August 21

Tags

Keep my mind as open as when I began.

 

 

↑At the Face to Face PULSE global training at the end of May in Japan. I do remember the feelings that I felt when I’ve got a PULSE offer and joined this training. I hope to keep my mind as open as when I began. I will introduce othe PULSE assignees from Asia next timie to let you understand PULSE volunteer better.

5月に行われたFace to Faceトレーニング後の壮行会の写真です。お忙しい中フォシェさんと加奈子さん、コミュニケーション部の皆様、過去のPULSE参加者が来てくださいました。合格した時や、研修での気持ちを忘れないで過ごしたいです。次回の投稿で研修が一緒だった他のPULSE参加者について紹介させていただきます。


↑THE BEGINNING OF THE DAY.

It is the sun in the morning. You can see how big the sun is.

この太陽の大きさ、日射しの強さと暑さを想像していただけるかと思います。毎日こんな大きな太陽を見て暑く感じますが、「1日の始まり」という感じがして清々しくも思います。

 

 

Hi, all.

This is the third posting.

Though I can’t believe it, one month has passed since I came here Cambodia.

 

I got some messages toward my announcement of the blog from colleagues such as “I want to grow up with your blog”, “I’ll apply for PULSE next time”, “I’ve started to challenge something new”, “I believe in you. I’m looking forward to next blog”, “I was really inspired by your post”,  “I didn’t know that we can do like what you do through PULSE. I’m going to look for and get a chance inside GSK like you” and so on.

I got really happy to know that I have some people who read my blog and I felt that how excited getting feedbacks is!

I could have such a precious experience in my life, so I have to make a change somehow. But there are many colleagues who can increase opportunities to grow up from other’s experiences. It is the most important thing because life is limited and you can’t experience everything. I noticed that offering information is my job but I am learning from those who get information from me.

In order to make the most of my experiences, I am updating my blog with a point of view of people who read my blog.

Thanks!!

 

Though I forgot to do “closing” last time, I share “Troubles I am facing”, “Project #1” and “Phnom Penh and history of Cambodia”.

I uploaded bunch of photos this time too! I hope that you could enjoy them and feel like you are in Cambodia.

– Project #1means Dengue, Project #2 means Anti-microbials and Project #3 means Malaria. I give you a bit more details of those project than ever in three parts.

 

So, here goes the main part.

 

< Troubles I am facing >

I posted past two blogs like everything went well, but that’s not true. haha

I knew that I would have some difficulty communicating with Cambodian people in English. Some people have too strong accents to understand, so I often get into a situation that they can understand what I mean but I can’t understand what they mean. Others seem to talk with each other without any difficulty, so those cases sometimes may even make me afraid to talk with them and make me a little nervous. To make it better, I am trying to spend more time with them and now I am getting accustomed to hearing their English, slightly. There are a lot of people who doesn’t speak English as first language like me in the world. Now by having open mind to anyone and setting common goals with others, I’m getting the hang of going well with those people. Though I thought that I understood it, I’m learning how important “trying to understand others” is and it is really precious when I talk with people in Japan. And also I need to make positive atmosphere, where anyone feels free to tell their opinions for my goal in life.

And also I have a hard time with different values. Suppose that there is certain problem relating animals and humans that cannot be solved without support from the Ministry of Health, the Ministry of Agriculture, Forestry & Fisheries, the Ministry of Environment, University (Medicine and Veterinary Medicine) and private sectors. I tried to contact with the Ministry of Health but one of my colleagues said, “the Ministry of Health has nothing to do with anti-microbial resistance problems in Cambodia. You have nothing that you can do with them.” Our conversation was finished. We need to evaluate and improve the impact for human caused by animals. Without their support, what do we implement the project for? I don’t intend to say that they are wrong. So I just listened to their opinions and explained why I thought that we needed to work with them. I understand that they have strong seniority culture such as people who are older than you are always right and that there are a lot of “problems” inside government because salary of official servants are surprisingly low. In other words, even though you claim reasonable and right things, nothing happens. To know their reasons of acting and saying before I intend to persuade them is essential to smoothly progress forward.

There are limitations that I can do now and it seems that to change the country is too big goal. But when I put many steps between “big goal” and what I can do now, I can effectively connect big goal with myself and then I can get myself much more motivated. The closer to something or someone they feel, I think, the more inspired by it or the person people are. It is same as when you tell something to others. People’s reaction depends on how much you can associate what you want to tell with them. Just do it to myself as well.

The process of “change yourself, change community and change GSK” is common with any process to accomplish goals. I’ll check my goal in life (global public heakth) against my PULSE experience ongoing just now and face my challenges everyday. So far, I worked inside MC Cambodia office a lot. At first, I ask MC staff to let me join outside meeting with government, universities and other organizations to explore and see the status quo. And I’ll get some chance to obtain “insights” from them by use of my MR and MSL experiences at GSK and it’lead to Next stage!!

 

 

 

 

 

<Project #1>

※MC: MalariaConsortium

I wrote more details about Dengue fever project.

You can divide vector control projects into 2 parts such as “pre-infection measures” and “post-infection measures”. Various and temporary measures such as insecticides and treatments for malaria (post-infection measures) were taken by some countries and organizations. Thanks to them, level of medical standards got heightened over the 15 years.

However, vector control projects were catching attentions because problems such as pesticide resistance and anti malaria drug resistance of mosquitos due to abuse and overdose of insecticide and enormous cost had occurred. We don’t have any treatment and prevention for Dengue virus, so Dengue projects were started with vector control. And plus, Aedes transmit not only Dengue virus but also Chikungunya virus and Zika virus. Vector control of Dengue is important in that way.

I can’t tell the detail of ongoing projects, so please imagine through past cases. So far, mass Dengue surveillance was conducted and projects relating to insecticides, bed nets and guppy fish followed it. Generally, they observed prospectively 2 or 3 arms regularly from baseline to end line and finally they evaluate the results. One is a control group and the other is a measure group. If you have 3 arms, one could be measure #1 group (bed nets and pesticides), other could be measure #2 group (pesticide only) and the other could be control. They don’ t do for control group, but it sometimes for just surveillance where had not been implemented before. We must keep monitoring on vector control because that new methods are not coming up every year and that we can’t exclude Dengue with only one time project. Basically “methods” of projects are similar to past ones and different point of my project from past is that we focus on public space.

The reason why we focus on public spaces depends on the character of mosquitos. Anopheles, which transmit Malaria, bite form dawn to dusk and Aedes, which transmit Dengue, bite daytime. When you think about when people get together at daytime, it is easy to understand the reason. Taking measures at home fit Malaria project and taking measures at public space fit Dengue virus. And also, children are vulnerable and get severe easily.

I show you similar example that MC did past.

Fundamentally, the aims of Dengue project are

#1 To investigate more effective ways of vector control.

#2 To reduce the number of Dengue cases in Cambodia.

Indicators could be a density of adult mosquitos in the area (e.g. the number of mosquitos trapped), a density of larvae in the area (e.g. the number of larvae sampled from water jars), resident’s knowledge about Dengue, their behaviors toward Dengue (e.g. use of bed net, breed of guppy fish, history of visiting hospital when they got fever, how many days they spent to visit hospital) and so on. MC staffs compared those regularly from the baseline to the end of the project. They have actions to each indicator and then evaluate affection, cost-performance and feasibility. Apparently, level of resident’s knowledge is a key to success this project.

 

And I tell you about what I am doing now.

After the project passed kind of a screening committee to get fund, we need to reconfirm scheduling along with the protocol, set small steps and arrange meetings to check our progress. Every organization does it as well. And I am creating SOPs, M&E (Monitoring & Evaluation), contents of application we use and materials to teach residents about Dengue. MC Cambodia doesn’t have much workforce, so we have some volunteers or contract employees each province. Those SOPs are for them and teachers and monks to conduct the project smoothly. It includes the details of their roles, the ways of dealing with urgent matters, how to use mosquito trap and others. M&E is a tool to make better performances and better results. I am putting information such as indicators to understand where we are and risk mitigations. On the vector control project, improving knowledge of residents is crucial. We have to give them questionnaires to understand their knowledge and we use s tablet application, ODK, to enter their answers to calculate the results. I’m trying to improve questionnaires and arranging those on the app. Creating materials include that posting a notice on Tuk-Tuk, making poster, having study meeting and refining strong message and sustainability.

 

 

↑Clinical Presentation Of Dengue.

 

Dengue virus summary

# Epidemiology

Dengue virus was transmitted between wild monkeys (native to Africa or Asia) and mosquitoes.

Asia records 70% of the global disease burden due to dengue.

# Character

There are four antigenically different serotypes of the virus (although there is report of 2013 that a fifth serotype has been found) DENV is an single stranded RNA positive-strand virus of the family Flaviviridae, genus Flavivirus.

However, cross-immunity to the other serotype after recovery is only partial and temporary. Subsequent infection by other serotypes increase the risk of developing severe dengue.

Dengue virus has certain proteins to inhibit JaK-STAT system to block host immune system. That’s because virus could proliferate in our body.

When Denue virus get into our body, they infect Langerhans cells and in turn Monocytes and leucocytes. Sometimes, the virus infect other organs like liver (less plasma proteins→plasma leakage→subcutaneous bleedings and decrease of blood presure due to loss of volume of blood) and bone marrows (thrombopenia).

There are 4 cell recepters for Dengue virus to infect our cells. But two of them, ICAM3 and CD209, are important.

# Vector

Aedes spp. They bite people at daytime.

When mosquito bites dengue infected patients, Dengue virus gets into mosquito’s body. And when the mosquito bites others, Dengue virus transmit to humans.

Note that Dengue virus need 4 to 10 days after they got into mosquito’s body to proliferate enough to transmit it to others.

# Symptoms

50-70% of patients show asymptomatic. That’s why people carry Dengue virus all over the world without awareness.

Dengue fever: Symptoms, which usually begin 3 to 7 days after infection and last for about 10 days, may include sudden high fever, severe headaches, pain behind the eyes, severe joint and muscle pain and so on. Fever could be often bimodal.

Dengue hemorrhagic fever: Symptoms, which usually begin after Dengue fever, may include sudden plasma leakage, bleeding under the skin and so forth. Severe symptoms often occur when Dengue fever is getting back to normal temperature.

# Diagnosis

Pathogen diagnosis: RT-PCR

Serum diagnosis: immunoglobulin M (IgM)-antibody capture enzyme-linked immunosorbent assay (ELISA)、haemagglutination inhibition assay.

Note that you can find that antibody values for Japanese encephalitis are heightened due to past infection with Dengue virus.

# Treatment

Symptomatic treatment: transfusion (infusion) and antipyretic analgesics.

Contradication: Kinds of Salicylic acid due to that they encourage hamorrhagic diathesis.

# Prevention

The Dengue vaccines have received approval in 14 countries but there are some limitations such as they can’t perfectly prevent from infection and there are some unknown points. There is no way to prevent Dengue virus except avoiding being bitten by mosquitos.

 

 

<Phnom Penh and history of Cambodia>

I introduced Cambodia to you last time. At this time, I’m introducing Phnom Penh to you!! Phnom Penh is not a province and doesn’t belong to it. But it’s almost same as province.

Note that these are for reference only.

Phnom Penh Tokyo
Area 678.46 km2 2,190.75 km2
Population 2,200,000 約13,700,000
Altitude 39 ft 131 ft
Average temperature 28℃

March, April and May are called intense heat period and it rises over 40℃

16℃
Average humid 77% 62%
Annual precipitation 1,400mm 1,400mm
Season Dry season: Nov. to Mar.

Rainy Season: Apr. to Oct.

Spring: Mar. to May.

Summer: Jun. to Aug.

Fall: Sep. to Nov.

Winter: Dec. to Feb.

Japanese companies more than 220
Sister city relationship Kita-kyushu city, Fukuoka Jakarta

↑I need to understand geographical characteristics in Cambodia to think about our project strategically. But I have a bad memory, so I drew it. The red area is Phnom Penh. This fits my style and helps me because I sometimes go to an area where I can’t use my phone smoothly. There are some gaps between writing in English and pronouncing in Khmer, so it is hard to remember. Anyway, now I am getting very attached to Cambodia!! haha

 

History in Cambodia

As you may know, I think, one of the most famous, impactful and horrible incidence is genocide at Pol Pot era. It is essential for getting better comprehension of Cambodia to understand their history and current situation, so I give you some information about it.

late 1800s to mid 1900s: Cambodia had been colonized by France.

1975〜1979: Pol Pot (Khmer), who was a communist, killed 3 millions Cambodians. The population of Cambodia was about 8 millions, so it was estimated that 1 person in 3 of the population were killed.

Pol Pot had been to France to learn the Radio and Electronic Engineering in 1940s and he entered a communist party in Cambodia later. He was strongly inspired by Mao Tse-tung and became a teacher to spread revolution theory. 80% of population in Cambodia was suffered from poverty at that time and he tried to blame people who lived in “city” for it. He brainwashed some youth who didn’t get educated enough as child soldiers and he led Khmer Rounges to break cities and the system completely.

They killed preferentially “the Intellectual Class” to break the system easily such as doctors, teachers, architect, people who wore glasses and their family to prevent revenge. They burned historical books, banned passing over traditional cultures and forced others except the intellectual to dispersal to local areas. Pol Pot challenged to get an ultimate fair.

They planed thoroughly to remove victim’s pride, route and hope. At first, they took victim’s cloths, forced them to confess or write untrue statement by torture, brainwashed and killed.

It happened obly 40 years bsfore. It is 40 years ago. Pol Pot broke everything that was developed over years. It could be education system, government system, social infrastructure and others. I think that it still affects “now” like level of education and medical standard.

I heard some recorded stories from survivors and they said that why they didn’t commit suicide was that they had dreams and hopes for the future in their minds anytime.

It is really sad event on their history but I recognized that having dreams and hopes include infinite power to drive you to do something even if you were in tough situation. I think that this links to GSK’s  “do more, feel better and live longer”. Before we say that, we need to do it on our own to get people feel same as well.

 

こんにちは。

3回目の更新です!

前回のブログ更新から1ヶ月が過ぎました。本当にあっという間でした。

前回、前々回のブログの更新のお知らせメールに対して、

「岩田に負けずに頑張る!」「自分も新しい事に挑戦し始めた!」「今の業務をもっといろんな角度から成長に繋げようと思う!」「やる気がでた!」「PULSEでこんなことができるなんて知らなかった!社内のいろんなチャンスに挑戦しようと思う!」「次のPULSEに応募したい!」などいろんな反応を頂きました。ありがとうございました。

単純に、見てくださっている人がいるんだなということと、誰かに反応してもらえることがこんなにも嬉しいことなんだなと、改めて実感しました。

私は自分自身が貴重な経験をするチャンスを頂いているので、変化を起こさなければ行けない立場ですが、私(他者)の経験からご自身の業務やキャリアにいろんな取り入れ方をされている先輩や同期、後輩を見て、とても多くの刺激を頂いています。確かに自分の人生で自分自身が経験できる事には限界があり、いかに人の経験を自分の物にしていく視点を持てるかが重要なんだと、改めて教えて頂いています。

PULSEに応募した時から自分の変化は始まっていますが、この経験を自分の中だけにとどめないよう、見てくださっている人の気持ちを意識して引き続きブログを更新して行きます!

 

現状(健康)についてですが、

3週間くらい前に、(普段は塗らないのですが)日焼け止めにアレルギーが出てしまい、点滴と数日の経口ステロイドを飲む事になってしまいました。だいぶましになりましたが、かゆくて眠れない日がしばらく続いていて、痒み自体もそうですし、ステロイドでべたべたしたり、ずっと症状に気を取られていて集中できなかったり、治るのかな、など少しストレスがかかっていました。栃木でMRとして皮膚科を回っていた頃にHCPと話していたことを思い出しました。。。

今はかなり良くなってきていますし、それ以外は好調です^^

息抜きには、友達と飲みに行ったり観光したり、デーブスペクターのくだらないtwitterを見たりしています。自宅にいるときはCNNを付けっぱなしにしてひたすらニュースを見ています。CNNはテキサスの洪水と北朝鮮のミサイルの話題でもちきりです。

 

前回肝心のクロージングをし忘れてしまいましたが、

今回は「直面している悩み」「プロジェクト」「プノンペン情報、カンボジアの歴史」についてご紹介します。今回もたくさんの写真を載せていますので、ぜひご覧ください。1ヶ月分です。

※プロジェクト①はデング熱、プロジェクト②は抗生剤耐性菌、プロジェクト③はマラリアと、3回に分けてこれまでの内容よりも少し詳しい内容についてご紹介します。

それでは本題に入ります。

 

 

<直面している悩み>

前回までは全てが順調かのように書いていましたが、そんなことはありません。

こちらに来る前から想定していた通り、「言葉」にとても悩んでいます。ヨーロッパの人とは特に問題は無いのですが、カンボジア人が英語で何を言っているのかなかなか理解できない場面が多く、話すのが億劫に感じる事さえあります。カンボジアの訛に1ヶ月経ってもなじめず、一方でオフィスの人達は普通に英語で会話をしているので、焦りすら感じていました。相手は話しても私が理解できないので、次第に不和と言いますか、なんだか良くない空気が流れることもあったりしました。

「わからない」と構えてしまっている自分側の影響も大きいだろうと思い、より積極的に話す時間や関わる時間を増やすことで、来た時よりは幾分わかるようになってきました。(自分もそうですが)世界全体をみると英語を母国語にしていない人口が圧倒的に多いので、「開いた心」を持ち「共通の目標」を持たなければ「世界の公衆衛生を」などと言っていられないです。わかっていたつもりでしたが、「相手をわかろうとする気持ち」がいかに大切かを日々考えさせられています。日本人同士でもとても重要な考えだと思うので、相手が誰であってもそのような心持で日々過ごします。相手が話しやすい空気作りもこれまで以上に意識していきたいと思います。

また、「状況を改善していく」ということが上手く伝わらず、価値観の違いにも苦労しています。例えば抗生剤耐性プロジェクトで保健省(日本で言う厚労省)、農水省、環境省、大学(医学部、獣医学部)、民間で協力しなければ解決できない問題があったとします。

保健省の人とコンタクトを取ろうとすると、「カンボジアでは抗生剤耐性に関しては農水省しか関与しないのでコンタクトをとる意味が無い。」で話が終わってしまったことがありました。他にも「それはカンボジアではできない。」と言われることがよくありました。カンボジアではそうかもしれませんし、私の考えを押し付けようと思っているわけでもありません。ただ、「動物に起因する問題が人へどの程度影響があるかを調べる、またはその状況を改善しようとしているのに、保健省の協力がなかったらいったい何のためにやるのか?」と、ふと思ってしまいました。よくよく話を聞いて行くと「カンボジアでは年功序列に逆らえない」「公務員の低賃金が理由で収賄が横行している」など、しがらみがいろいろあっての返答だったようです。

私にできることは限られていますし、「国を変える」というのは大それた目標ですが、それでも最終的な「理想」と「今自分にできること」の間にたくさんのステップを置くことで、どんなに無謀に思えることでも自分と目標を効果的に関連付け、前進するモチベーションにつなげられます。誰かを説得したり、交渉したりする時には、自分が考えていることを、いかに聞き手と具体的に関連付けるかで相手の反応は変わりますよね。それを自分自身にも意識的にやるということです。「自分に関係がある」と思うと沸いてくる力や気持ちが違います。

PULSEが掲げている「自分を変えて、NGOを変えて、GSKを変える」という過程は、どんな目標を達成するときにも絶対に通る共通の過程なので、小さな変化(自分の変化)を、広範囲(MCカンボジア)に広げていく今まさに体験していることを、「世界の公衆衛生を改善し、世界経済を回す!」ことに照らし合わせながら日々取り組みたいと思います。まずは協力が得られるかは別として、これまでは内部での業務が多かったので外部の会議に参加させてもらい、様々な政府関係者や大学などとコンタクトをとり、これまで同僚から聞いて「想像」していたことを具体化しながら現状把握を行います。その過程でMRやMSLの活動を通して培ったコミュニケーションの経験をいかし、「相手が何を求めているのか。何がドライバーになるのか。」insightを引き出す機会を作り、次につなげようと思います。

 

 

<プロジェクト①>

前回は全体像をメインにお伝えしました。

本来であれば、東南アジアでの感染者数、カンボジアでの感染者数、を示し、医療費など医学経済的な数値を示してご紹介したかったのですが、文献によって数値にばらつきが多くご紹介しにくい状況です。

こちらに関してはプロジェクトを進める中で何か掴めた物があれば都度ご紹介させていただきます。

今回はベクターコントロールの概念を少しお伝えして、デング熱プロジェクトに関して「今やっている事」をもう少し詳しくご紹介します。

途上国での蚊媒介性感染症の対策は、「感染後対策」と「感染前対策」があり、過去15年くらいは殺虫剤やマラリアの治療薬による対策など諸外国・組織の協力で様々な対策(どちらかと言うとその場しのぎの感染後対策)がなされてきました。このおかげで以前よりは医療機関側の質は上がってきています。しかし、薬剤の乱用・過剰使用による蚊の殺虫剤への耐性獲得、マラリアの抗マラリア薬耐性獲得、莫大な費用などが原因で、徐々に、蚊帳の普及、蚊の発生予防活動をはじめとしたベクターコントロール(感染前対策)へ注目が集まってきました。デング熱の場合は、有効な治療法やワクチンがそもそもないことから初めからベクターコントロールに焦点があたっています。ちなみに、デング熱を媒介するAedes属の蚊は、チクングニヤ熱やジカ熱も媒介するので、Aedes属のコントロールは非常に価値が高いです。経済損失を考えると、日本でのリスク管理も非常に重要です。

今進行中のプロジェクトの詳細はお伝えできないので過去の例を参考に現在のプロジェクトをイメージして頂けたらと思います。

これまで大規模デング熱現状把握調査がまず行われ、それに対応する形で殺虫剤、ベッドネットやグッピーの普及活動が次いで行われてきました。だいたいの場合、2つから3つの群(アーム)に分け、一つを「コントロール群」、もう一つを対策群としてプロスペクティブに観察し、ベースラインから定期的に観測する事で観察期間中にどのような変化があったかを見ます(3群比較の場合は例えば①ベッドネット+殺虫剤、②殺虫剤のみ、③コントロール群、などと組み合わせを比較したりします)。対照群には何もしませんが、これは過去に対策がなされていない地区の「現状把握」として組み込まれたりします。毎年必ず新たな予防方法が開発されるわけではない事と、1回のプロジェクトでその地区からデング熱を撲滅できるわけではない事から、ベクターコントロールは同じような方法で継続してモニタリングする必要があります。今の私のプロジェクトの新しい点は、対象を「公共の場」にしている事です。

「公共の場」に絞られている理由は蚊の特性を元に考えられており、マラリアを媒介する蚊は「夕暮れ〜夜明け」にかけて吸血しますが、デング熱を媒介する蚊は日中に吸血します。明け方、日中、夜、「どこに人が集まるか?」を考えるとマラリアの場合は各家庭(朝・晩居る場所)での対策が、デング熱の場合は会社、学校、寺院(日中居る場所)での対策がとても効果的になる、ということです。また、刺されやすさや症状の重篤性は子供で高い(発見の遅れ、免疫機能など)とされていることも関係しています。

毎回、大まかに

①より効果的なベクターコントロールプランの検討

②カンボジアのデング熱症例数の削減

を目的としています。

指標は、蚊の分布(仕掛けたワナにかかった蚊の数)、幼体の分布(水瓶から採取された幼体の数)、住民の疾患・予防知識レベル(ベースラインから定期的に測定)、行動(蚊避けネットの使用、熱帯魚の飼育、発熱時に医療機関訪問の有無、医療機関訪問までの日数etc)などがあり、それぞれに対してアクションが決まっています。ベースラインの情報を元に、それぞれのアクションがどう結果に影響するか、費用対効果や実現性・再現性も含め定期的にモニタリングし、最終評価を行います。住民の知識・理解が律速なので、そこを確認・改善することが最も重要です。

 

ここからは具体的に「今」私が何をしているかについて書きます。

申請したプロジェクトが助成の審査を通過すると、プロトコールに沿ってスケジューリングを再確認し、細かいステップに落とし込み、会議を設定して行きます。これはどの会社でも業界でも同じですよね。私が現在デング熱プロジェクトで行っている業務は、プロトコールに沿った各種SOPの作成、M&Eの作成、使用するアプリのコンテンツ作成、資材作成です。

MCカンボジアだけではマンパワーが足りないので州ごと、地区でプロジェクトに合わせて指定・契約するボランティアがいます。ここで言うSOPとは、プロジェクトを円滑に勧めるため、関連する方々をトレーニングし、役割の詳細や問題が起きた時の対処方法などを伝える際に使う手順書のことを指します。学校の先生やお坊さん向けのSOPもあり、蚊を捕らえるワナの説明など、必要な情報を分かりやすく記載しています。

M&EはMonitoring & Evaluationのことで、端的に言うと「パフォーマンスや結果をより良くするためのプロセスを明示したもの」です。途中経過を把握する細かい指標や考えられるリスク、その緩和策などを記載しています。

また、ベクターコントロールでは住民の「正しい理解」がとても重要ですので、アンケートが必ず行われます。その際にはボランティアかMCカンボジアのスタッフが住民に質問をし、その場でタブレットに入力して行きます。過去の質問を元に今回聞くべき質問を会議で検討し、その決定に沿ってタブレットに入力しやすいようODKというアプリで質問表を作成しています。

資材作成は過去にはトゥクトゥクへの掲示、ポスター、勉強会などが行われているので、過去の資料に「メッセージ性」や「持続性」を更に加えられるようなアイデアや方法の考案をしています。

余談ですが、NGO業界でも透明性の観点から「支払い」条件が厳しくなっていたり、これまで出張手配を依頼していた部署なくなったりと、どこでも同じようなことが起きているんだなと感じました。

 

 

デング熱・デング出血熱の症状です。簡易版。

 

デング熱まめ知識

<疫学>

本来野生のサル(アフリカ、アジア原産)と蚊の間で循環していた。

アジアだけで世界のデング熱疾患負荷の70%を占めている。

<ウイルス学的特徴>

4類感染症

フラビウイルス科フラビウイルス属 一本鎖(+)RNAウイルス。

血清型はDENV-1、DENV-2、DENV-3、DENV-4の4つ(5つめの報告もあり)。

1つの型に感染すると、終生免疫を獲得する。

1度感染した後に他の血清型に感染すると重症化しやすい。

JaK-STAT系を阻害する蛋白をコードしており生態防御阻害により増殖する。

皮膚のランゲルハンス細胞に感染し、次いで単球、マクロファージへと拡大、全身へ広がり肝臓(血漿タンパク産生低下→膠質浸透圧低下→血管外漏出→皮下出血、水腫、血流量低下による血圧低下)や骨髄(血小板減少)にも影響を与える。

細胞受容体は4種類知られているが重要なのはICAM3とCD209の2つ。

<媒介>

Aedes属の蚊 日中に吸血する。

デング熱に感染した人の血液を蚊が吸血する事で蚊にウイルスが取り込まれ、その蚊が次に人の血液を吸血する際に、蚊から人にデング熱が媒介される。

※蚊の体内でデング熱ウイルスが十分に増殖するには4-10日必要。

<症状>

50-70%は無症状です。「気づかずに」デング熱が世界中に広がる最大の理由。

デング熱:感染3-7日後突然の熱で始まり、頭痛特に眼窩痛・筋肉痛・関節痛を伴うことが多く、発熱は二峰性になる事が多い。

デング出血熱:デング熱とほぼ同様に発症し経過した患者の一部において突然、血漿漏出と出血傾向を主症状とするデング出血熱となる。重篤な症状は、発熱が終わり平熱に戻りかけた時に起こることが特徴的。

<診断>

病原体診断:RT-PCR

血清診断:IgM捕捉ELISA、特異中和抗体価、HI抗体価の高値

※デングウイルス感染により日本脳炎ウイルス抗体価が上昇する例も多い。

<治療>

対症療法:輸液、解熱鎮痛剤(サリチル酸系は出血傾向を助長するため禁忌)。

<予防>

一部の国でワクチンが承認されているが、完全に感染予防する方法はない。蚊に刺されない工夫が必要。

 

<プノンペン情報、カンボジアの歴史>

前回はカンボジア全体のことをご紹介したので、今回はプノンペンについて紹介します!ちなみにプノンペンは州ではなく特別市とされていますが、州と同格です。

※あくまで統計上の参考値です。

プノンペン(特別市) 東京都
面積 678.46平方キロメートル 2,190.75平方キロメートル
人口 約220万人 約1,370万人
標高 39ft 131ft
平均気温 約28℃

3,4,5月が酷暑期で40℃を超える事もあります

約16℃
平均湿度 約77% 約62%
年間降水量 約1,400mm 約1,400mm
季節 乾季:11月〜3月

雨季:4月〜10月

※3、4、5月が酷暑期と言われ、40℃を越す日が出てくる。

春夏秋冬
関連日系企業数 約220社以上
姉妹友好都市 福岡県北九州市 東南アジアではジャカルタ

↑1度描くと位置関係を頭に入れやすいのと、カンボジアにもっと親しみを持ち、少しでも理解した上でプロジェクトに参加できるように最初に描きました。最初は訳が分かりませんでしたが、今は話しの中で名前が出ると5個くらいは場所が分かります。笑。英語の表記とクメール語の発音に乖離があるので難しいです。

 

カンボジアの歴史

カンボジアと言えば、やはりポルポト政権による大虐殺の影響が現在にとても大きく影響しており、現状を理解するのに非常に重要な時代なので簡単にご紹介させて頂きます。

※カンボジアは1800年代後半から1900年代中旬までフランスの統治下にありました。

〜ポルポト政権時代〜

1975年〜1979年の約4年間で、共産主義者であるポルポト(クメール人)により、約300万人のクメール人が虐殺されたそうです(茨城県の人口と同等数)。当時のカンボジアの人口が800万人なので、300万/800万人、人口の3人に1人が殺害された事になります。

ポルポトは1940年代にフランスに留学し、無線電子工学を学んだ後に共産党に入りました。毛沢東に強い憧れを持ち、教師になった後は革命理論を広げようとしていました。当時、カンボジア全人口の約8割が貧困に苦しんでおり、ポルポトは農民を善、都市住民を悪とし、貧困を全て都市住民のせいにしようと企みました。そこで農村部の、教育をまともに受けていない(洗脳しやすい)青年達(13歳前後)を少年・少女兵として洗脳し、クメールルージュ(ポルポトの組織名)を率いて都市部の解体に乗り出しました。

中でもいわゆる「知識層」は優先的に命を奪われ、医師、教師、建築家や眼鏡をかけている人など、それまで国の発展に貢献してきた人々の命を片端から奪い、それ以外の都市住民を農村部へ疎開させました。歴史的書物は焼き払い、伝統文化の継承も禁じ、究極の「平等」を推進したそうです。

詳細は省きますが、彼らの戦略は徹底されており、処刑を待つための収容所に入れる時には上半身の衣服をはぎ取ることで、誇りやルーツを奪い、拷問により虚偽の供述書を書かせ、洗脳し、処刑をしたそうです。

今からたった40年前です。一度教育基盤、社会基盤が完全に崩壊してしまったことが、現在の教育水準、医療水準に強く影響しているのだと感じました。

生き延びた方の録音された話を聞いた所、どんなに苦しくても自害しなかったのは「夢と希望」を心に持っていたから、だそうです。悲しい出来事ではありますが、夢をもつ、希望を持つという事の意味や力を教えてもらったような気がしました。
Enjoy bunch of photos!!

ここからは写真コーナーです!


↑Here is Phnom Penh circled red line. My apartment is located at the tip of the red arrow. It is sited in the center of the city.

この赤く囲われた所がプノンペンです。私が住んでいる場所はちょうど矢印の先端あたりで、一応街の中心部です。

 


↑From my room. You can see they have a gate solidly made. Every house has a gate like this. So, when I walk outside at night, it is weird and scary.

部屋からの写真です。どの家もしっかりとした門が家の前にあり、夜街を歩くととても不気味です。

 


↑My breakfast after I left a hotel. I usually don’t eat breakfast in Japan but I need to care about my health here, so I chose “Easy and fast”. haha

But I sometimes try “Cambodian” breakfast and I upload it next time.

ホテルを出てからはこんな朝ご飯を毎日食べています。カンボジアで定番の朝食もたまに食べるので、次回はそれをアップします。日本だとほとんど朝食を食べませんが、規則正しい生活で体調管理を目指しています。Sustainable活動を目指して。

↑These are almost all of my cloths. haha

Too small number? But I needed to bring more important things than them. And I was thinking to buy cloths to blend with Cambodian people. I buy some soon.

後何枚かありますが、日本から持ってきた服です。白か黒しかないように見えますが、白か黒しかありません。日本製品をいろいろ持ってきたので手荷物の重量の関係上服は大幅に省きました。カンボジアに溶け込むためにこっちで買おうと思っていたのでそろそろ買い物に行こうか悩んでます。

↑Detergents that I use in Cambodia!

使っている洗剤です。Downy好きではないのですが、クメール語が分からずこれにしました。真ん中の物は、もしかしたら漂白剤系なんじゃないかと思います。しっかり洗浄できているか心配です。

↑Just after I moved to this apartment, I had little dishes. A glass, a dish and spoon. Yes, it is only for cereal! Haha

越してきたばかりの時はたったこれだけの食器しかありませんでした。

↑But my landlord gave me a lot!! Happy

A month has passed since I got these from my landlord. But I’ve never used it, yet. haha

が、大家さんからたくさんいただきました。いただいて1ヶ月くらい経ちますが、未だに一度も使えていません。

↑I found house gecko’s pathway of entry.

ヤモリの侵入経路を突き止めました。

↑A gap in the door!!

ドアの隙間でした。

↑And I took a measure to cope with the situation by towel like this. Haha

タオル詰め込み塞いでみました。

 

↑Finished!

完成です。

↑But some came in somehow. I think they came inside while I’m out. I don’t know why but it was dead.

しかし侵入されてしまいました。そして、なぜかお亡くなりになっていました。悲劇です。

↑Road movie! I wanted to tell you that how dangerous the traffic in the South East Asia is. No traffic light, no south east asia. Haha

今回から動画も盛り込んでみました。再生出来るか分かりませんが、どれだけ危ない交通事情かお分かりいただけますでしょうか。これはまだ安全な方です。信号機が無い無法な交通があってこそ、東南アジア感がありますね。

↑Here I came, MC Cambodia office! I’m gonna do it!

オフィスの外観です!

↑I often find cats around MC office. He? She? is addicted to look for something. It’s tranquil and peaceful time.

敷地内にはよく猫がいます。何か探してますね。後ろに人間が居る事にも気づかず夢中です。

↑Rain movie. Listen to the sound. This is the rain in the south east Asia. They have a flood two times in a rainy season in Phnom Penh. One of co-worker said, “A flood has a lot of volume of water. You can swim when we have a flood. Though it too bad smell and dirty. haha” We don’t say that we could swim in Japan. haha

雨の動画です。この映像では雨の凄さは伝わりませんが、音が凄いのはお分かりいただけるかと。ちなみにプノンペン市内でも年に2回くらいは雨季に洪水が起こるそうです。結構な水量になるそうなので同僚に「泳げるよ!とんでもないにおいだけど。」と言われました。その状況は日本では泳げるとは言わないのです。

↑There are a lot of risks to get mosquitos around your daily life such as saucers of flowerpot, cracks on the road, side ditches and so on. We have to think what risk we have all the time to apply to and improve our situations.

鉢植えの受け皿や、道路の割れ目、側溝など、至る所に蚊が発生する要素が隠れています。このような何気ないリスクこそ環境の改善にとても重要です。もはや何を見ても蚊を連想してしまいます。

↑This green board is one of the measures to block the flood. I think, as you may know, that we can not prevent rain from leaking into the building. But it is useful to keep some little staffs inside our building.

この緑色の板は洪水のための対策です。お分かりかと思いますが、これでは水の浸入は防げません。物が流出するのはいくぶんか防げます。

↑Now I am offering some technical information relating to my projects!

This is a kind of SUMIRABU 2MR®, that is developed by Japanese famous company “Sumitomokagaku”, to prevent the growth of larvae. It is recommended by WHO officially. It is so easy to use. Just put into the water jar. It include pyriproxyfen, that is similar substance to insect hormone, to keep them being babies. That is, they can’t molt and transform into adult. And also it is much less harmful to mammals.

それでは業務に関連した写真もご紹介します。

これは住友科学が開発したスミラブ2MRという商品と同じ系統のボウフラの成長阻害に使う物です。スミラブ2MR はWHOから世界で初めて推奨された長期残存型蚊発生源処理樹脂製製剤だそうです。日本人としては何か嬉しいですね。使い方は簡単で、水瓶に入れるだけです。ピリプロキシフェン(PPF)という昆虫の成長ホルモン類似物質が含まれているため殺虫能力はありませんが脱皮や成虫への変態を止めます。哺乳類への害は殆ど無いです。

↑This is how we use it. It’s simple! The latest Sumirabu2MR remains its effect around 6 months. It’s good for cost-effectiveness.

水量によって小さく切ったりする必要はありますが、こんな感じで使います!説明入らずの優れものです。最新のスミラブ2MRだと6ヶ月も効果が持続するそうです。費用対効果と普及のしやすさに相当貢献しているようです。確か最新の物は1つ3ドルくらいだったと思います。

↑When volume of water decreased, you can see the wall of water jar. Some species of mosquitos lay eggs on the almost surface of water. Surprisingly, mosquitos predict that the level of water is moving up by rain.

このような感じで水面が下がると水瓶の壁面が露出します。そうするとある種類の蚊は雨による水面上昇を想定して壁面や水面ギリギリに卵を産みつけます。単なる本能/走性なんだと思いますが、少し驚きました。

↑Water jar after rain. We don’t have any risk that mosquitos lay eggs here because we keep guppy fish in these water jars. By the way, guppy fish sometimes jump out from water jar if you have too much water like this. You should check the level of water, sometimes.

雨が降った後の水瓶です。MCでは全ての水瓶でグッピーを飼っているので蚊が産卵するリスクは無いです。たまにグッピーが飛び出るので、どちらにしても水瓶の水量は確認が必要ですね。

↑This is the mosquito that sucked my blood. If I should be infected when I was beaten by it, this mosquito would be able to transmit Dengue virus in 4 to 10 days. You can see her body filled with my blood. She is too full to fly, so I caught her and gave it guppy.

この蚊は私の血を吸って、お腹いっぱいになりすぎて飛べなくなっていました。万が一私がデング熱に感染していた場合、この蚊は4-10日くらいすると他の人にデング熱を伝搬するようになります。例のラケットを使い、グッピーの餌食になりました。

​↑You can see why mosquito can’t lay eggs on the water where guppy fish live.

これが、グッピーがいる水瓶に蚊が卵を埋めない理由です。ちなみにグッピーは胎生で、卵ではなく赤ちゃんを産みます。グッピーがベクターコントロールに選ばれるのは餌をあげているだけで勝手に繁殖し持続的に対策できるからです。

↑We have a lot of water jars to rear guppy fish to save money on our projects. There are many water jars around our building.

本当にたくさんの水瓶でグッピーを飼育していて、プロジェクトでもグッピーを新たに購入しないで済み、節約になります。入口以外、建物を囲むように大量の水瓶が置いてあります。

 

↑One day, one incident, that is a kind of memorable for me, occurred. I found larvae in the pots. Oh my god!!

オフィスの中の、こんなところにボウフラが湧いていました。笑 疲れてボーっとしていたところ、何か動いているのが見えたのです。それはオフィスにたくさん蚊が居るはずです。灯台下暗し。いろいろ心配になってきました。

↑But I was more interested in which species they were than surprised, so I got them with a spuit.

驚きよりもどの種類なのかが気になり早速捕獲しました。

↑There were a lot! It seemed gross. I got them from other jars as well.

本当にたくさん居ました。他にも同じような容器からたくさん採取しました。最終的には全部グッピーの餌食に、しました。笑

↑And I put it on the slide with a drop of water. That reminded me of biology class at second school. haha

水滴とともにスライドガラスに載せます。中学生の生物の授業を思い出します。笑

↑And covered it.

そしてカバーガラスを載せます。

↑It stopped their move.

くねくね動いていたボウフラも、ぴしっと動けなくなります。

↑I used microscope that I used to identify the mosquito’s species before. It was not enough clear.

前回蚊の同定に使った顕微鏡で観察してみました。よくわかりません。笑

 

↑Next, I tried to use better one to identify the species.

今回は病理診断をするときと同じくらいの倍率で見れる顕微鏡を使ってみました。

↑It is quite different! It’s important that what kind of tools you use. Can you identify this larvae with next photo?

Note that next next photo has a clue. And next next next photo is the answer.

全然違いますね。はっきり見えます。それでは問題です!

このボウフラは次の写真の内どの種類でしょうか?次の次の写真にはヒントが、その次の写真には答えが載っていますのでご注意ください。

↑Choose your answer out of three.

3つの中から一つ選んでください。

 

↑The clue is the point pointed by red arrow. If you need, check the previous photo, again.

ヒントは赤い矢印で示している所です。

 


The answer! Did you choose right one? Easy? Difficult? Actually, I don’t identify the species of larvae in the fieldwork because we send them to laboratory. But it’s essential to understand the process to get a big picture of the project.

答えはAedesでした。

どうでしたでしょうか?見るべきポイントだけ抑えていればそれほど難しくないです。

実際のフィールドワークでは研究所にサンプルを全て送るので、我々は直接幼体の同定は行いません。それでもどんな方法で同定するのか、どんな違いがあるのかを理解している事はプロジェクトの全体像を把握するのには必要不可欠です。

 

↑One of other points. It seems a comb.

こんな所も鑑別に使えるみたいですです。クシのような構造です。

 

↑And the other. It’s like spikes structure.

これも同様です。棘状の構造が見えます。

↑This is my notebook for MC Cambodia. I took notes about past Dengue virus, Malaria, anti-microbial resistance, past projects, mosquitos, geography in Cambodia and notes of meetings. It’s good to summarize points and I can read it anywhere without phone, PC and connection of the Internet.

これはMC用のノートです。到着した日に用意したんですが、タイトルの字が小さいので少し緊張していたのかもしれません。笑 このノートにはデングウイルス、マラリア、抗生物質耐性などの専門知識、過去のプロジェクト、地理、会議のメモなどを書いています。要点の確認にも良いですし、携帯やPC、ネットが使えない環境でもすぐに確認できます。

↑Classification: Animalia, Arthropoda, Insecta, Diptera, Nematocera, family and species.

Flying ability: 50-100m (we decide distance between households by their flying ability to get samples on our projects).

Life span: Male→a few days, Female→more than 1 month and some of them overwinter.

Breeding: Once in a life. Female can keep sperm inside their body so that they can lay eggs many times.

Bloodsucking: Aedes→daytime, Anopheles→dawn to dusk. Only females after mated can suck blood. When the level of amino acid inside mosquito’s body rises, it triggers growth of eggs. Some specie favor human blood, others favor animal blood. Male sucks flower nectar and fruits to get carbohydrates.

Egg laying site: It depends on species. Almost all of surface of water and on the water. Dirty water, clean water, standing water and slow-moving water.

Others: Mosquitos have some protein in their saliva to prevent from dying by blood coagulating. It causes itching. Larvae clean water by eating organic and bacteria in the water.

 

分類:動物界、節足動物門、昆虫綱、ハエ目、カ亜科、属、種(写真参考)。

蚊の種類:3,000種類以上生息している(日本には100種類程度)。

飛行距離:50-100m(プロジェクトではサンプルを採る時に家が500m以上離れるように設定します。理由は飛行距離を考えそれぞれの家を独立対象とするためです)

寿命:雄は羽化後数日で死ぬが、メスは数ヶ月生き、越冬する種もいる。

繁殖:交尾は基本的に一生に一度。羽化後、交尾し、体内に貯蔵された精子でメスは4回程度産卵できる。交尾後4日程度で卵が成熟する。

吸血:Aedes属(デング)は日中、Anopheles属(マラリア)は日暮れ〜早朝。交尾後のメスのみが吸血する。吸血後、蚊の体内のアミノ酸上昇がトリガーとなり卵の発育が始まる。ヒトの血液を好む種と、動物の血液を好む種がいる。雄は花の密、果物から糖分を摂取する。

産卵場所:種類により、水際、水面にまとめるタイプと、水面にバラバラに産卵するタイプがいる。また、種類によりきれいな水、濁った水、流動的な水などを好む。

その他:蚊の体内で血液が固まると蚊が死亡してしまうため、凝固するのを防ぐため、蚊の唾液には血液凝固を阻害する蛋白があり、かゆみの原因にもなる。ボウフラは水中の有機物・バクテリアを食し水をきれいにするとされている。

↑Basic anatomy of mosquitos. Actually, I am learning more details.

蚊の解剖基礎です。実際にはもっと細かく勉強しています。

↑Lifecycle of mosquitos. Larvae molt 4 times. They complete their lifecycle around 10 days under 25℃ or 14 days under 20℃.

蚊の生活環です。幼体は4回の脱皮をします。25℃では10日、20℃では14日程度で生活環が完成します。

 


↑A picture of mosquito’s laying eggs. Real picture is better to understand, so google “mosquito lay eggs”!!

水面での産卵の様子です。笑  写真や動画で見ると衝撃的なのでぜひグーグルで”mosquito lay eggs”で検索してみてください。とても気持ち悪いです。

 


↑Identification of eggs, larvae, pupa and adults. This reminds me of identification of parasite’s eggs at vet school.

卵、幼体、成体の鑑別表です。寄生虫学で寄生虫の虫卵から寄生虫の種類を同定する勉強をしていたのを思い出します。それぞれ細かい違いがあり、興味深いです。

↑What do you think it is? I laughed when I saw this picture at first time. But this is a picture of mosquito drew by one of villagers to engage them in our project.

これ何に見えますか?蚊、らしいのですが、初めて見た時つい笑ってしまいました。これは村人のプロジェクト参加への関心を高めるために彼らにイラスト作成を依頼し、ポスターにして啓発活動に使う物です(hands-on)。engagement強化の一環です。

 

↑Other pictures drew by villagers. When they draw pictures on their own, they pay attention to our project much more. Left in the upper row: injection, Center in the upper row: use of bed nets, Right in the upper row: rear of guppy fish, Left in the middle row: keeping cloths away from mosquitoes, Right in the middle row: PPF, Left in the lower row: Cutting bush aroud their houses (because mosquitoes wast in the bush to bite humans), Center in the lower row: Cleaning the water jar. Right in the lower row: managing solid wastes.

このような形で様々な絵を描いてもらいます。何をしているかわかりますか?上段左:注射、上段中央:ベッドネットの使用、上段右:グッピーの飼育、中段左:衣服を収納することによる虫除け、中段右:住友化学のPPF使用、下段右:家の周囲の藪の手入れ(蚊は草木に隠れて吸血の機会を待つ習性があるためです。)、下段中央:水がめの掃除、下段右:廃棄物処理。 わかりにくい絵もありますが、実際には説明も加えるので、わかりやすさよりも住民が作成する事に意義があるようです。

↑This is the Impact Hub where many young entrepreneurs come, present and discuss about business. By joining and watching their presentation, I feel that you can’t realize how valuable your experiences are until you make use of your experiences. I’m always inspired here but I’m more excited to make friends than enything else!! haha

これはインパクト・ハブという場所で、若い起業家がプレゼンしたりしてビジネスチャンスを広げるような空間です。経験して満足するのではなく、経験した事を生かせた時にしか本当の価値が生まれないなーと、様々なことをビジネスにつなげる人を見ていて思います。いろんな刺激を貰えますし、カンボジアで友達が増えて行くことが何より嬉しいです!

↑Three type of Asian.haha I’m from Japan and others from Cambodia. If we can enjoy the diffences each other, the world will be more peaceful.

同じアジア人でも全然違いますね。笑 二人はカンボジア人で、一番右の方が典型的なクメール人の顔立ちです。誰と話しても、自分にはない考えを持っていて面白いです。お互いの違いを楽しめたら世界がもっと平和になるのになと、よく思います。

↑Farewell party for one of our co-workers leaving for France!

フランスに行く同僚の壮行会です!もう帰ってきません。

 

↑Yes, monks ride on the moto as well.

When you ride on Tuk-tuk, you can enjoy Cambodia through ears, eyes and nose. One of my co-workers told me that he prefered Japanese secoundhanded moto to Chinese or Korean new moto. I was surprised at their trust in Japanese products and I thought that I want to build up more trust between HCPs and GSK through working in Japan as GSK MSL.

お坊さんもバイクに乗ります。着ているものがタイヤに巻き込まれそうですが、気にしていないようです。

トゥクトゥクに乗っていると視覚でも聴覚でも嗅覚でもカンボジアを感じられます。昼間はトゥクトゥクやバイク、車のエンジンの音以外にも工事の音や談笑してる声、道端で調理している音が聞こえます。一方夜は静まり返っているのでエンジン音だけが街に響き渡ります。トゥクトゥクの音は農作業で使うトラクターの音に似ています。バイクはほとんどがHONDAで、たまにSUZUKIも見かけます。中国や韓国の新品のバイクを買うなら日本の中古のバイクを買うと、同僚が言っていました。日本製品の信頼度の高さに驚きますし、GSKの業務でも同じように信頼を構築していきたいなと思います。

↑This is an independent monument from France built in 1958 for a commemorative day of independence. It stands in the center of Phnom Penh.

これは1953年のフランスからの独立を記念して1958年に建造された独立記念塔です。アンコールワットの中央塔をモチーフにしているそうです。街の真ん中にそびえ立っています。

↑Location of independent monument.

独立記念碑の位置です。

↑Siver Pagoda in Royal palace where the King still lives. It is used when Royal families hold a Buddhism ceremony.

観光地ロイヤルパレスです。現在も王様が住んでいます。この写真はシルバーパゴダと言われるもので、王族の仏教関連行事に使われます。

↑You can see Cambodian designs everywhere.

屋根を支えているのはガルーダです。いろいろデザインの説明を受けましたが右から左に流れてしまいました。

 

↑Wall paintings. You can imagine their history when you see carefully.

壁画です。初めからしっかり見ると歴史がわかると思います。

 

↑Grave of the King.

王のお墓です。

↑Location of Royal Palace

ロイヤルパレスの位置です。

↑I went to the National Museum to touch upon Cambodian history. There are a lot of information to feel their world.

歴史を学ぶためにナショナル・ミュージアムに行ってきました。

 

↑It was a peaceful and beautiful courtyard. You can find similar structures on the roof with the Royal Palace.

穏やかで綺麗な中庭がありました。ロイヤル・パレスの屋根と似たようなデザインがここにもあります。

↑Location of National museum

ナショナルミュージアムの位置です。

↑Whole chicken with head. They ate a brain of chicken. I could not try it but I think that  I will do it next time if I have a chance. haha

チキンの丸焼きです。カンボジアでは頭付きが普通で、同僚は頭を剥いて脳も食べてました。食べろと言われましたが丁重にお断りしました。が、次は食べてみようと思います。

 

↑I’m afraid of that it short someday. Too many wires and some plants twists around it.

いつか漏電するんじゃないかと心配しています。電線の数も、植物が巻き付いているのも規格外ですが、カンボジアではスタンダードです。

↑We came to buy lunch together.

ランチをみんなで買いにきました。

↑Lunch time!! There is a rule that last person must eat all up. I’m always the last person.

ランチです。食べるのが一番遅い人が残ったものを全て食べるというルールがあり、毎回私が最後で、もはやいじめの域に達しそうです。笑

↑They put soup into plastic back.

店で買うスープ類は手提げ袋に入れられます。斬新です。

↑A lot of dishes.

この日は豪華でした。

↑Rambuttan.

ランブータンです。熱帯らしい、特徴的な見た目です。世界で初めてこれを食べようと思った人はすごいですね。

↑It’s like this.

中はこんな感じでライチみたいな食感です。

↑Longan.

ロンガンです。最初は芋かと思いました。笑

↑It’s like this.

中はこのような感じで8、9割を大きな種が占めていて食べる所はほとんどありませんでした。

↑It’ a cake with ants. I told my friend that there are some ants around cake. And then he said, “It is a evidence there is no chemical”. haha

ケーキです。アリがいるよと伝えたら「化学物質が無い証拠だよ」と笑顔で言われました。アリにそんな機能は付いていません。し、そもそもそこが論点ではないです。笑

↑Something, ummm I can’t remember the name. Anyway, it’s surprisingly hard to eat.

何か忘れましたがとても硬くて、ほぼ石でした。塩と唐辛子で味付けされていてとても美味しいです。日本に買って帰りたいと思うくらいはまっています。腎臓が疲弊しそうなので量は食べないようにしています。

↑Fried banana stick.

揚げバナナです。バナナチップとは違いバナナの食感も残っていてとてもおいしいです。

 

↑Grilled banana. It’s really tasty.

バナナの串焼きです。最初見た時は、みなさんと同じ感想を…おいしそうですね!絶品でした。

↑Grapefruit with spicy salt.

以前お伝えした通り基本的に果物に辛いものを付けます。赤いのが塩と唐辛子で作った万能塩です。絶対に店でもどこにでも出てきます。笑 それにしても本当によくいろんなものを同僚からいただいています。毎回興味津々で、写真を撮っては喜んで食べているのが面白いのかもしれません。笑 毎回彼らのおもてなしや気遣いの気持ちに、じーんときます。

↑I went to rural area. Can you see the white line between trees and ground? It is a babble caused by domestic wastewater. Can’t believe that there is that.

白いのは生活排水が泡立ったものです。衝撃的でした。水道水は飲みませんが、シャワー、歯磨き、食器洗いは水道水なので心配になります。。。

 

↑The distance between human and animal is too close veterinarily. They stood in front of the laundry.

動物との距離が近すぎます。洗濯物の目の前にいます。

 


↑We have a score system to check animal’s condition.

獣医学では動物の体格を見るのにBody Condition Scoreというのがあり、つい考えてしまいます。Vは痩せていてUは肥えている、と言った感じです。牛の品評にも使います。

↑Cool.

斬新な乗り方です。

↑There is only one veterinary school in Cambodia and this is the school.

衝撃でしたがカンボジアには獣医学部が一つしかありません。JICAで知り合った方に副学長を紹介していただいたので、今度お会いする予定です。人との繋がりに感謝ですね。大学のことも含め抗生剤関係は次回のプロジェクト②でご紹介します。

 


↑Location of Royal university of agriculture

ロイヤルユニバーシティの場所です。

↑Water distribution.

田舎でも飲み水はこれです。

↑A lot of solid waste enhance the breeding of mosquito.

ゴミの山です。このような所でも蚊が発生します。

↑I came to one of the Killing Fields. It took around 1 hour from Phnom Penh by Tuk-tuk. They say that there are more than 300 killing fields throughout Cambodia. Here, I heard that about 20,000 people were murdered in horrible ways.

プノンペンからトゥクトゥクで1時間くらいの場所にあるキリング・フィールドに来ました。カンボジア中に300カ所以上のキリング・フィールドがあると言われていて、ここでは約2万人が惨殺されたそうです。

↑I heard the sad history through this headset. You can hear an hour description in your mother tongue to make it known all over the world. Not to repeat it again.

これで日本語の解説を聞きました。二度と同じ事が起こらないよう、世界に広く知ってもらうために様々な言語で聞けるようになっています。入場料込みで5ドルくらいなので、ここに来た際には、ぜひ日本語の解説を聞く事をお勧めします。

↑Here is a map of the Killing Field. I think that you can’t imagine that there are 129 graves with 20,000 dead people within 24 ha. Khmer rouges told victims that they could move to new place to live much better and 300 people had been brought by truck everyday from S21. I explain S21 later. Victims were handcuffed and blindfolded and were killed within that day.

24ヘクタールの広さに、129の墓地(投げ入れられただけ)があり、2万人の遺体が埋まっていたそうです。クメール・ルージュは「新しく住む場所に行くのだ」と言って、1日300人もの人をS21からトラックで運び、騒ぎにならないよう着いたその日のうちに一人ずつ殺したそうです。S21については後ほど説明します。犠牲者は手錠をかけられ、目隠しをされ運ばれました。

↑These are the costumes that Khmer rouges wore. I could imagine that people were frightened when they watched these black costumes.

これはクメールルージュが来ていた制服です。殺されて行った人々の目にはとてつもなく恐ろしく写っていたのだろうと思います。

 

↑Please read the writing in the picture. DDT is one of the was of killing but main use is to take away the smell coming from dead people. They threw dying or dead people into the hole and put bunch of DDT on the people.

DDT(殺虫剤の一種で人での発癌性、環境ホルモン作用があるとされている物質)も殺害する一つの方法だったそうですが、主な用途は死臭を消すために、死人または死にかけの人を穴に投げ入れた後、上から大量のDDTを振りかけるように使用したそうです。

 

↑You can see structures on the tree trunk such as the black shark-tooth like things. Khmer rouges killed the people by cutting their necks with it instead of guns to save money. Cambodian people would often use the black shark-tooth like things to cut chicken’s neck.

木の幹の黒い構造が見えると思いますが、クメール・ルージュは銃弾が高価だったためこれで人々の首を切って殺害したそうです。従来これは鶏の首を切るために使われていたみたいです。

 

↑This is one of graves in the Killing Fields. Now, keepers of the Killing Field sometimes find new dead body here in rainy season because the rain wash away soil.

これは墓地の一つで、今でも雨季の時期に雨が降ると新たな遺体が出てきたりするそうです。

 

↑The Killing Tree. They caught children’s legs and struck them on this tree to kill.

キリング・ツリーと言われる物で、赤ん坊や幼い子供達の足を掴み木に叩き付けて殺害していたそうです。

 

There are some remains from that period.

当時のまま残されているものも足元に多くありました。

 

↑The flower I found near graves. It seems brilliant and I could not imagine those sad stories through this one.

墓地の近くで見つけた花です。花だけ見ているとここで恐ろしい事があったと思えません。

 

Lizard.

トカゲがいました。

 

↑I heard some recorded stories from survivors with the headset while walking this path.

この道を歩きながら録音された生存者の話を聞きました。ここは敷地の一番端で、小道の右には有刺鉄線のフェンスがあり、小道の左側の池の向こうには先ご紹介した建物やお墓などが並んでいます。

 

↑When you stand on the path (previous pic), you can see this view on your right outside the Killing Field. It’s a beautiful scenery but my thought went to what people felt when they saw this at that time.

先ほどの道の右側には、敷地外にこんなに綺麗な景色が広がっています。当時、どんな思いでこの景色を見ていたのかと思い、なんとも言えない気持ちになりました。

 

↑The left side of the path (previous pic). Inside the Killing Field.

先ほどの道の左側、敷地内側にある池です。

 

↑These cavities are graves.

これらのくぼみは全て墓地です。

↑This is the building that I showed you at first. You can see a lot of skulls. When you go closer to them, you can find ways of killing by watching their shape of skulls.

これは最初にお見せした建物で、たくさんの頭蓋骨が祭られています。近くに行くと、頭蓋骨の傷のつき方でどのように亡くなったのかがわかるようになっています。

↑Location of the Killing field

キリング・フィールドの位置です。

↑This is Toul Sleng, so called S21, where victims were detained.

ここはS21と呼ばれる犠牲者を最初に拘留するためのトュールスレン収容所です。

↑This place used to be a high school before.

かつてはただの高校でした。

↑Victims were took off their cloths at first and were forced to state untrue crime to be taken in and engage in farming for 16 hours a day with a tiny glass of soup. Some victims had babies but they were forced to work, so they could not feed their babies. All victims were getting weakened and died. Others were brought to the Killing Field. I thought of many things through visiting these places and felt that I had to consider of this sad history to stay at Cambodia.

犠牲者は最初に衣服をはぎ取られ、嘘の供述を自白させられ、身に覚えの無い罪で拘留されました。たった一杯のスープだけ与えられ、一日16時間も労働させられたそうです。赤ん坊を連れていた犠牲者もいましたが、授乳も許されず全犠牲者が衰弱し、死ぬか、生き残ってもキリング・フィールドへ連れて行かれました。キリング・フィールドとS21に行きましたが、こんなひどいことがたった40年前に起きていたなんてとても信じがたかったです。文章を読んだり写真を見るだけでなく、こうして実際に足を運ぶとまた違った歴史との関わり方ができるんだなと思いました。

 


↑Location of S21

S21の位置です。

↑On the way to my apartment. A little boy holding his dad on moto. It’s dangerous.

帰り道です。前のバイクに小さな少年が乗っています。お父さんはヘルメットを被っていますが、子供ノーヘルです。子供をもっと心配するべきですよね。長い間トゥクトゥクに乗るときは、いろんな音楽を聴きながら景色をボーつと見て、考え事をしています。the chainsmokersのcloser、LGMonkeesのOne Piece、JAY’EDのU、RADWIMPSのセプテンバーさん、Unlimited toneのChange、Shawn MendesのHonest、尾崎豊のforget-me-notなどなどいろんな曲を聴いて、浸っています。笑

 

↑A pharmacy!

薬局です。ちゃんと機能しているかは疑わしいです。お客さんがフルフェイスのまま買い物しているのが気になります。

 

Japanese restaurant.

日本の居酒屋を発見しました。行く予定は、ございません。

 

Another Japanese restaurant named “Ninjya”.

別の店も見つけました。他にもたくさんありますが、この店も行くことは無いでしょう。。。

 

New type of transportation!

新しい乗り物を見つけました。ある意味人力車。

 

↑I wanted to take picture of things hanging from roof but I found two guys wearing pink masks staring at me. lol

屋根からぶら下がっている木製の何かを撮りたかったんですが、ピンクのマスクをした二人がこちらを見ています。

 

↑You can find a lot of car made in Japan. No, I can say that all of cars in Cambodia are made in Japan. haha

オフィスの前の道です。奥に見える、右側のオレンジと黄色のパラソルがランチを買うお店です。写真を撮っているすぐ右側にMCのオフィスがあります。車は本当に日本車ばかりです。日本かと思うくらい多いです。だからといって日本人が特別優遇される事はありません。

 

↑First noodle in Cambodia.

カンボジアで初めて麺を食しました。今回は小麦の麺でしたがカンボジアではポピュラーみたいです。

 

↑Do you know that there is the sad story coming with bricks relating to children? Without children’s working the brick factory, the family couldn’t survive. And children can’t go to school and get education. It is a negative spiral but children can’t go to school with financial problems even if they don’t work there. Brick reminds me of the story all the time.

カンボジアでは子供とレンガに関連した問題がよくニュースになります。家計を助けるために小学生のうちからレンガ製作に携わり、学校に行けず、教育を受けられないという問題です。負の連鎖で、子供がレンガで働かないと暮らして行く事すら困難な状況が農村地区ではよくあるそうです。レンガを見るたびにそのことを思い出します。また、実の親に性産業の業者に売られてしまう少女もいて歴史以外途上国で共通している様々な問題があります。

 

↑Shoe store!

靴屋さんです。普通でした。

↑There is a Japanese supermarket AEON.

観光地をネットで探していたらイオンがランクインしているのを見つけ行ってみました。

 


↑It is hard to park due to too many cars.

車が多すぎて駐車できないくらい賑わっています。

↑Eggs packed weirdly.

なんだか孵化でもしそうですね。

Quite different menus from original Japanese ones.

吉野家のメニューです。

 


↑Location of Aeon mall

イオンの位置です。

I ate frogs! It is like chicken.

カエルを食べました。日本でも食べた事あるので珍しくは無いですが、鶏肉とほぼ同じ食感、味です。

And, and I ate a spider. Some of my co-workers talked about it before, and they suggested me that I try it someday. I said, “Maybe. If I have a chance, yes I do”. But I didn’t think that one of them bring it to me in real. She gave it to me when I completely forgot it!! That became my breakfast. lol And one of them showed me a video on You tube that Angelina Jolie eats spiders with her kids. haha

But please note that these food cultures come from Pol Pot era. There was no food that we eat now.

クモです。クモを食べました。笑

以前同僚から「クモ食べた?カンボジアに来たなら食べなきゃ。笑」と言われて、まさか食べる事になるとは思わず「まだ食べてないけど、機会があればもちろん食べるよ。笑」とかわしたつもりでした。完全に忘れた頃に持ってきてくれました。笑 朝でした。私の朝食になりました。クモでした。

「カンボジアに居る間にここでしかできないことをたくさん体験したい。」という私の気持ちをいつもわかってくれていて、そんな心遣いがいつも嬉しいです。

このような独特のカンボジアの食文化もポルポト時代や長い戦争の影響でしています。食文化も国によって様々で、面白いです。ちなみにクモは、美味でした。You tubeでアンジェリーナ・ジョリーがおいしくクモを食べている動画を見せられました。

 

I hope that you understood what Cambodia is like and what I am doing here in Cambodia. I also learning a lot of things by posting my blog. It is really good chance to think about past, now and future. If I’m going to do anything, I’ll give it my very best anytime!!

Next time, I write about “Troubles I am facing PART2 “, “Project #2” and “Others (undecided)”.  I’ll be happy to get any advise from you to do better.

And Asuncion (from GSK House) and I are thinking to visit local GSK office next month. I would like to share it with you!!

Thank you for reading my blog!! Stay tuned!!! 😛

See you next time. Bye-bye

今回のブログはここまでです。前回、今回と合わせてカンボジアのことや私の業務についても少しずつ知ってもらえたのではないでしょうか。私自身、このブログを書きながらこれまでのこと、今経験していること、これからやりたいことなどを自分なりに考えるとても良い機会にもなっています。もちろん英語の勉強にもなっています。せっかくやるなら、どうせやるならそこから学べるだけ学びます!

 

次回は、「直面している問題part2」「プロジェクト②(抗生剤)」「その他(未定)」についてご紹介します!

また、GSK Houseから私と別のNGOに派遣されているアスーンと来月GSK Cambodiaに行く予定なので、現地のGSKについてもご紹介したいと思います!!

お楽しみに〜^^

 

お忙しい中ご覧いただきありがとうございました。