July 31

Tags

The place where magic happens

The first two weeks have quickly passed.   I’m getting used to the life in Ireland and getting better understanding on how the camp works here.  In this blog post, I’m going to tell you more about Barretstown.

Barretstown offers free, specially designed camps for children and their families living with a serious illness – supported by 24-hour on site medical and nursing care. We run the camps in spring (Feb – May), summer (Jun – Aug) and autumn (Sep – Nov), almost every week which means around 10 sessions for each season.  Spring and autumn camps are mainly the Family Camp, which offers the whole family to spend 3-4 days and experience various activities.  The summer camps are programmes for the children from various countries in Europe. They spend a bit longer than family camp, for 8-9 days being away from their parents, have some fun, meet and befriend other campers.

At the camp, the children take part in various activities such as archery, horse riding, canoeing, arts and crafts, games, climbing, etc. which they have been missed or had to give up as a result of their illness, in 100% supported environment. Through these activities, not only just to have fun but they gain confidence and self-esteem.  This is based on the model called ‘Therapeutic Recreation’.

We had the summer session 4 camp last week.  I shadowed some of the camp staff and observed how the camp is flowing. I felt so happy by looking at the campers with a smile on their faces.  There were laughs everywhere, full of energy all the time.  I couldn’t even believe they have a serious illness.   So impressed how big positive impact we are making to the campers and their families!

PULSEが始まってあっという間に2週間経ちました。
アイルランドでの生活にもすこしずつ慣れてきて、ここで一体何が行われているのかも徐々にわかってきました。
今回は私の派遣先、Barretstownについてすこし紹介したいと思います。

Barretstownは、小児がんなど重病をもつ子どもたちとその家族のために、24時間医療行為を行える体制を整え特別に配慮されたキャンプやアクティビティを無償で提供しています。
キャンプは春(2月~5月)、夏(6月~8月)、秋(9月~11月)の3シーズンにわたりほぼ毎週、それぞれの季節で10セッションほど開催されます。
春と秋は主に家族単位で3-4日滞在するファミリーキャンプです。
夏はヨーロッパのいろいろな国から子どもたちがやってきて、8-9日間家族と離れて子どもたちだけで過ごします。

キャンプ中、子どもたちは乗馬、カヌー、アーチェリー、創作、ゲーム、クライミング・・・など のさまざまなアクティビティを、スタッフのサポートを受けながら行います。
多くはこれまで病気のため経験する機会がなかったり、あきらめてきたようなことです。
ちょっと難しいかも・・・というようなことにチャレンジした経験や最後までやり遂げた経験が、自信や自己肯定感につながる。
これはTherapeutic Recreationというコンセプトにもとづいて行われているそうです。

先週、サマーキャンプの4セッション目(10代向けのキャンプ)が行われました。
私はキャンプの流れを理解するためにスタッフと一緒に行動し、いくつかのアクティビティを見学しました。
どの子どもたちも笑顔で楽しんでいたのが印象的でした。そこらじゅうで笑いがおき、みんな元気いっぱいなのです。
ここにいる子どもたちがみんな病気と闘っているとは信じられないくらいでした。
このキャンプがいかに子どもたちとその家族に良い影響を与えているのか、直に感じることができました。

Here are some pics of the camp site.

DSC_0340

Castle – the centrepiece of the Barretstown built in 12th century!

DSC_0338

Theatre

 

DSC_0342

Lake – campers enjoy canoeing here

DSC_0422

Cottages – campers accommodation

 

 

 

Another magical moment I had last week – 27 July was my birthday, and at the end of the staff meeting they came to me with a wonderful birthday cake!  Thank you Barretstown!

先週あったもうひとつの嬉しい出来事。
実は27日は私の誕生日だったのですが、チームミーティングの後、みんながケーキでお祝いしてくれました。
こんな大きなケーキが用意されてるとは思わなかったので、びっくり!ありがとうございます。