more efficient working environment for staff and for the service users there.

IT is one of the most important and fashionable fields in the world. His activities are very interesting. So, visit his blog and comment when you are interested in!!

URL (Barretstown): https://www.barretstown.org

 

We have various backgrounds. If you feel like that nobody joined who had similar background with you, it’s no problem. I believe that it is a chance to make new opportunity and value to PULSE team!

 

And, I uploaded a bunch of photos this time again!!

I am sorry to steal your time but you don’t have to check all at once. Haha

When you are available like break time, enjoy my photos and feel a sense of closeness to Cambodia and me!

 

 

こんにちは、

カンボジアに来てもうすぐ3ヶ月が経とうとしています。

ようやくアレルギーも落ち着き、炎症を抑えるため温水禁止でしたが、今は普通にシャワーも浴びられていつも通りの毎日を過ごせています。暑くてもやはりシャワーは温かい方が心地よいみたいです。笑

当たり前ですが環境にも以前よりかなり慣れてきました。

引っ越ししたばかりは気づかなくても住み慣れてきた頃に「ここにこんな店あったんだ」「この道ここにつながっていたんだ」など新しいことに気がつくことありますよね?まさにそのような感覚を最近は毎日感じています。カンボジアの環境も変わり続けていますので、発見の毎日です。もちろん景色の事だけではなく、MCスタッフや言語、現地の人、多くのことに対して同じような”良い余裕”が出てきました。

 

今回も前回のフィードバックを一部ご紹介させていただいてから本題に入ります。

まずフォシェさんから、

あなたのモチベーションにとても刺激を受けています。このまま前向きな精神で頑張ってください。帰国後、本が書けるくらい現在の環境についてとても良く理解できていると思います。蚊にあまり刺されない事とたくさんの経験とともに帰国されることを楽しみにしています。」といったコメント(抜粋)を頂きました。新社屋の写真なども共有していただいて、来年帰国した時に訪問するのが待ち遠しいです。いつも激励メールをくださりありがとうございます。

※フォシェさんから事前にメールの一部を引用させて頂く許可は頂いています。

他にも、

私自身は中々PULSEに参加できないと思いますが、自分のチームや周りにいる人が今後PULSEに行きたいと思った時に何かしてあげたいのでブログを拝見しています。

とコメントをくださった方がいらっしゃり、とても刺激を受けました。自分が知っている事だけで自分の世界が構成されているので、興味があるないに関係なく、私も常に自分の世界を広げて、そして周りの人とお互いの可能性を広げられるように心がけていきたいです。

 

 

前回は「直面している課題」「プロジェクト①(デング熱)」「プノンペン、カンボジアの歴史」についてご紹介させていただきました。

今回は「直面している課題②」「プロジェクト②(抗生剤)」「他のPULSEメンバー」について紹介させて頂きます。

GSKCambodiaオフィス訪問は、9月は都合がつかず訪問できていないので、訪問でき次第ご紹介いたします。

 

それでは本題へ入ります。

MC: Malaria Consortium (NGO名)

WHO: World Health Organization (国際機関)

IPC: Institut Pastuer du Cambodge (研究組織(フランス語))

CNM : national center for parasitologyentomology and malaria control)

<直面している課題②>

前回の言語やコミュニケーションの課題に関しては、冒頭でもご紹介しましたように少しずつ心の余裕が出てきているので、ジャパニーズをジャパニーシュと言ったり、単語の最後を発音しないカンボジア人の癖(ライスはライ、ランチはラン)などむしろ親しみさえも感じてきました。価値観の違いも、「こういう風に話すと通じやすい」「この人に代わりに言ってもらうと理解してもらえる」などコツを掴んできました。また、前回のブログを更新した次の週から早速WHO、CNMやIPCなど外部組織の会議に参加させて頂き、自分の目を通した現状把握などに取り組んでいます。詳細はまた次回以降か各プロジェクトの中に混ぜてご紹介させていただきますが、会議の議事録や参加者からの話だけではわからない「相手の反応」や「その場の空気」を感じる事で会議前の準備の工夫に繋げられるヒントが得られました。

 

さて、コミュニケーションの問題が完全に払拭されたわけではありませんが、今回は派遣当初から考えている、「自分の存在意義」について書きます。日本に居た時も「このやり方は誰でも(AIでも)できるのでは?このままでは必要ない存在になるのでは?もっと頑張りや工夫が必要。」というような、再現性と独創性のバランスについて考えていました。MRの時もMSLの時も「効果的・効率的な業務を意識すること」について様々な観点から教わっていたので、私にとってはより良い結果を出すために必要なプロセスであり、この話題は決してネガティブなものでもありません。ただ、人種も文化も言語も違う全く新しい環境で、漠然と、「役に立っているのか?」ということと、「最も効率的・効果的な働きが出来ているか?」ということが、いつも以上に気になってしまっています。目標や期待などについてはしっかり話し合っていますし、何かあれば「これで良いか?」というような確認や相談はしているのですが、日本で働くときの”自分の基準”から大幅に下回っている気がして仕方が無いです。周りの人々はカンボジアについてよく知っていて、私は知らないというのも大きな要因かもしれません。「大丈夫だよ。よくできているよ。」という言葉を聞いても自分が納得できていないと、全く腑に落ちない時ってありますよね。自分の基準から大幅に外れている気がする時にそのような反応が返ってくると「これはやってもやらなくても一緒なのでは?」と思う時さえありました。また、ボランティアとして来ているわけなのでどんなことでも手伝いたいと思う反面、skill-basedであり、極端にいうと誰にでも出来る事をやっていては6ヶ月経ち振り返った時に、いったい何が残るのか?というジレンマもあります。

 

どうしたら良いかまだ明確になっているわけではありませんが、コーチやNGOの担当者と相談していく中で、改めて、自分の一番大きな目標が何か、それを達成するために考えたステップの一つとしてPULSEがあり、目標に向けたPULSEの位置づけに(6ヶ月ですべきこと)ついて考え直しました。どんなに戦略を練っていても、時間軸の見通しが間違っていたり、本来短縮できる所でつまずいていては出せる結果も大きく変わってしまう気がします。あと何年働けるか、その中で自分が思った通りのレベル感で働ける時間がどれくらいあるか、そのために今何をしなければいけないのか。協力なくしては何も出来ないので、短期間で互いに協力し合えるようにしなくてはいけないです。そして自分本位ではなく、相手の事を本気で考えている時にこそ良い信頼関係が築けると思うので、まさに今が成長し時、とわかってはいるのですが行動に移して成果をあげる事の難しさにぶち当たっています。

 

世界の公衆衛生の改善に取り組む時を想像すると、一つ一つ国毎に考えなければいけません。現時点まででカンボジアで経験したことを踏まえて、他の国でやるとしたらどうか。以前は考えられなかった視点で、その国に合った適切な目標や戦略を立てられるか?今やっていることから得た事をどう次に生かせるか、次のステップを更に具体的に想像しながら現在の業務に取り組めば吸収できる物も変わってくる気がします。これは、GSKに戻ってからも様々な場面で役立つと実感しています。

時にはしんどく、心が折れそうな時もありますが、私にとっては成長し、目標に近づくまたとない絶好のチャンスです。何となく過ぎてしまう時間にどれだけくらいつけるか、”自分”に負けず妥協しないで過ごしたいと思います。

目標があれば、頑張れる気がします。

 

 

<プロジェクト② 抗菌性物質耐性>

こちらも前回のデング熱同様、詳細はお伝えできかねてしまいますが、世界の大まかな流れが、日本国内やカンボジア国内など少し小規模な範囲で行われている/行われようとしているとご理解いただければと思います。ちなみにカンボジアでは抗菌性物質耐性に対する対策はほとんどなされていない段階です。

また、抗微生物薬の世界的な影響は非常に大きく、「2050年には死亡者数が1000万人を上回る」という予測さえ出てきているそうです。その中で抗菌性物質耐性に起因するものは少なくありません。

「抗菌性物質の耐性が問題になった背景」と「現状〜今後」の流れについて獣医学に関連する事柄を中心にご紹介します。※諸説あります。

 

背景

①医療機関から抗生剤を含む産業廃棄物が環境へ暴露され環境中(水、土壌、野生生物)に耐性菌が出現する(先進国ではこのリスクは低く、途上国ではリスクが高い)、

②医療機関での適切ではない抗菌性物質の処方により耐性菌が出現する、

③産業動物(食肉)に成長促進を目的として抗菌性物質を投与し動物体内に耐性菌が出現し、食肉を介してヒトへ、家畜の糞便を介して近隣に生息する野生動物に耐性菌が伝搬し環境中に蔓延する、

④(比較的最近)愛玩動物との距離が近くなり(不適切な抗菌性物質治療を受けた)愛玩動物からヒトへ伝搬する、

可能性が問題とされてきました。

 

産業動物の世界では家畜に与える飼料(エサ)に成長促進を目的として抗菌性物質を入れる事はありふれていて、販売されている飼料には既に配合されています。抗菌性物質が成長促進に繋がるメカニズムは、ある論文では、抗菌性物質の投与により、家畜の腸内細菌叢を抑制する事で家畜が利用できる栄養素が増え、乳酸発生が抑制され腸管内pHが上昇する事で蠕動運動抑制が起こり、腸内の内容物滞留時間が伸びる事で十分な栄養を吸収できる、と紹介されています。「法律で規制すればよいじゃないか。」と思われるかもしれませんが、法律的・政治的問題が様々あり容易な問題ではないみたいです。

※産業動物:(私は)ここでは食肉として飼育される動物全般を指しています。

e.g. 牛、豚、馬、羊、山羊、鶏など口に入るもの全てです。(牛、山羊、羊は胃が4つあり、第一胃で微生物によるルーメン発酵を行うため抗菌性物質の投与は少し特殊です。)

 

簡単に獣医学が関連した世界の現状をまとめると下記のようになります。

WHO: World Health Organization、世界保健機関

OIE: Office International des Epizooties (フランス語)、国際獣疫事務所

FAO: Food and Agriculture Organization of the United Nations、国際連合食糧農業機関

1928年 アレキサンダー・フレミングがペニシリンを発見。

1969年 「スワン・レポート(Swann et al., 1969)」で家畜の成長促進を目的とした抗菌性物質の使用により耐性菌が出現し、ヒトと家畜の健康に影響する可能性を指摘。

1970年代 ヨーロッパにおいて動物用医薬品と飼料添加物が明確に区分。

1978年 日本でも動物用医薬品と飼料添加物が区分。

1990年代 動物への抗菌性物質の使用がヒトでの抗菌性物質耐性菌の増加を招き、ヒトの感染症治療が困難になると指摘。

1997年 WHOがベルリンで上記指摘に対する専門家会議を実施。

1998年 WHOがジュネーブで同会議を実施。

2000年 OIE(国際獣疫事務所)が各国の動向や抗菌性物質の使用状況における調査方法などを調和。

2003年 OIEが薬剤耐性関連の各種ガイドラインを策定。FAO/OIE/WHO合同専門家会議におけるリスク評価で「家畜における抗菌性物質の使用がヒトの健康に影響するのは明らかである」と結論。

2004年 FAO/OIE/WHO合同専門家会議でリスク管理の方向性を提示。

2005年 WHOが「ヒトの医療上極めて重要な抗菌性物質リストを作成する会議」を開催。OIEが獣医療上極めて重要な抗菌性物質のリスト作成を開始。

2007年 上記リスト採択。WHOとOIEの作成した2つの重要な抗菌性物質リストを用いてFAO/OIE/WHO合同会議が開催。

2007〜2011年 Codex(FAO/OIE/WHO合同食品規格)委員会の専門委員会において薬剤耐性菌のリスク分析に関するガイドラインを作成。

2008年 WHOがAGISAR(Advisory Group on Integrated Surveillance of Antimicrobial Resistance)を組織し、薬剤耐性菌問題に関する議論を継続。

2015年 WHOが抗菌性物質に関するグローバル・アクションプランを是認。

 

以降は各国でモニタリング方法や、抗菌性物質の規制など詳細を決定しつつありますが、50年前に指摘されている事が先進国ですら未だに管理し切れておらず、経済発展が目覚ましい途上国が今後これらの問題をさらに拡大させる可能性が高いです。また、数十年前にくらべ飛行機や船、大陸では陸の国境移動が活発になり感染症制御(マラリアやデング熱などその他の感染症も含みます)は一層複雑なものになっています。実際に2015年のASEAN経済共同体発足合意により東南アジアではさらにヒトの動きが活発になり、マラリアのプロジェクトに影響が出ています。

現在は全世界的に抗菌性物質の使用方法や法規制を整え、耐性菌が出現しにくい環境を整えようとしています。

 

そこで、現在私は、まず獣医学の視点から現状を把握するために、世界の抗菌性物質の背景・歴史を再度調べ、動向・現状、今後の展望を大まかに頭に入れた上で、東南アジア全体、カンボジアと徐々に情報をしぼって調査しています。加えて日本の状況を軸にカンボジアの法律に目を通して要約し、日本の薬事法や獣医師法と比較しながら、厚生労働省や農林水産省の実施計画書に目を通しています。また、母校の恩師を通じてワン・ヘルスに注力されている獣医師の文献を調べ、日本の獣医師のネットワークを活かして日本の産業動物の状況も把握した上で、JICAの方経由で紹介していただいたロイヤル大学の獣医学部の教員と面会したりしています。

非常に複雑な分野ですので、特別この分野での経験がない私に出来る事は限られていますが、GSKで培ってきた「人と情報を繋なぎ、物事を前に勧める」スキルを必死に活用しています。

文化的な考えの違いや、政治的な問題で諦めるのではなく、先を見越して今自分に出来る事を一つ一つ相談しながら進めています。

 

<他のPULSEメンバーについて>

PULSEに興味をもっていただいている方も多いかと思いますので、今回は、私以外のメンバーがどんなことをしているか、簡単に(本当に簡単です)ご紹介いたします!!

と言いましても、私はPULSE2017の全てのメンバーを知っている分けではないので、PULSEの研修が一緒だった方々をご紹介いたします。

ちなみに、PULSEの派遣が確定した後、Webのトレーニング(未受講だと派遣取り消し)があり、その後ブロックに分かれ(アジア、欧米、etc)face to faceの研修を受けます。今年のアジアの研修は東京だったので、代々木の本社にアジアのPULSEメンバー(日本国内派遣者も含む)が集まりました。

アジアのメンバーは私を含め合計9名です。シンガポール、インドネシア、タイ、韓国、日本と国際色豊です。

以下のURLでは、それぞれのブログやPULSE2017の参加者について見る事が出来ます。

PULSE2017参加者一覧

URL: https://gskpulsevolunteers.com/2017-volunteers-2/

PULSE2017ブログ一覧

URL: https://gskpulsevolunteers.com

 

何か聞きたい事がありましたらコメントをしたりしてコンタクトをとってみるのも良いかと思います!!せっかくグローバルな企業で働いているので、今おかれた環境を最大限活かしていただけたら幸いです^^

それでは順番にご紹介します。

※訳せない、または訳すと不自然な所はそのまま英語で表記させて頂きます。

 


AYAME,

GSK Japanではクリニカル・オペレーション部に所属されており、専攻は薬学だったそうです。

現在はJENというNGOで、2つの日本でのイベントのリード、新たなCRMの寄付プログラムの立ち上げへの参画、プロボノと共同しfundraisingの中長期戦略の計画等、様々な業務をされています。

JENは、平和な国際社会を目指し世界各地で紛争や自然災害により厳しい状況にある人へ「生きる力、を支えて行く」をモットーに、緊急から復興の各段階で支援活動を行っている国際NGOです。

世界的にもとても有名なNGOですし、Ayameさんが行われている活動はGSKが行っている支援とは少し違ったものなので、とても興味深いと思います。ぜひAyameさんのブログにアクセスしてみてください。

URL (JEN 日本語): https://www.jen-npo.org/jp/concept/index.php

URL (JEN in English): https://www.jen-npo.org/en/index.php

※CRM: Cause Related Marketingの略で、企業が商品やサービスを消費者に提供する際に社会貢献とマーケティングを結びつけた手法の一種です。

※プロボノ: 社会人が自らの専門知識や技能を生かして参加する社会貢献活動。

 


GATIT,

Gatitはインドネシアの出身で、GSKインドネシアでGMの役員補佐をされています。専攻はHotel Schoolだったそうです。

現在はMalaria Consortiumナイジェリアに配属されていて、現地ではprogram assistantとして活動しています。

私と同じNGOですが、活動内容が大きく異なりますのでその違いも楽しんで頂けたらと思います。ぜひGatitのブログにアクセスしてみてください。

URL (Malaria Consortium): http://www.malariaconsortium.org

URL (Malaria Consortium Nijeria):

http://www.malariaconsortium.org/where-we-work/nigeria-mainpage.htm

 


JUERGEN,

Juergenはドイツ出身で、GSKシンガポールではGlobal ManufacturingのProject Managerをされています。専攻はPharmaceutical Industrial Engineeringだったそうです

現在はClinton Health Access Initiative (通称チャイ)ナイジェリアでTechnical Support Officerとして肺炎のGlobal action planに沿って肺炎分野で酸素供給装置の適性使用や、使用の指導・研修関連の業務に従事されています。

呼吸器系の領域(喘息ではないですが)はGSKの歴史が長い領域ですし、世界的にも非常に重要な分野ですので、ぜひJuergenのブログにアクセスしてみてください。

URL (CHAI):

https://www.clintonfoundation.org/our-work/clinton-health-access-initiative

 


KELLY,

Kellyはシンガポール出身で、GSKシンガポールではSupport and Continuous TeamのManufacturing Managerをしています。専攻はBiomedical Science and Cell & Molecular Biologyだったそうです。

現在はSave the ChildrenフィリピンでUrban Program managerとして主に教育、子供の権利や健康に関連する業務に従事しています。

子供達はこれからの社会を担う大切な存在ですし、世界で最も医学的・経済的な影響を受けている存在でもあります。ぜひKellyのブログにアクセスしてみてください。

URL (Save the Children): https://www.savethechildren.net

URL (Save the Children Philippines): https://www.savethechildren.org.ph

 


MAY,

Mayはタイ出身で、GSKタイランドではSenior Brand Activation Managerをしていて主にマーケの分野で活動されてきたそうです。専攻はFood Technologyだったそうです。

現在はInnovation in Healthcareタイランドで東南アジアでのHealthcare systemの改善・開発に関わる業務(糖尿病や加齢に伴う疾患など)をしています。Mayは少し特殊な例のようで、タイの国内ボランティア採用なのですが、所属するNGOがUSAを拠点としているため、最初の1ヶ月はUSAで過ごし、その後はタイ、最後の月はまたUSAに出張するそうです。一つの国だけでなく、周辺諸国全体でのシステム開発はとても面白い内容だと思いますので、ぜひMayのブログにアクセスしてみてください。

URL: https://www.innovationsinhealthcare.org

 


RISAKO,

GSK JapanではMedical Development部門に所属されており、専攻は薬学だったそうです。

現在はSave the Children JapanでCorporate Relationship Managerとして企業からの寄付に向けた企画・提案を支援されています。最近はSDGs達成を掲げながら企業はCSRの価値を高めようとしているので、企業のパートナーとして事業を行い、その事業に対して支援を募ったりされています。

Kellyと同じSave the Childrenですが、活動内容も異なりますし、普段GSKが行っている活動をNGO側から見ていらっしゃるのでとても興味深いと思います。Risakoさんのブログにアクセスしてみてください。

URL (Save the Children Japan): http://www.savechildren.or.jp

URL (Save the Children Japan in English):

http://www.savechildren.or.jp/jpnem/eng/

 

SORA,

Soraは韓国出身で、GSK韓国ではLocal Study Managerとして臨床研究に関する業務をしています。専攻は薬学だったそうです。

現在はSave the Children ケニアでEvaluation and Learning Advisorとして母子周産期関連の業務に従事しています。

SoraもKellyやRisakoさんと同じSave the Children に派遣されていますので、それぞれの違い等も含めアフリカでの活動を知る事が出来ると思います。とてもすばらしい活動をされているので、ぜひSoraのブログにアクセスしてみてください。

URL (Save the Children): https://www.savethechildren.net

 

TOMO,

GSK JapanではIT部門に所属されており、専攻は生化学だったそうです。

現在はBarretstownというアイルランドを拠点とするNGOに配属され、現地では業務の向上のためにどのようにITテクノロジーが利用できるかを分析し、プロジェクトの提案・実行をされています。

Barretstownは重篤な疾患を抱える子供やその家族をキャンプや様々なプログラムで支援し、子供達がより楽しく過ごせることを目的としたNGOです。

ITの領域はGSKが最も力を入れている領域の一つであり、どんな業界でも要となる重要な領域です。普段なかなか見る事の出来ないIT領域での活動はとても興味深いと思います。 ぜひTomoさんのブログにアクセスしてみてください。

URL: https://www.barretstown.org

 

 

様々なバックグラウンドを持った方々が、多種多様な分野で活躍されていらっしゃいます。過去に自分と同じような経歴を持った人がPULSEに行っていなかったとしても、それは新たな可能性をGSKのPULSEチームにもたらすチャンスだと思います!

私はPULSEに応募して、自分がやりたい事を公言し、PULSEの日本・Globalチームを知り、他の国のGSKメンバーを知るに連れて、今まで以上にGSKを近く感じ、「会社についてもっと知りたい」という気持ちが強くなってきました。今までは自分で勝手に限界を決めていた気がしますが、いろんなことを知るに連れて、自分を生かす/自分のやりたいことに近づくための選択肢がまだまだたくさんあるのだなと実感しています。

 

さて、ここからは前回同様、大量の写真達をアップして行きます!

楽しんで頂ければ幸いです!!

 

This is current breakfast. I got tired of eating cereal, and I’m eating Japanese breakfast. Real Japanese food looks much more delicious! Haha

Freezes grilled rice ball, miso soup, freezes Natto and yogurt.

まずは最近の朝ご飯!朝食が進化しました。コーンフレークにはすぐに飽きてしまい、今は和食です。質素、というよりややみすぼらしいかもしれませんが笑。冷凍焼きおにぎり、冷凍納豆、インスタントみそ汁にヨーグルト。久々の自炊です。

 

This is typical Cambodian breakfast!! So good:) When you visit Cambodia, you should try and I am sure that you will be obsessed with it!

これは前回少し触れたカンボジアの伝統的な朝食です。同僚に「カンボジアの朝ごはん食べた?最高だよ!」と言われたので買ってみたらこれでした。「こ、これはただの焼き豚、、、」と思いつつ食べました。美味しかったのですが、お米から塩素の匂いと味がして手が止まったのは内緒です。

 

Water to drink at my house. I can buy first bottle 6$ and I can buy 1$ from the second time in exchange for an empty bottle.

我が家の飲み水事情です。

歯磨き以外の口に入れる水はこれを使っています。最初は6$で一つ購入し、空の容器を持って行くと次回から1$で買えます。

 

My first use of gas to boil water for breakfast. It’s passed almost 2 months at that time.

朝食のみそ汁のために初めてガスを使いました。すでに引っ越して2ヶ月近く経っていました。

 

After last invasion of a gecko, I am succeeding to keep them out! Haha

あの一件以来ヤモリの侵入を許していません。今の所連勝記録更新中です。

 

I’ve been wondering how to use this shower at rest room. I have another to take a shower. Do you have any idea?

ずっと疑問だったのですが、トイレにはだいたいどこもシャワーが付いています。どう使うのでしょうか?

 

I cooked one of the famous Japanese dish (Okonomiyaki) for MC lunch members. This is famous in Osaka prefecture but I’m not from there, I don’t cook anything usually and I’ve never cooked this on my own. Lol

日本代表として、特に料理もできない、関西出身でもない私が、日本を代表する料理としてお好み焼きを目分量でカンボジア人に振る舞いました。

 

A cute squid for Okonomiyaki.

何か可愛らしいイカでした。

 

I boiled them before grilled just in case.

万が一振る舞った料理で食中毒になったら嫌なので先に茹でました。

 

I completely boiled them like that spore-forming bacteria could die. Haha

しっかり加熱しました。気持ち的には芽胞菌が死ぬくらい加熱しました。

 

Many vegetables are damaged. You can see black lines. I took time to remove these.

結構傷んでいる野菜が多いので、傷んだ部分を取り除くのに時間がかかります。

 

Finished! This is, as you may see, perfect.

出来上がりです。 完璧です!分厚さも申し分ないです。笑

 

This is the elevator of my apartment. We don’t have G in Japan.

我が家のエレベーターです。 ヨーロッパでも日本で言う1階がG(Ground)なので、フランスの影響でしょうか。職場に向かいます。

 

This is the market on the way to MC office. I see lots of people here every morning and feel various smells. But I have never bought anything here. And I got a photo bomb when I took a picture of these fish. Haha

That there are many smiles is different from other countries where I’ve visited before:P

通勤途中にある市場です。 毎朝活気があり、いろんな香りが立ち込めています。私は何も買ったことはありません。笑  魚の写真を撮っていたらphoto bombされてました。笑

ノリが良い人や、笑顔の方が多いです(^^)

 

I think you can’t see it in this photo but I see much dust in the air every morning.

写真だとわかりませんが、2回目のブログで書きましたように土埃はいつもすごいです。

 

 

After I noticed that many larvae emerged in glass water, I found PPF and Guppy fish here the day after that day.

前回蚊の幼体が大量にいた事を書きましたが、次の日オフィスへ行くと、その予防でPPFと一時的にグッピーがこのように入れられていました。

 

I’ve been wondering what this black points are on the wall since first day at MC office. And I asked my coworker about it and he said these were mosquito eggs. What!!

そして、ここにきた初日から「もしや?」と思っていたのですが、壁面に付いている黒い粒は全て蚊の卵らしいです。笑 「すごいでしょ?」って言われたのですが、「すごくはない。掃除しようか。」と思いました。

 

You can see “eggs” on the stalk and floating on the water. I felt I saw these at my parent’s house before, possibly.

茎についているのも、水に浮かんでいるのもよく見えます。今思うと実家の庭のプランターにもこういうのがあったような。。。

 

I investigated the detail through microscope. It’s like a bullet. When I hear “bullet-like”, it reminds me of my boss at vet school researching rabies. Shape of Rabies virus is bullet-like.

さっそく顕微鏡で観察しました。弾丸状です。弾丸状と聞くと、大学時代のボスが狂犬病の感染病理で研究しているのを思い出します。形はやや異なりますが、狂犬病ウイルスの形態も弾丸状とよく表現されます。

 

With magnified view. You can see rough surface. That’s all.

拡大してみると表面がボコボコしているのが見えます。これ以上は何もわかりませんでした。

 

So, I decided to keep them like this. haha

ということで飼育し始めました。スポイトの中です。笑

 

You can see a tiny larva and its position.

小さな幼体が見えます。水面に対するポジションもわかりやすいですね。

 

​This is the movie where a larva is eating food!

これはエサを食べている様子です。人生で初めて目撃しました。笑

 

You can see a little bigger larva. Body color got stronger.

少し大きくなった幼体です。体の色も濃くなってきています。

 

​This is a movie how they move in the water. It’s twitching, literally.

水中ではこんな感じで動き回ります。まさにピクピク、といった感じです。

 

Larvae have 8 segments on their abdomen. Though it depends on the species, they have a part to breath at 8th segment.

ちなみに幼体は体が8節に分かれていて、種類によりますが8つめに空気を吸うところが付いています。

 

I got a pupa!!

やっとピューパ(左)に変態しました!

ポケモンやたまごっちを小学生の時にやっていた頃の気持ちを思い出しました。笑

 

​​

​​This is a movie how pupa moves in the water.

ピューパはこんな感じで動きます。

何かこう、手裏剣が回っているような感じですね。

 

And lunch time! It’s gone right after I put this on the table. Haha

そしてランチタイムです。

前日に作ったお好み焼きを持ってきました!一瞬で無くなりました。

 

​And another lunch! They are cooking like this on the street.

別の日のランチです。

路上でこのような形で調理しています。

 

Yaaaay.

この日もたくさん小皿がありました。

トマトの炒め物?とパパイアの料理が衝撃的でした。

 

This is “sweet chili” and my colleague told me a lie it’s sweet. It was not true!!!! As you may know. Haha

スウィート・チリと言って、甘いんだよ、と嘘をつかれて食べました。笑

とんでもなく辛かったです。いつか仕返ししてやろうと思っています。

 

And I came to a university. They have only one “vet school” in Cambodia and they don’t have D.V.M. system yet. We Japan have 6-year system. There are 16 vet schools in Japan and 1,000 vets get licenses every year.

そしてロイヤル大学の獣医学部に1人で乗り込みました。カンボジアには獣医学部は一つ。D.V.M.(Doctor of Veterinary Medicine)制度(獣医師資格制度)がまだなく4年制で、獣医師の資格も存在していません。ようやく4年制+2年制大学院制度が2年前に始まったみたいです。日本には公私合わせて16大学があり、6年制で、毎年1,000人くらいの獣医師が排出されます。日本も昔は4年制、4年制+2年制大学院制度を経て6年制に移行しました。

We talked about many things such as vet med education system, the number of students, tuition per each year, student’s motivation, contents of classroom, jobs after graduation and current problems they are facing.

一通り大学のシステムや制度に関して話を聞き、施設を案内してもらいました。例えば、生徒数や年間の学費、学生のモチベーション、授業形態、卒後の進路、直面している問題点など。大学教育のレベルを知ると、問題の根深さや今後の展望を予測しやすくなります。NGOでの活動は外的な、一時的なテコ入れであって、その国に住む人が自分たちで工夫して前に進んでいけるようにしなければいけません。こういうことを考えながら、GSKでも、日本の医療環境のために日本人としてもっともっと自発的に行動していかなければいけないなと、反省しています。

I asked my friend to show me what kind of antimicrobials they use for large animals at this university. Not only antimicrobials but others like antihistamine, muscle, fever and tranqiriser. It’s almost same that I expected.

大動物の領域でどんな抗菌性物質が使われているか教えてもらいました。ついでに抗ヒスタミン薬や、筋弛緩剤、解熱鎮痛剤やトランキライザーなども見せてもらいました。詳細は書けませんが、だいたい想像通りでした。

 

He is my friend who is  large animal expert. He got PhD at a university nearby my hometow in Japan, so we talked about many things in Japanese and English. He belongs to vet graduate school and is challenging to make a new history there. I heard from him about relationship of people in the University and subjective opinion towards the department of veterinary medicine.

大動物をご専門とされている友人です。名古屋大学でPhD取られていて、6割日本語、4割英語で会話しました。細かいニュアンスも通じて驚きました。彼は大学院の教員で、大学に改革をもたらそうと尽力されていらっしゃいます。その障壁となる人間関係から、客観的な獣医学部の印象まで多くのことをお聞きできました。継続してコンタクトを取らせてもらいたいと思います。貴重な時間をいただいているので、先方にとってのメリットをしっかり考えて情報収集に取り組みます。

 

 

 

 

So, we came to IPC. I talked about something new.

Other day, I came here to take lecture about insecticide resistant mosquito. When you do mass-insecticide application, you can’t kill all mosquitoes there. It means that some mosquitoes will get resistance to that concentration rate of insecticide. As you use stronger insecticide, stronger resistant mosquitoes will emerge. In other words, we need to change the type of insecticide regularly. This concept is not new but they talked about the situation in Cambodia.

IPCにきました。

ここでは新しいプロジェクトのリスクなどについて話しました。

別の日にここでセミナーがあり、その時は蚊(成体)や幼体の薬剤耐性についての発表でした。要約すると、殺虫剤(大量散布)を撒いても100%全ての蚊を殺すことができず、残った蚊がその時の濃度に耐性を持ち、散布する濃度を上げていくとそれだけ強力な耐性が生まれてしまう。そのため年単位で何種類かの薬剤をローテーションさせることが効果的だ、というようなもので、概念自体は特に真新しいものではありません。耐性を持っている確率や殺虫剤の使い方がカンボジアでどのような状況か、という発表内容でした。

 

It is a Louis Pasteur monument.

これはルイパスツールの像です。

 

 

img_5470Location of the IPC.

IPCの場所です。

 

I came to CNM (national center for parasitology entomology and malaria control) that is organized by the Ministry of Health. They have a malaria team, a dengue team, a mosquito team and more.

CNMに来ました。日本で言う厚生労働省、こちらでは健康省の下部組織です。名前からもお分かりいただける通り、マラリアや蚊が媒介する感染症の専門部隊です。 マラリアチームがいたり、デング熱チームがいたり様々です。今回はマラリア関連の会議で来ました。ここも政治的な”事項”がたくさんあります。

There is a perfect and impressed mosquito monument in the courtyard.

中庭には蚊のモニュメントがあり、うまくできているなーと感動しました。笑

 

 

img_5469Location of the CNM.

CNMの場所です。

 

I came to WHO to join a malaria meeting as a MC activity this time.

そして今回は業務の一環としてWHOに来ました。こちらもマラリア関係の会議で来たのですが、実はWHOが集めているマラリアの症例データと、MCが持っているデータに乖離がありよく問題になります。次回のプロジェクト③で触れられたらご紹介します。

 

 

img_5468Location of WHO.

WHOの場所です。

 

I came to Zaman University to observe the questioner training for local staffs. It took 2 days.

ザマン大学に来ました。 今回はプロジェクト実施前の現地スタッフのトレーニングの見学です。2日間にわたり行われました。

 

Group work training for deeper understanding of purposes and information that they have to collect.

パートナーとなる会社が主催していて、住民への聞き取り調査に使うアンケートの質問事項について、その目的や収集すべき情報をしっかり理解してもらう目的があります。

 

Group work for deeper understanding. “What is the meaning of this question?”, ”Isn’t the way of asking this question strange?”, “How can I ask this question?” and so on.

午後はグループに分かれて、質問事項の読み込みに入ります。「これはこういう意味ですよね?ここは少し聞き方変じゃないですか?これはどう聞きますか?」と言ったやり取りがありました。

 

 

img_5467Location of Zaman University.

ザマン大学の場所です。

 

​A flood happened at the time when I uploaded last blog. I took about 2 hours to recover from it.

そして、とうとう洪水が起きました。

実は前回のブログを更新する日の朝も洪水が起きたのですが、内容を差し替える労力がなく今回に回しました。その後も2回くらい洪水を経験しましたが、大体雨が止んで2時間くらいすると水は引きます。

 

Water is coming up to water jars height.

水瓶も結構大きいのですが、こんなに水位が上がっています。

 

She is always dealing with a flood with this tool to collect dust.

地道にちりとりで応酬します。

 

After a flood, we find dead Guppy fish near water jar. Guppy fish is not native to Cambodia. That means that nature is being damaged when guppy fish flee from water jar to the nature.

洪水でグッピーが飛び出して死んでいるのをよく見かけます。ちなみにグッピーはカンボジア原産ではないので、環境中に流出していると考えると相当な環境破壊が起きています。日本であればメダカでやるべきですね。

 

​All Guppy fish was sometimes gone from one water jar and larva started to grow up quickly.

ひどい時は全てのグッピーがいなくなり、このようにすぐにボウフラが出てくることがあります。

 

​I tried to reduce water volume to prevent from Guppy’s jumping out.

誰にも頼まれていないのですが、コップで地道に水位を下げました。

 

When it’s sunny, it’s so beautiful.

晴れた日はこんなに平和です。

 

I came to the Tonle Sap riverside at night. They have night cruise tour.

夜のメコン川に来ました。クルーズツアーもあるみたいです。日本語だと川岸、英語だとリバー・サイド。天と地の違いを感じます。笑

 

Night market faces the Tonle Sap riverside.

ちょうど先ほどの写真の背中側にはナイトマーケットが広がっています。

 

img_9964-1A number of people got together to buy variety goods.

たくさんのひとが雑貨や食べ物を買いに来ています。

 

img_9966-1Eating space surrounded by stall stands.

奥まで行くと四角形状の広場があり、真ん中は茣蓙が敷いてあり、それを囲むように屋台が並んでいます。

 

 

img_5466Location of the night market.

ナイトマーケットの場所です。

 

 

Wat-Phnom at night #1

ワットプノンに来ました①

 

Wat-Phnom at night #2

ワットプノンに来ました②

 

 

 

img_5465Location of the Wat Phnom.

ワット・プノンの場所です。

 

It’s dangerous but I encounter this situation many times.

子供を足に乗せながら後部座席?に座っています。危ないです。

 

img_0122I went to a “popular place” for younger generation than me. hehe

カンボジアにいる日本人の友人と、若い子たちが行く場所に行ってみました。笑

 

 

img_0128-1Every building is two-story and they play really loud music. I heard they imitated certain Thailand place.

だいたい二階建てになっていて、音楽がガンガンかかっているようなタイの何とかという場所に似せているらしいです。

 

 

img_5464Location of the JET’S CONTAINER.

ジェッツ・コンテイナーの場所です。

 

img_0248School Tuku-Tuku!

カンボジアのスクールバスならぬスクールトゥクトゥク!衝撃的でした。

 

img_0287In Cambodia, people don’t need to get a license to ride a motorbike!! Really? You should change a law right now. Haha  That’s why these little kids can ride it…

カンボジアでは原付は免許がいらないそうで、こんな小さな子供もノーヘルで二人乗りしています。免許がいらいないことに驚きましたが、その昔日本もそうだったと聞いて更に驚きました。

 

img_0305Oudong was royal residence and Cambodia’s capital for more than 250 years until 1866. A monumental royal necropolis of sovereigns of several centuries is scattered on top the prominent bisected mountain, which runs from the southeast to the northeast. I heard that name of Udon, which is a kind of Japanese noodle, derives from this place.

With my friend Nathan and Cambodian children who followed us to get money. Here was too white and bright to keep my eyes open.

ここはウドンという都市で、プノンペンに首都が移される1866年まで250年間首都として機能していました。アンコールワットより歴史が古く、現地の人が観光にくるような場所みたいです。そして日本のうどんの名前の由来になったという説もあるそうです。

右に写ってのはアメリカ人の友人のNathanで、少年と少女は最初から最後まで「お小遣いちょうだい」と言いながら道案内?をしてくれました。写真では分かりませんが、視界全体が白く、反射した日差しが眩しくて目を開けていられませんでした。

 

img_0324You can find “four faces” on traditional building in Cambodia. They meant Mercy, Sympathy, Charity and Equality.

四方の顔はカンボジアではよく見かけます。慈悲、哀れみ、情け、平等を意味しているそうです。

 

img_0341When he took pictures, they came in front of his camera. And after he took pictures, they tried to check photos like this every time. haha

景色を撮っているとカメラに入り込んできて、撮り終わると毎回必ず写りを確認しにきます。笑

 

img_0451I could see mosquito prevention here.

こういう所でも水瓶にふたをする等、蚊の対策がなされています。

 

img_0511This is not a part of Oudong but nearby there. It was so beautiful.

ウドンの麓にある別の寺院です。

 

img_0525This is the ceiling of the golden building. I just lied down on the ground to see it for a long time. I just forgot everything.

これは内部の天井ですが、とても綺麗で床に寝そべりながらしばらくぼーっとしていました。

 

img_0543Meditation time. This is a most favorite place in Cambodia. It was peaceful and tranquil.

瞑想風景です。カンボジアで一番好きな場所です。

 

img_0594Standing riding. Please be careful just in case.

帰り道、仕事帰りの女性グループを見かけました。立ち乗り、です。

 

 

 

img_0639A driver and my friend Nathan. He majors in architecture in US. I was just reading an English architecture book, so I got many things relating to architecture from him on the way to and back from Oudong. I found some new ways of seeing buildings and it enabled me to enjoy everyday much more! No diversity, no pleasure.

ドライバーとNathanです。

Nathanはアメリカで建築学を専攻していて、ちょうど私が洋書の建築学の本(ジョージア時代などその辺り)を読んでいた事もあり、道中いろんなことを教えてもらいました。建物を見た時にこれまでと違う観点で見られるので、面白いです。同じ風景を見ていても人によって目に留まるものは違うと思いますし、専門的に勉強している人だとなお違って興味深いです。いろんな視点があるのは、やはり楽しいです!

 

 

img_5462Location of Oudong.

ウドンの場所です。

 

 

 

 

img_1036I wanted to come here. On the map, the Mekong is on your right and the Tonle Sap is on your left.

ここにきてみました。

地図上の右がメコン川、左がトンレサップ湖から流れてくるトンレサップ川、この二つが合流する場所です。
This is the Mekong.

これがメコン川。

 


This is the Tonle Sap.

こちらがトンレサップ川です。

 


From sky. The river in the back is the Mekong and the river in the front is the Tonle Sap. You can see the different colors.

ちなみに空から見るとこんな違いがあります。奥がメコン川、手前がトンレサップ川です。色が明らかに違いますよね。近くで見るとどちらも茶色に見えるのですが、たまたまかも知れませんが離れると違っていました。

 

​On the way to zoo! You can see four videos and feel the change of mood. At first, Phnom Penh!

次は動物園へ行く途中です! 都市部から田舎への移り変わりを動画でご紹介します。 まずはプノンペン周辺。

 

​Middle point between Phnom Penh and zoo.

プノンペンと目的地の中間地点。

 

​Getting close to the zoo.

目的地周辺。

 

​Around the zoo gate.

目的地入口前。

 

When they see visitors, they come together to sell bananas or potatoes for animal feeding. She was really lively.

入口では客を見つけると青年達がバナナや芋など動物のエサを売りにきます。 ノリノリですね。笑

 

 

I watched to exchange elephant’s artificial

leg.

象の義足の交換を見学してきました。

 

​This is a movie where the elephant was walking. There are some problems but totally it’s fine.

実際に歩いている動画です。足裏の摩擦が弱いのと、体重をまっすぐかけられていないので問題は山積みですが、無いよりは良いかなといった印象でした。滑らないか心配です。

 

 

Location of the Wildlife rescue center.

野生動物保護センターの場所です。

 

 

Banana was inside sticky rice cake. That was purple, so I was afraid perhaps it was… but anyway that was nice!

食べ物コーナーです!まずは、ちまき。中身は、バナナを餅米でくるんだものでした。紫色をしていたので、「えっ、これは悪くなっているものでは。」とかなり躊躇しましたが、おいしかったです。

 

 

 

They eat bitter gourds that are popular in Japan. They usually put pork mince inside it.

苦瓜もたべるみたいです!これは苦瓜の中に豚のミンチが詰められている料理です。苦かったです。

 


I wrote that I would give snails to my friend at first when my friend came to Cambodia at second blog. But I ate them at first without notice.

以前のブログで「カタツムリは友人が来た際に食べさせてみようと思います。」と言っていましたが、先に食べる事になりました。食べた後にカタツムリだと知らされました。

 

This is made out of potatoes, coconuts and sugar. Delicious!

これは芋をココナッツ等であえたもので、大学芋と全く同じ味でした。子供の頃好きだったので、懐かしかったです。

 

I went to KFC. It is a new pattern, ever.

KFCへ行ってみました。斬新な組み合わせです。

 

 

 

 

Small intestines of hogs, a piece of fish and a little deep fried bird. I was so surprised at these when I saw them at first. But it was less than a spider impact!! haha

豚の小腸と、魚の切れ端と、小さな鳥の素揚げです。最初見たときはいろんな意味で言葉が出ませんでしたが、クモを超える衝撃は今の所経験していません。笑

 

It is mysterious food. It’s so hard to describe but so good!!

味は違いますが、葉や餅米の食感は少し桜餅ににていて、酸っぱいおかずです。エビなどが入っていて、美味しいです。

 

I got a very weird fruit from my colleague.

よくわからない果物をもらいました。 味は覚えていませんが、美味しかったんだと思います。

 

Fruits pickles with spicy sauce.

左下の皿の中にあるのは、果物のピクルスです。ブドウやマッカァなどいろんなものが入っています。

 

At this time, with new black sauce. You can’t imagine its taste until you try it and I can’t describe it.

例のソースだけでなく、新たな黒いものが追加されました。味は。。。食べた人にしか分からない味です。

 

img_1041This is a soup noodle and I need to put vegetable on my right when I eat it. Why isn’t it put in the soup before it’s served to me? No idea. I think that these leaves could have good smell right after put into the soup. But I couldn’t the all leaves due to too strong smell. haha

これはスープヌードルで、左の野菜を自分でスープに入れて食べます。なぜわざわざ自分でいれるのか、それは聞かないでください。きっと入れたて時に香りが一番強いからだと思います。私は香りが強すぎてもやしだけしか食べられませんでした。

 

Silkworms. After they worked hard to make silk and …

蚕です。かわいらしい小さな袋ですが、入っているのは虫です。散々絹をとられた後に…と思いましたが、効果的な活用でしょうか。

 

It didn’t agree with me, at all. I’m sorry for my colleague but I can’t!! haha

非常に…私の口には合いませんでした。くれた同僚の気持ちを思うと胸が痛かったのですが、これだけはダメでした。

 

 

This is a fertilized egg of duck. I know that you don’t want to know about the detail, but texture depends on its development phase. Taste is like just a boiled egg.

こちらはアヒルの有精卵です。食べる卵によって発育段階が違います。詳細は書きませんが、食感が全てを物語っていました。くちばし。。。味はゆで卵です。

 

Yes, crickets. I’ve never eaten it yet. But someday, sometime,,, I think it’s easier to eat it than spider. But…anyway I have to face Cambodia! haha

市場に売られていたコオロギです。まだ食べていません。笑  「これ食べた?」と聞かれとっさに「去年シェムリアップ行った時に食べたよ。」と嘘をついてしまいました。カンボジアを拒否している感じがしているので、そのうち食べてみようと思います。

 

Lizards! I’ve never eaten it yet. But someday, sometime,,,

トカゲです。こちらもまだ食べていませんが、そのうちチャレンジしてみます!

 

I got really surprised… We will never see such a set in Japan. But it is good for food education in a way.

食べ物最後は鍋セットです。衝撃過ぎて目を疑いましたが、生きるという事はこういう事だと教育するには良いかもしれません。小さな頃から見ていれば、気持ち悪いと言った感覚もなくなると思います。

 

You can see chickens on the backseat of motorbike. They were alive! I felt like that this is life.

黒い柱に左側に、生きたまま鶏を運んでいるバイクを見つけました。これまた衝撃的でしたが、生きる事ってこういうことなんだなと毎日発見があります。美味しく食べられた事を願います。

 

A mobile clothing shop!! It was tough because it was rainy. I didn’t buy anything but hoped that his business went well. haha

出張洋服屋さんを見つけました! 雨の中大変ですね。私は買いませんが、売れる事を願っておきました。

 

I forgot to upload this last time. I found this at AEON mall.

前回載せ忘れましたが、先日イオンに行った時に見つけました。

 

It is also easy to find!

こちらも。かなり目立っていました。

 

I just thought that neighbors were doing something again,

以前は自宅から外を見た時に「また何かやってるなー」と思っていた所に、

 

And I found myself joining the drinking party in the end!! lol

私も参加するようになりました。笑. どんどんカンボジアに入り込んでいます。

 

 

I had cared about sanitation of food and beer, but I was drunk and those worries were gone away. haha

食べ物も、飲み物も、正直衛生面が気になっていましたが、酔ったら最後ですね。

 

img_5457This is the last shot where I am writing a blog with coke and CNN.

そしてようやく最後の写真です。このような感じで、お酒があまり好きではないのでコーラとCNNの組み合わせでブログを書いています。

 

That’s it!! Thank you for your sparing time with my blog 😛

 

I will post about “what I got surprised at in Cambodia”, “Project #3 (malarai)” and “Impression of Cambodia by working at field”.

Stay with me!!

See you next time, bye-bye!!

 

以上が今回の内容です!お付き合いいただきありがとうございました。

ちなみにタイトルは、何も思い浮かばなかったので学生の頃からよく聴いている薬学部出身のアーティストの名前にしました。中国の薬草「決明子」が由来で、”すべて出し尽くす”という意味があるそうなので。やる気が無いわけではないですが、”トレイン”など、昔よく聴いていた曲を聴いて「この頃はああだったな」などとやる気をあげています。笑

MAに異動したばかりの頃、チームの先輩の加藤さんとケツメイシの話をしていて、メンバーの一人とGSK(厳密には合併する前の会社)の新人研修が一緒だったと聞いてかなり驚いた事がとても印象に残っています。

 

さて、

次回は、「(仮)カンボジアで驚いた事」「プロジェクト③(マラリア)」「フィールドワークから見たカンボジア第一弾」についてご紹介します!

 

それではお楽しみに!!!

 

1st blog: My PULSE jorney

https://gskpulsevolunteers.com/2017/07/12/my-pulse-journey/

2nd blog: Let’s activate!!

https://gskpulsevolunteers.com/2017/07/30/lets-activate/

3rd blog: Keep my mind as open as when I began.

https://gskpulsevolunteers.com/2017/08/21/keep-my-mind-as-open-as-when-i-began-%EF%BB%BF/

 

Additional

Information

・A movie relating to Cambodia: FIRST THEY KILLED MY FATHER Filmed by Angelina Jolie

She adopted a Cambodian boy, so there are some information that she acts for Cambodia.

ポルポト政権時代を生き延びた少女をアンジェリーナ・ジョリーが映画化したものです。

前回もクモの写真でアンジェリーナ・ジョリーの話をしましたが、特別ファンということではなく、彼女がカンボジアの少年を養子にした事からカンボジアに関する活動がいくつか紹介されている背景があります。

また、一ノ瀬泰造さんという報道写真家もポルポト時代にカンボジアで活躍されていたそうです。

ご興味がある方は検索してみてください。