July 30

Tags

Let’s activate!!

↑From  the plane going to Phnom Penh. Narita→Seoul→Phnom Penh

プノンペンに向かう飛行機からです。いよいよPULSEが始まるんだなと実感し始めました。
↑First day, first blue sky.

初日の青空です。

 

 

Hello, all.
2 weeks has passed since I came to Phnom Penh, so it is good time to update my second blog!!
But first,
I would like to say thank you all for your celebrating and encouraging e-mails regarding to my PULSE journey and first blog. I got really warm feelings.
Though it is easy to say “thank you” to others relating with me, I realized that to show my growth and success is the most impactful way to give back to you, in a way.
I strongly hope that mutual help is the only way to improve the world and I am proving that we can learn from anyone, any situation and anytime, through my life.
I’ll go the extra mile to enjoy this chance!

 

And let me update on how things are going.
Totally, I am fine!!
I sometimes fell kind of a bit bad stomach, but it is going to be good.
I stay at Phnom Penh during PULSE assignment, mainly.
There is a 2 hour time difference between Cambodia and Japan (7 a.m. in Cambodia equals 9 a.m. in Japan). Cambodia is a tropical country-it’s located just a smidge above the equator-with a current temperature range of 30 to 35℃ (95°F) and high humidity (more than 70%). Now, it is monsoon season in Cambodia, so we frequently have torrential rain. I think that it is better than I expected.
Roads are surfaced with asphalt, but some people wear masks because of terrible dust. Cambodia does not seem to be dangerous country to live in. However, 2 guys riding on the motorcycle nearly stole my phone at night the day after I arrived here. Luckily they could not do but I have to pay attention to others all the time. Dengue fever virus and Malaria has been excluded from Phnom Penh. I think that I have no opportunity to get those infectious diseases here.
And I have really good relationship with People at Malaria Consortium. But I take some pains in getting used to Cambodian “style”.
Anyway, everything is inspiring and going to be alright!!

 

I wrote “I will write about my assignment next time.” at previous blog, so I am writing about “Everyday Life”, “My Assignment” and “Others”.
From “TODAY”, I am posting a lot of photos in Phnom Penh.
Let’s check out and enjoy them. Stay tuned!!

 

Let’s get down to the work.
※MC:Malaria Consortium
<Everyday Life>
I spent first 10 days at hotel and I moved to my apartment almost 1 week ago. I had to leave the hotel the day before a move to my apartment because of my misunderstanding. Fortunately, I was glad it worked out somehow! Haha
Job at MC has weekends off, and you can come and leave whenever you want, provided that you work 8 hours a day. I use Tuk-tuk that is one of the most famous transportations in the South East Asia. It took about 15 minutes from the hotel to MC office. I went the office at 8:30 and left there at 17:30 at my first day. I started to work at 7:00 because I wanted to have as much time as possible with other staffs. If a project has once begun, I would start to work at 4:00. The MC office is a two-story house and I work at first floor. There are three desks for Joana (my boss, lady from Portugal, Medical Doctor, Malaria team), Dyna (guy from Cambodia) and me. Joana is in Portugal now, so Dyna and I work together everyday.
By the way, there are 15 employees at MC Cambodia office. 8 people are from Cambodia, 2 are from Portugal, 1 is from Sri Lanka, 1 is from UK, 1 is from Australia, 1 is from France and 1 is from Italy.
I usually use the PC from MC from 7:00 to 12:00, and we have lunch. I sometimes go to some restaurant but I often join the “Cambodian Lunch” at the office. It is a kind of Potluck. I continue to work with the PC until when I go home. It is a preparation period and something like that. I have some difficulty in getting accustomed to staying at the office whole day since I go for business trips throughout Japan as MSL everyday.

 

<My Assignment>
First of all, I tell you about the entire structure of my assignment.
WHO sets their ultimate goals about many diseases in the world, and governments, NPO/NGO and pharmaceutical companies lay out short or medium goals (from a few months to a couple of years) and they support mutually. Most of the infections become problems in developing countries. So, the governments and others get funds from such as Bill & Melinda Gates Foundation, Clinton Foundation and Global Fund. As one of the examples at MC got fund from Global Fund, staffs at MC applied for Global Fund with Protocol and Global Fund accepted. They could get fund and implement the protocol, evaluate the results and report it.
Dengue fever virus and Malaria are mosquito-borne viral infections. It is one of the most effective ways to control its vector that means mosquitoes. Of course, early detection and treatment is one of the most important factors to decrease death rates and to understand its distribution to decide where we should implement the study.
That is, I am joining one of the short or medium projects.
My field is about Dengue fever virus, Malaria and Antimicrobial Resistance. When I heard about PULSE assignment, I was supposed to support Dengue and Malaria. At first MC meeting, I was asked to join the new coming project because I am D.V.M.
It depends on the progress of the project, but I am going to do the things below.
I am assigned as a communication, medical and veterinary medical specialist
# To identify and contact the key stakeholders from such as government and universities and to build a base of information network
# To lead the project and accomplish our goals
# To propose good ideas as a communication, medical and veterinary medical specialist and to improve the quality and speed to attain it
# To contribute to getting funds by collecting good papers and information
# To create materials (posters, brochures, Flipcharts and videos) for schools and villages and to inform them of knowledge about Dengue and Malaria
# To deliver presentations for schools and villages about Dengue and Malaria and to revise the curriculums
# To summary our activity, to offer them and to make a impact to the world
# To strengthen our teamwork and increase quantity and quality of our actions

 

I spent current 2 weeks reading past protocols and reports and I tried to understand progress and future outcomes of MC activities.
About Dengue, I made some SOPs and schedules for a project coming next month in addition to above.
About Antimicrobial Resistance, I am challenging to identify and contact the key stakeholders from such as government and universities and to build a base of information network, to collect information from outside Cambodia and to simulate the model in addition to reading application papers for funds.
About Malaria, I just read some documents relating to Malaria and wait because Joana is not in Cambodia.
And also,
I researched about the global situations about 3 themes and broke down to the South East Asia, and then Cambodia to understand deeply.
For examples, WHO says that one recent estimate indicates 390 million Dengue infections per year. It happened at Africa, South East Asia and Latin Americas, mainly due to popularity density. As a matter of fact, it includes North Americas and the Eastern Mediterranean. In the South East Asia, the Greater Mekong Subregion is a most important area to control Dengue and neighboring countries support each other. The cornerstone is to control these local areas that locates where they cannot decrease the number of mosquitoes because of forests and rivers. Of course, it relates with low educational and economical level and religions. Some people believe that Dengue Fever is caused by spiritual problems.
I am thinking what I can do with my job during the current 2 weeks. I will have another meeting about the detail of my assignment at MC next week and it means that it is beginning my “real” PULSE journey to make changes.
So I’m getting hyped up!!

 

<Others>
I am studying about Cambodia because to know Cambodia is a first step to maximize Cambodian people’s merit.
Let me share a brief of Cambodia basic information!
※For reference only.
The Kingdom of Cambodia
Land area:181,000  square kirometers (Japan:378,000 square kirometers)
Population:15,000,000 (Japan:126,000,000)
Capital:Phnom Penh
Race:Khmer (more than 90%)
Language:Khmer
Religion:Buddhism (90%)
Average longevity:68.7yo (Japan:83.7 yo)
Nominal GDP:6,870,000,000 USD (Japan:4,000,000,000,000 USD)
GDP/capita:1,140 USD (Japan:30,000 USD)
Currency:Riel(1 USD=4,000 Riel)
Japanese expatriates/Cambodians in Japan:2,270 (Japanese expatriates) (6,111 (Cambodians in Japan))

 

こんにちは。
カンボジアに来て約2週間が経ちましたので、2回目の報告をさせていただきます。
その前に、
前回の報告に対してMR時代の先輩方も含め、本当にたくさんの先輩方から激励のメールをいただき、とても暖かい気持ちになりましたし、より一層気が引きしまりました。

本当にありがとうございます!!
感謝や尊敬の意を言葉で伝える事は簡単ですが、様々な事を教えて頂いた身として、成長して活躍する事が一番の恩返しなんだなと、改めて感じました。年齢や立場に関係なく、誰もが教える側でもあり、教わる側でもあることを忘れずに、頑張りたいと思います!

 

それでは現状報告に戻ります。
一先ず、元気にしています!
体調は、ややお腹を壊し気味ではありますが、ほぼ万全です。
PULSE期間中の私の拠点はカンボジアの首都プノンペンです。
時差は2時間(日本時間の朝9:00→プノンペンは朝7:00)、気温は大体30℃〜35℃程度、湿度は70%以上、雨期なので短時間ですが毎日弱めのスコールが降ったりしていますが、思ったより過ごしやすい気候です。日本の方が蒸し暑くて、雨も強いかな、とさえ思います。
道路は一応舗装されていますが、土埃がひどく、マスクをしている人をよく見かけます。軽犯罪(スリ、盗難、置き引きなど)はたまに聞くものの、治安はそれほど悪くはなさそうです。が、到着翌日の夜、待ち合わせ場所で通りすがりのバイクに乗った2人組に携帯を掴まれるというハプニングがありました。油断は禁物ですね。
マラリアやデング熱はプノンペンからはほぼ撲滅されているので、生活の中心地では上記2つの感染症への感染リスクは低そうです。とはいえこちらで何回も蚊に刺されているので少し不安です。
Malaria Consortiumの人とはすっかり打ち解けていますが、慣れない異国の地での生活に四苦八苦しています。
何はともあれ、見るもの、聞くもの何もかもが新鮮で、毎日がとても刺激的です!

 

前回、「次回は業務内容についてご紹介します!」とお伝えしていましたので今回は「毎日の様子」「業務内容」「その他」をご紹介します。
また、後ろの方に写真をたくさん載せていくので、休憩時間にでもゆっくり見てください^^

 

それではさっそく、毎日の様子から。
※MC:Malaria Consortium
<毎日の様子>
カンボジアに到着して10日間くらいはホテルで過ごし、1週間くらい前にアパートに引っ越しました。私の勘違いで引っ越す前日にホテルを出る事になってしまい、大変な思いをしました。笑
MCでの勤務体制は土日休み、平日は昼食時間を除き8時間働くことを守れば後は自由です。移動手段は東南アジアを代表するトゥクトゥクで、ホテルから15分くらいでオフィスに着きます。初日は現地時間の8時半から17時半まで働きましたが、17時くらいになると帰ってしまうスタッフもいるので、現在は朝7時から働き始め、なるべく被る時間が増えるように工夫しています。プロジェクトが始まると農村地区に出張する事になるので全て不規則な生活になり、朝4時から働くこともよくあるみたいです。
オフィスは2階建てで、私は1階の3人部屋で毎日業務をしています。PULSEの選考で私とテレカンをしたJoana(私の上司、ポルトガル出身の女性医師、マラリア担当)と、Dyna(カンボジア出身の男性、デング熱担当)が同部屋ですが、Joanaは先月からしばらくポルトガルにいて不在です。ちなみにMCカンボジアオフィス全体では、従業員は15人で、クメール8人、ポルトガル2人、スリランカ1人、イギリス1人、オーストラリア1人、フランス1人、イタリア1人、と国際色豊かです。7時から12時までMCから支給されたPCでひたすら英語の資料を読み、英語の資料を作成しています。昼は近くのレストランに行くこともありますが、基本的にはカンボジアスタイルの「持ち寄り」ポトラックの様なオフィスでのランチに入れてもらっています。午後も会議がなければ帰宅までずっとPCで作業をして、帰宅。今は準備/順応期間なのでこんな毎日です。MR時代も、今(MSL)も毎日外勤でオフィスにいることはほぼないので、終日英語での内勤に慣れるのに大変苦労しています。
※PULSE期間中はGSKの業務を行う事を基本的に禁止されていますのでGSKに関係する業務は行っていません。

 

<業務内容>
はじめに全体像をご説明したのちに、業務内容をご紹介します。
世界では、WHOを中心に様々な疾患に対しての長期目標(感染症では撲滅)が掲げられており、各国の政府、NPO/NGO、製薬メーカーが短期〜中長期目標(数ヶ月〜数年の調査、対策)を複数掲げ、協力して取り組んでいます。多くの感染症が経済的に恵まれない途上国で問題となっているため、財源としてビル&メリンダ・ゲイツ財団、クリントン財団、グローバル・ファンドなどが出資しています。基本的には、実施計画書(コストも含む)をファンドに申請し、承認(資金提供)が降りれば実施、評価、報告にいたります。デング熱・マラリアともに蚊が媒介する感染症ですので、戦略はベクターコントロールが中心です。ベクターとは「媒介するもの」を意味し、この場合は蚊を指します。早期診断・早期治療も死亡率を下げる、あるいは感染者数の把握、それによる計画実施地域の決定などに重要な因子としてあげられています。

私はMC(NPO)が掲げる短期〜中期のプロジェクトの一部に従事するという事です。
私の業務に関連するテーマは①マラリア、②デング熱、③抗生剤の耐性(One Healthの観点から)の3つです。当初、マラリアとデング熱2つのプロジェクトの予定でしたが、初日の面談で、「獣医師だよね、抗生剤のプロジェクトが立ち上がるからやってみないか?」と言われ、新たに立ち上がるプロジェクトにも挑戦する事にしました。
プロジェクトの行程にもよりますが、基本的には以下のような活動をする予定です。
※コミュニケーションを含む、医学・獣医学の専門家としての配置です。
・政府、大学など公的機関にコンタクトをとりステークホルダーを特定し、情報網の基板を構築する
・プロジェクトの実施をリードし、目標を達成する
・医学・獣医学知識に基づいた提案をし、計画の質とスピードを向上させる
・文献検索(計画の重要性を裏付る情報集め)により助成金獲得に貢献する
・資材(小学校や農村向けにポスター、パンフレット、ビデオetc)を作成し、住民の知識・理解度を向上させる
・農村地区で専門知識のレクチャーを行い、学校のカリキュラムを改訂・改善する
・活動結果をまとめ、世界に発信し、関連組織・国に影響を与える
・チームワークを強化し、活動の質と量を増加させる
などです。
この2週間は主に過去のプロジェクトの申請資料・活動報告をみて、計画全体の進捗や今後の展望を理解することに時間を割いていました。
加えて、

 

疾患毎の世界の現状を調べて、そこから東南アジア全体、カンボジアと全体を理解しながらカンボジアの状況把握に努めています。
例えば、
WHOの報告では、デング熱の推定感染者数は3.9億人/年とされています。問題となるのは主にアフリカ、東南アジア、 中南米です。実際には地中海周辺やインド洋沿岸諸国、北米なども含まれますが、特に問題とされるのは人口密度が高く、感染者数が多いとされる東南アジア、 中南米です。東南アジアではメコン川流域諸国(the Greater Mekong Subregion)で特に感染者数が多く、国だけではなく地域としてデング熱撲滅に力を入れています。この地域、あるいはメコン川流域諸国での現在の主な課題は、農村地区で感染者数を如何に減らせるか、です。理由は、森や川が多く蚊を減らす事が困難であること、また教育水準、経済水準や宗教的な理由から、疾患への理解が低い事が考えられます。サーベイランス等の結果では、「マラリアは精神的なもの、悪霊が取り付いたため発症した。」といった解答もありました。
実際にはもっと細かなところまで学んでいるので、全体の流れを理解した上で、自分に何が出来るかを必死に考えているところです。今週の面談で「できること、挑戦したい事」を改めて主張し、いよいよ変化を起こすPULSEの目的に向かって本格始動します!

 

<その他>
カンボジアで自分の能力を最大限に発揮するため、この国の歴史、文化なども休みの時間に勉強しています。相手のメリットを最大化するにはまず相手の事を知らなければ始まらないですよね。
せっかくなのでみなさんにもカンボジアをもっと身近に感じてもらえるよう、少しずつ基礎情報を紹介していきます!!
※あくまで統計上の参考値です。
カンボジア王国
面積: 18.1万平方キロメートル (日本:37.8万平方キロメートル)
人口 :約1,500万人 (日本:約1億2,600万人)
首都 :プノンペン
民族 :約90%がクメール人
言語 :クメール語(カンボジア語)
宗教 :約90%が仏教
平均寿命: 68.7歳 (日本:83.7歳)
名目GDP :68.7億米ドル (日本:約4兆米ドル)
一人当たりのGDP: 約1,140 米ドル (日本:約3万米ドル)
通貨 :リエル(約1米ドル=4,000リエル)
在留邦人・在日カンボジア人: 約2,270人(在留邦人) (日本:約6,111人(在日カンボジア人))

↑The red area is Cambodia.

赤い所がカンボジアです。

↑National Flag of Cambodia. The shape of the building is Angkor Wat that is one of the world heritage.

カンボジアの国旗です。国旗の中の建物はかの有名なアンコールワットです。私は昨年のゴールデンウィークに訪れました。

↑The blue line on this picture is the Mekong.

青いのがメコン川で、インドシナ半島をこのように流れています。
↑You can see the Mekong.

実物のメコン川です。町から見えちゃいました。茶色ですね。
↑This is the hotel I stayed for 10 days.

10日泊まったホテルです。9泊しか予約してなくて焦りました。笑  毎朝朝食のときにウェイターさんにクメール語で話しかけて勉強してました。
↑This is my room I stayed for 10 days.

部屋の写真です。写真には写っていませんが、ヤモリがいたるところにいます。
↑First meal and first breakfast in Cambodia. Fried noodle? or something.haha really good.

カンボジアに来て初めてのご飯、朝食です。名前はわかりませんが、おいしかったです。味はご想像にお任せします。
↑The view from Tuk-Tuk on the way to MC Cambodia Office in the morning.

朝の出勤風景です。土ぼこりがすごいのでこの日を境にコンタクトをやめました。広々としているので東京で毎朝満員電車に乗っていたことを忘れられます。
↑Three girls on one motorcycle!!

運転手はマスクして、3人乗り、しかもノーヘル。日本だったら暴走族で、連行ですね。シュールです。
↑This is my working space. Joana (left), Dyna (right) and me (center)

私の業務をする部屋です。手前が私の机、左奥がJoana、右奥がDyna。写真には写っていませんが、窓の上にエアコンが備えてあり、直に毎日風を受けています。これも試練です。。。
↑Lunch time!! They are not smiling so much, but usually we come here for lunch with 3 to 6 people. And always loud.haha They try to make me laugh all the time. I can reflesh when I feel tired a little.

カンボジアスタイルのランチ。おとなしそうに見えますが、毎日3~6人でかなり賑やかです。笑  持ってきたおかずを「ちょうだい」とかもなくシェアする様な家族感があります。疲れていたり、業務がわからなくて不安でもいつも笑わせてくれて元気になります。もう少し落ち着いたら日本料理を振舞う予定です。

↑Prahok made out of fermented fish. Sour and a bit hot.

プラホックというカンボジアの伝統料理で、魚を発酵させたものです。かなりにおいが独特ですが、やみつきになります。ご飯に乗せたり、野菜に付けたりします。程よく塩辛いです。
↑Fish! I know what you want to say, but umm it is good.

魚です。おっしゃりたいことはわかります。みなさんの声が聞こえてきます。味はご想像にお任せしますが、おいしかったです。ちなみに奥にあるのはチキンです。
↑Tomato?

不思議な野菜。食べたかどうか、記憶に無いです。手に持っているということは食べたんでしょうか。。。
↑Seed of something. When you put it into the water…

何かの種です。これを水に入れると、、、
↑It became a Cambodian sweet.

とんでもないものができあがります。水分は普通に水として飲み、ゼリーに砂糖をまぶして食べるデザートだそうです。味は。。。ほとんどないですね。
↑Cambodian people eat fruits with spicy source. I was surprised that it is a fruit but not sweet and that they eat it with chili.

デザートといいますか、おやつのフルーツです。フルーツなのに甘み ゼロ、フルーツなのにチリソースで食べるという、とても衝撃的な体験でした。確か名前はクメール語でマッカァです。今は好んでよく食べます。ちょっと酸味と渋さがありますが、食べたこと無い味でした。
↑These black spots are eggs of mosquitoes. These eggs can survive 1 month under dry condition. So, if people trash solid waste on the street and it rains, mosquitoes lay eggs on the water. If it dried out, eggs are still alive. It is one of the important reason that there are a lot of mosquitoes in developing countries. To control solid waste is one of the cornerstone for managing mosquito-born disease.

黒い点は蚊の卵です。この卵は乾燥状態でも1ヶ月以上も生き延びるようです。道路上によくココナッツの皮や、飲み物の容器などの廃棄物が捨てられていますが、雨が降り水がたまると蚊がそこに産卵し乾燥しても次の雨まで生き延びます。廃棄物の処理が蚊のコントロールにとても重要なのは意外でした。
↑Stungun racket to kill mosquitoes. When you keep pushing a button and attack mosquito, the mosquito will explode with really loud sound.

ボタンを押して蚊に向けてスイングすると蚊が爆発して殺せる画期的なアイテムです。なかなか大きな音がするので強めの電力だと思われます。蚊を見つけると振り回しています。
↑Microscope to identify mosquito’s species.

病理診断以来の顕微鏡。病理診断に使うものとは比べもにならないですが、蚊の種類の同定に使います。
↑Aedes. mosquito. This type vectors Dengue fever virus. You can see white line on its head. We identify the species with this line. And also you can see its probosics that mosquito uses when they suck human’s blood.

さっそくラケットでしとめました。Aedesという種類の蚊でデング熱を媒介します。こんなのがオフィスの中も普通に飛んでいるので不安です。ちなみにマラリアを媒介するのはAnopheles属の蚊で夕暮れから夜明けにかけてメスだけが吸血します。写真のデング熱を媒介するAedes属は日中のみメスだけが吸血します。頭にある白い模様で判定します。蚊は全種類オスには吸血能力がなく、理由は血を吸うためのストロー上の構造が毛羽立っていて刺せないらしいです。大学ぶりに、蚊の分類、解剖学、形態上の鑑別を勉強していて楽しいです。獣医学部は獣という字を使いますが、病気を媒介する蚊やダニ、蜂などの虫、魚なども勉強するので懐かしいです。
↑You can see the different lines between these. from the internet.

全然模様が違いますよね。写真では一目瞭然ですが良い顕微鏡ではないので鑑別には一苦労しています。ネットで拾った写真です。また近々蚊の種類などもご紹介します。
↑Pots! There are guppy fish inside the water to kill lava. It is most ecological and cost-efective way to keep non-mosquito environment.

水がめには必ずグッピーを入れます。蚊の幼虫を駆除するためです。もっとも簡便で、環境にやさしく、費用対効果が高いベクターコントロールの一環です。とても重要で私のプロジェクトでも使用します。
↑Asuncion from GSK house!

GSKハウスからクリントン・ファンデーションに派遣されているアス-ンと初対面です。スペイン出身です!
↑Home party!!

アスーンの家でアスーンの同僚とスペイン料理を作りました!
↑They are making mojito.

モヒートを作ってくれています。
↑Once it starts to rain,,,

雨だと思ったら、
↑A river appered. I was worrying about hygiene.

すぐに川になります。衛生面が心配です。
↑A real estate guy.

アスーンに紹介してもらった不動産屋さんです。ポーランド人のJanです。
↑My appartment!

家が決まりました。引っ越して2、3日は少し心細かったです。


↑Gecko!! They eat mosquitoes, spiders and other insects.

ヤモリです。私の家では初めて見ましたが、ビルの屋上とかでもよく見かけます。蚊やその他の虫を食べてくれるので、ルンバみたいな存在です。が、さすがに追い出しました。

↑A cafe is at first floor of my appartment.

1階にはカフェがあります。
↑Inside of the cafe. I come here often to eat lunch and study.

カフェの中の写真です。休みの日によくランチを食べに来たりしていて、クメール語、疾患などの勉強をここでしたりしています。情報が多すぎて残念ながら何も身についていません。料理はランチだと3.5-5ドルくらいです。

 

 

↑CJCC (Cambodia-Japan Cooperation Center) I came here to join “Business plan competition”.

日本でもいろんなところに顔を出していますが、ビジネスプランコンペに参加するために来ました。ガッツがある人達に刺激をもらいましたし、いろんなつながりができて情報交換もたくさんさせてもらいました。

Inside CJCC

コンペの様子です。最前列は投資家が並んでいます。

I came here to make friends. WHO and JICA (Japan International Cooperation Agency). I do whatever I can do to achieve my goal!!haha I can help them and they can help me. I am really excited for my possibility and other’s.

日本にいるときからいろんな方を紹介していただいていたので、アポをいただいて遊びに行ってきました。WHOとJICAです。JICAの方とは母子関係の政策と、結核制御について情報交換をさせていただきました。ビジネスプランのコンペもそうですが、業界で区切るのではなく、広い視野を持ち活動するように心がけています。いろんな人に自分の意見を話すことで、否定されたりすることもありますが、否定されて相手を納得させられない時は、自分の考えや準備が甘い時なので、より良い結果を出すために「否定されること」は一番大事だと思っています。ここでは否定されませんでしたが。笑 発信しなければ何も返ってきません。

↑A very traditional khmer restaurant.

とても伝統的なクメール料理のお店です。久々に勉強しないですごしました。

 

↑Khmer dish. A bit spicy but so good.

サムロー・コァコーという

、ピリ辛でとてもおいしいクメール料理です。出てくるのが遅くてジュースが分離しています。笑

↑Snails! They eat snails.

カタツムリです。友達が遊びに来たときに食べさせてみようと思います。私はまだ食べていません。笑

↑Mangosteen. One of my favorite.

マンゴスチン。剥いたら何故かありが3匹入っていました。先約ですね。

↑You can see very Undeveloped areas on your right.

右のほうには未開発地帯が広がっています。何か考えさせられます。

↑Cut fruits.

カットフルーツがたくさん売られています。が、衛生的にどうなのかなと思い買えていません。そろそろ買ってみようと思います。

↑Tuk-Tuk rainy version.

トゥクトゥク雨使用です!ちょっとかっこいいですね。

↑Strange cut.

なぜこんな切り方をするのかわかりませんが、フルーツは大体この切り方です。

↑Cityscape

町並み。

↑I was always worrying about those concrete blocks above.

いつも「落ちてくるんじゃないか」と不安でした。

↑Salad Noodle

おいしいなーと思ったら冷やし中華でした。

↑Russian market. but it has nothing to do with Russia.

有名なロシアンマーケットが家の近くにあります。ロシアとは何の関係もありません。

↑Souvenir shop in the russian market.

ロシアンマーケット内のお土産やさんです。

↑Fruits and flowers shop. Look, those bananas

果物屋兼花屋さんです。

↑Sushi is packaged.

寿司がパッケージングされています。それも一つ一つ。丁寧ですね。

↑Souvenirs from Japan

ありきたりですが、センスをたくさん買ってきました。何をあげるかではなく、どう渡すかで反応は変わります!笑

↑They seemed really happy.

全員喜んでくれました。毎日とても楽しく過ごしています。

↑I often came here to buy my lunch for Cambodian lunch.

今までの自分だったら絶対に買わないタイプの露天のお店で毎日ランチを買っています。1.5ドルで、ご飯とおかずが少しつきます。栄養は確実に不十分なんじゃないかと思われます。

↑street fruts shop

その場でジュースを作ってくれます!未経験です。