September 11

Tags

Remember Workshops for the first time

JENMy first Workshop in June

 AUW_woekshop_IMG_4045

I participated in ae workshop with student of AUW1 ,then we discussed gender gap in the world and good organization. Also, I joined an another workshop as a PR staff about thinking media strategy. It is my first experience because in GSK I am responsible for clinical trials operations, R&D.

※1 The Asian University for Women seeks to graduate women who will be skilled and innovative professionals, service-oriented leaders, and promoters of intercultural understanding and sustainable human and economic development in Asia and throughout the world.

 

This is a memory of AUW workshop.

The workshop is a method of learning but I felt something is wrong. I couldn’t notice what the feeling is. After discussion with them, I got their feedback and some stories from previous international students. I recognized the feelings.

AUW_woekshop_IMG_4062 

In the beginning, I thought that their thought and attitude were true to themselves. But their honest thought is unexpected for me. It was surprise for me to have this synergy which is people from different background. (Especially the thought of good organization is different from me because there are a big gap about their country background and their familys income level.)

So, their situation is far from the ideal. They are so smart, so they can discuss very well, regardless the gap. Theorically sounds beautiful, but practically unachievable. (Sad, but true…) 

We should not ignore the gap between ideal and reality. We should think about how to bridge the gap and how to give consideration to their feelings.

 

I believe “every human being has a precious life of equal value”. I heard this phrase from JEN which is my NGO in PULSE. I agree with it and I believe in a world where we live in peace, harmony and generosity.

 

 

 

It was one of the most memorable experience I ever had.

★私がPULSE参加したばかりの頃(72週目頃)の話です。

アジア女子大学1の学生と一緒にWorkshopを行ったり、メディア研修をうけて外部への発信戦略について考えたりしていました。アジア女子大学とのWSでは、各国でのGender Gapについて学んだり、よい組織や支援Projectを実施するために必要なことをDiscussionしました。医薬品開発の仕事時代には、縁遠かったメディア戦略について考えるなど、刺激的でInputの多い時間でした。

↓これはメディア研修の時の写真です。

 2017.7.14_communicationWS

その時の思い出をひとつ。

 

アジア女子大学の学生とWSしていた中で感じたことの一つに、“理想と現実とのGAP”がありました。1アジア女子大学(AUW)は、南アジアおよび東南アジアで不平等な待遇を受けている女性たちに高等教育を提供する大学です。アジア女子大学の教育方針は世界レベルの教育を通して優秀な女性たちを、地域社会が必要としているリーダーへと育てることです。教養課程と専門教育課程を設置することにより知識と専門技術を習得することができます。

Discussion時には、議論も進み何も感じなかったのですが、Discussion終了後にFBを聞くとWSには素直に参加していても自身の生まれた環境や国とのGAPを実感していることが分かった。彼女たちはとても頭がいいので、机上の論議でとてもスムーズにDiscussionができます。しかし、心の奥深くでは理想と現実のGAPをひしひしと感じており、自身の国では不可能だ、日本や先進国だからできるんだと感じていたようでした。(悲しい現実ですが。)

 

GAPに目を背けるのではなく、いかにこのGAPを埋めることができるのか、そして私たちはいかにその人たちに寄りそうことができるか。それを考えなければいけないな、と思いました。JEN(私が働いているNGO)では、「人間にはひとりひとりに、かけがえのないいのちがあり等しく固有の価値がある」とのVisionを打ち出しています。私も同じ想いです。

↓集合写真です。たくさんの気づきをありがとうございました!

IMG_4100

 

GSKにいる時とは異なり、JENSupportしているのは本当にBackgroundが大きく異なる人たちのSupportです。どうやってその人たちの立場にたって考えるか、いつも考えています。こんな視点もGSKに持ち帰ることができるように業務に取り組んでいきたいと思います。

 

そんな時はこの写真を思い出して頑張っています:)

写真